印鑑購入時のポイント~実印・銀行印・認印など用途別に紹介~
印鑑はどこで購入すればいいの?
どうやって選べばいいの?


印鑑はどこで買えばいいの?
実印・銀行印・認印など、印鑑は種類と用途がたくさんあり、様々なシーンで用いられますが、どこで購入するとお得なのかわかりにくいですよね。

ネット?はんこ屋?文房具屋?100円ショップ?

このように、印鑑を購入する方法がたくさんあるため、どこで買うと安いのか、そもそも何を買えば良いのかわからない方も多いことでしょう。

できれば良いものを安く購入したいものです。

このページでは、これからはんこを買おうと考えている方のために、「印鑑を購入する際に気をつけるべきポイント」「おすすめの購入方法」を紹介しています。

知らないだけで半額近く損をしてしまう可能性がある印鑑

実印と銀行印が必要なんだけど文房具屋で買えばいいの?
印鑑ってどこで買うのが一番安いんだろう...?

と、お悩みの方に必見の情報を紹介しています!




印鑑はどんな場所で買えるの?

まず、印鑑はどんな場所で購入できるのかを見ていきましょう。

日本人にとっては身近なアイテムですので、いたるところで販売されています。印鑑は販売されている場所によって、素材や種類が違うので、用途に合わせてどこで買うべきかが重要になります。

100円ショップ

100円ショップ 印鑑は100円で購入することができます。

回転式の棚にズラーっと並べられているあれです。意識していないと気づかないことが多いと思います...

100円ショプで売られているような、安く大量生産されている印鑑は「三文判」と呼ばれます。

「三文」とは、江戸時代に使われていた貨幣の「一文銭」が由来。一文銭3枚程度で簡単に購入できるという意味から、安価で買うことのできる印鑑のことを総じて言います。

100円印鑑は、大量生産品ということで、同じ印面のものばかりで、実印や銀行印といった用途のはんことして用いるのには向いていません。

なぜなら、偽造されるリスクが高いからです。

また、印材に「白ラクト」と呼ばれる合成樹脂の素材が使われており、耐久性が低いのがデメリット。

使うとしたら認印ですが、消耗が激しいため、すぐに欠けてしまう可能性があります。いざという時、使えなくなるリスクがあるので、あまりおすすめしません。

文房具屋

文房具屋 「印鑑を売っている場所」で思いつくのが文房具屋ですよね。よく店前に、回転式の棚にずらっと名前順に並べられています。

ここに並べてあるはんこは、苗字だけが彫られたものばかり。名前も多く存在するものがほとんどで、珍しい苗字の方の印鑑は売っていません。

文房具屋で売られている印鑑は、同じ書体で一律に機械で彫られているものがほとんど。ここで購入したはんこは、全国で全く同じものを使っている人が多く存在していると考えてください。


100円印鑑と同じで、個人証明用の印鑑に用いるのは危険です。


認印など個人証明には用いない印鑑に使うのであれば良いでしょう。緊急ではんこが必要になった際に、すぐ購入できるといった面でも文房具屋は便利です。

100円印鑑よりも、しっかりとした素材で販売されていますが、安物の印鑑であることには変わりありません。

価格帯は300円~1,000円となります。

はんこ屋

はんこ屋 はんこのことなら、はんこ屋さんに任せるのが一番。

普段意識していないと気づかないかもしれませんが、商店街や駅近くの市街などに多くの場所に点在しています。

はんこ屋で印鑑を購入するメリットは、印鑑のプロに直接相談しながらはんこを作成することができる点。特に、実印や銀行印など、重要な印鑑を購入する際にはとても心強い味方となります。

また、珍しい苗字の方ですと、文房具屋などには自分の名前のはんこが売っていないので、必然的にはんこ屋を利用することになります。

フルネームで作りたいという方も、印鑑専門店に依頼するのがおすすめです。

ただし、はんこ屋さんの中には、なるべく高い印鑑を買わせようと誘導してくることがあるという話も聞きます。実印や銀行印を買う際には、あらかじめ情報を調べ、ある程度欲しい印鑑を決めて価格帯を把握しておくと良いでしょう。

また、はんこ屋さんで印鑑を注文した場合、受け取るまでに数日かかってしまいます。すぐに必要な方ですと、間に合わない可能性があるので注意しましょう。

インターネット

インターネットで印鑑を購入

印鑑を購入できる場所として、インターネットの通販ショップがあります。実印や銀行印のはんこを購入することができ、ケースや捺印マットなどの関連グッズなどもまとめて買うことができます。


実印をネットで購入するのはちょっと不安...


という方も、なかにはいらっしゃるでしょう。

しかし、心配ご無用。通販サイトで購入できる印鑑は一つ一つ違う字体で彫られており、はんこ屋で購入するはんこと同じくらい安全です。


実物を見てみないと選べないよ...


確かに、印鑑に限らず、通販ショップのデメリットとして実物を見られない点がありますが、こちらもそこまで心配いりません。

というのも、大手の印鑑通販ショップであれば、様々な角度から撮った高画質の写真を掲載しており、最大手ハンコヤドットコムは素材ごとに動画で紹介しているほど。

印影プレビュー また、ほとんどの通販ショップで、「印影プレビュー」というサービスで、印面の字体の仕上がり予想を見ることができるので、実際に仕上がった印鑑の具体的なイメージを掴むことができます。フルネームでの注文も、もちろん可能。

印材の種類も豊富で、サイズも印鑑の用途に合わせておすすめの大きさのものを選ぶことができるので、ほしい印鑑が必ず見つかります。

追加料金で即日発送をおこなってくれる店舗も多くありますので、急ぎの方でも安心です。

実印・銀行印・認印・法人印など、あらゆる用途の印鑑がそろっているので、はんこを購入する際には、ネット通販が一番おすすめです。


損をしたくない!ネット通販サイトと実店舗どちらがおすすめ?

実印や銀行印を購入する際には、偽造のリスクの観点から「はんこ屋」と「通販ショップ」の2択に限定されることになりますが、いったいどちらで買うべきなのでしょうか?

それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。まずは多くの方が気になるであろう価格から。ネット通販と店頭販売の両方をおこなっている会社を調べ値段についてまとめてみました。

(※以下、15.0mm印鑑の価格)

【ハンコヤドットコム】
素材 店舗価格 ネット価格
黒水牛 9,450円 5,400円
薩摩本柘 7,350円 4,200円
彩樺 8,930円 5,100円
黒檀 7,350円 4,200円
琥珀 26,780円 15,300円
オランダ水牛 10,680円 6,100円


【はんこdeハンコ】
素材 店舗価格 ネット価格
黒水牛 8,840円 4,380円
薩摩本柘 8,190円 2,980円
彩樺 9,280円 3,880円
琥珀 20,660円 14,800円
オランダ水牛 11,410円 4,280円
象牙 23,140円 16,800円


ご覧の通り、印鑑はネットの方が安く購入できます。店頭販売の半額以下で販売されていることが普通にあります。

また、通販ショップではセットでのまとめ買いがかなりお得になるのも大きな特徴です。個人の方であれば、実印・銀行印の2点セットがあり、法人の方であれば、代表印・銀行印・角印の3点セットがとてもお得です。

特に、法人印3点セットは起業する方や、古くなった会社印をまとめて買い換える方に人気。単品で買うのに比べて、1万円安くなることもあるので、複数のはんこを買う方は、通販ショップのセット販売を利用するといいでしょう。


また、価格以外にもメリット・デメリットはあります。まとめて見てみましょう。

【メリット】
ネット通販 実店舗
  • 印材の種類が豊富
  • 即日・翌日発送してくれる
  • 価格が安い
  • 印鑑の用途に合わせたサイズが選びやすい
  • セットがとてもお得
  • 店員に直接相談できる
  • 細かい注文がしやすい
  • 実物を見ることができる

【デメリット】
ネット通販 実店舗
  • 実物を見れない
  • 自分で印鑑について調べなくてはいけない
  • 受け取るまでに時間がかかる
  • 値段が高い
  • 品数が少ない

まず、ネット購入のメリットについて見ていきましょう。

通販サイトではんこを買う利点は、まず印材の種類が豊富であること。実店舗では売っていないようなチタン製や宝石印鑑など、商品の種類が多いのが特徴です。

サイズも認印から法人用の角印まで幅広く取り揃えられているので、必要なはんこがすぐ見つかるのでおすすめ。

そして、最も大きなメリットとなるのが、実店舗での購入と比べた際に価格がかなり安くなる点。ショップによっては店舗価格に対してネット価格が半額という場合もあります。

逆に、ネット購入のデメリットとなるのが、やはり実物が見られない点でしょう。実印や銀行印について、自身で調べる必要もでてきます。


次に、実店舗購入のメリットは、実物を見つつプロの意見を聞けること。

印鑑の知識があまりない方でもその場で教わることができます。また、実物を見て選ぶことができるので、実際に受け取る商品と、自分が描いていたイメージとのズレが起こりません。

デメリットとしてあげられるのが、注文してから受け取りまでに数日かかってしまう点です。特に、2~3月は多くの方が実印や銀行印をつくるので、はんこ屋も忙しくなり、受け取りが遅くなってしまう可能性があります。

また、値段が高く、素材の種類が店舗にあるものに限られてしまうのも不利な点。印鑑を選ぶ際の自由度がネットに比べて低いのがデメリットです。


ここまで、印鑑を購入場所について、それぞれの特徴や用途について説明してきましたが、あらゆる点を考慮すると、「ネット通販購入」が最も便利でメリットが大きいでしょう。

というのも、品数の豊富さや、スピード、選びやすさ、価格のどれをとっても通販サイトで買うほうが優れているから。価格は実店舗よりも圧倒的に安く、実印や銀行印を買うのであればとてもお得です。

印鑑ネット注文についてさらに詳しく!


以上、印鑑の購入場所・手段について長々説明してきましたが、次に、印鑑の種類ごとの購入する際のポイントについて紹介します。


実印を購入する際に気をつけるべきポイント

実印を購入する際に気をつけること 一人につき一つ。 実印は、あなた自身を証明する大切な印鑑です。

自動車の購入や不動産の売買、相続、公正証書の作成など、人生の中において重要なシーンでよく用いられる実印は、選ぶ際に失敗しないようにしなくてはなりません。

実印を購入する際に押さえておくべきポイントは2つ。

  • 安全面
  • 耐久性

まず「安全面」とは何か?

実印を選ぶ際に、偽造されるリスクを減らすことは重要。文房具店や100円ショップで売っているような、大量生産品を使うのはやめましょう。偽造される可能性が高く危険です。

実印用の印鑑を購入する場所は、「通販サイト」または「はんこ屋」にしましょう。同じ名前でも一つ一つ異なる印面に仕上げてもらえるので安心です。

次に、「耐久性」です。実印は一度購入したら、ほぼ一生、一つのものを使い続ける大事な印鑑。耐久性が高いものを選びましょう。

というのも、印鑑登録した実印は、印面が欠けたり、すり減ってかすれてしまったりなどすると、使えなくなってしまいます。

この時、廃印手続きをおこない、新しく印鑑を購入して登録しなおさなくてはいけなくなってしまいます。

実印はそう何度も買い換えるものではありません。一生物ですので、あまり節約などは考えず、少し高めのものを買うことをおすすめします。

自分の好みの素材も踏まえて、しっかりとしたお店で購入するようにしましょう。

実印を作成する際のポイント



銀行印購入時の注意点

銀行印を買う際に気をつけるべきこと 実印と同じく、個人を証明する大事な印鑑の一つとして「銀行印」があります。

銀行印は銀行などの金融機関で用いられる印鑑。銀行印の窓口で預金を引き出したりなど、金融機関取引の際に使います。

通帳と合わせて、自分の講座の持ち主であることを証明する重要なはんこです。

そんな銀行印を購入する際に押さえておくべきポイントは、実印とあまり変わりません。

偽造される心配の少ない通販サイトで、丈夫な印鑑を購入するようにしましょう。特に、銀行印は実印に比べると使うシーンが多いはんこです。耐久性を第一に考えて選ぶといいでしょう。

購入する銀行印のサイズですが、実印よりも一回り小さいものを選ぶのがおすすめ。これは、実印と見分けやすくするといった意味があります。

間違っても実印と同じ印鑑を銀行印に使うのはやめましょう。

印鑑は使う機会が多いほど、偽造される可能性が高くなる上に、失くしてしまった場合、一度に2つの大事な証明印を失ってしまうことになります。再登録の手続きも2倍面倒です。

最近では、銀行印に金運がアップする開運はんこを用いる人が増えています。徐々に人気を集めているパワーストーン印鑑のうち、「シトリン」などが金運を高める効果があると言われており、銀行印におすすめです。

銀行印作成時のポイント



認印はどうやって選べばいい?

認印の購入ポイント 認印は日常の生活の中で最もよく使う印鑑として皆さんにも馴染み深いと思います。

基本的に認印の選び方には決まりはありません。

荷物の受け取りや形式上サインしなければいけない書類などに使われるだけなので、100円均一ショップや文房具店で購入したもので済ませている方も多いことでしょう。

ただし、認印といえどもしっかりしたものを一本購入しておくことをおすすめします。というのも、認印は使用頻度がかなり高いため、安いはんこを使っていた場合、すぐに摩耗して使い物にならなくなってしまいます。

いざというとき、「使える印鑑が手元にない!」、なんて事にならないためにも、丈夫なものを一本用意しておくことを推奨します。

また、100円はんこなどを認印に使っていると、使い終わったあとに適当に放ってしまい失くしてしまうことがあります。

きちんとした印鑑を購入しておけば、使用後しっかりと保管し、大事に扱うようになるので、失くしたり破損したりすることはありません。

嬉しい事に、通販サイトであれば丈夫な認印が購入できます。

買う際のポイントとして、実印や銀行印よりも小さいサイズのものを買うこと。サイズが小さい分、価格も安くなるので、手頃な値段で上質な認印を買うことができます。

実印・銀行印とセットで購入することでさらに手頃な値段で買うことができるので、まとめて買う機会があれば、セット販売の利用がおすすめです。

ビジネスマンの方であれば、仕事用に少し高めの認印を購入しておくと良いでしょう。というのも、仕事で認印を使う際に、100円ショップなどの印鑑を使っているとだらしなく見えるからです。

よくビジネスシーンで、「営業マンはまず靴を見ろ」「ビジネスマンは時計にこだわれ」と言われているように、人と人が接する際の印象というものは重要です。

ビジネスシーンに限らず、案外人は細かい身なりを見ているもの。高いステータスの人であればなおさら。

認印ひとつとっても、こだわりを見せるのが、できるビジネスマンの秘訣かもしれません。

おすすめ印鑑通販ランキング



最後に、ビジネスに関連して、法人印を購入する際のポイントについてお伝えいたします。


法人印の購入ポイント

法人印3点

法人印として、最低購入すべき印鑑は3つ。「代表印」「法人銀行印」「角印」。

  • 代表印とは、会社における実印のこと。経営者が他社との契約に際して、代表として取引する際に用いる法人印です。

  • 法人銀行印とは、その名の通り、会社の銀行印です。預金の支払いや手形などの発行処理の際に用いられるはんこです。

  • 角印は、言うなれば法人の認印。領収書や社内文書などにサインする際に利用する、最も使用頻度の高い法人印です。

法人印は、文房具屋や100円ショップでは売っていませんので、必然的にはんこ屋や通販サイトで購入することになります。

買う場所として、特におすすめしたいのが「ネット通販」です。オンラインショップの法人印は実店舗に比べて安いのはもちろん、セットでの購入がかなりお得なのが特徴。

人気なのが、法人印3点セット。先ほど説明した「代表印」「法人銀行印」「角印」の3つがひとつにまとまったお得なセットです。これから起業する人や法人印を買い換えたいという方におすすめ。

「起業した当時は、お金が苦しくて安物を買ったけど、最近は軌道に乗ってきたぞ...」

という経営者の方は買い替えを考えてみてもいいかもしれません。以前よりも高級な素材の印鑑を買うことでさらなるやる気につながるでしょう。

また代表印は、経営者として、そして会社としてのステータスを示す、一種の指標となります。

実際に象牙やチタンの法人印でサインしている経営者の方を見ると、風格が違います。自分の会社の顔となる印鑑ですので、値段にこだわらず、立派なものを購入することがおすすめです。


以上、「印鑑の購入場所」と「はんこの用途別の買い方」について紹介しました。日本に生まれたからには、印鑑は生活から切っても切り離せない物。皆様のはんこ選びのお役に立てれば幸いです。

おすすめ印鑑通販ランキング



おすすめ印鑑通販ランキング
ハンコヤドットコム
実績No.1 信頼の高品質印鑑ショップ
年間34万件以上の出荷実績をもつ大手印鑑通販ショップ。薩摩本柘や黒水牛といった定番商品から、純天然黒水牛、チタンなどの高級品まで幅広い品揃えが特徴です。専属の印影デザイナーが作成しているので、実印や銀行印としても安心して使えます。
はんこプレミアム
品揃え豊富な格安印鑑販売店
印材の種類の豊富さと低価格販売が強みの大手印鑑通販ショップです。木材、水牛、象牙、チタン、そして水晶・天然石といった幅広いラインナップの印鑑を安心の10年保証付き、即日発送サービス付きで販売しています。手彫り印鑑が+1,980円で作成できる格安サービスも魅力的です。
ハンコマン
豊富な印鑑セット 安心の10年保証付き
10年保証付きの高品質印鑑が購入できるハンコマン。17時までに注文すれば即日発送サービスの対象となるので、お急ぎの方にとてもおすすめです。印鑑セットが充実しているのが特徴で、実印・銀行印セット・法人印鑑3点セットをはじめ、成人・就職・結婚祝い用のセットも販売しています。


人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間34万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース