銀行印を紛失してしまったら?銀行別に変更・対処法を紹介
銀行印を失くしてしまった!どうすればいい??


銀行印を紛失してしまった!!


こんな場合にはどのような対処をすれば良いのかお困りの方のために、銀行印紛失時の対処法についてまとめました。

こちらを読めば、銀行印を紛失してから登録変更までの流れが分かります。また、銀行ごとに詳しい対処方法をまとめましたので参考にして頂ければ幸いです。



銀行印を紛失した場合の対処法

銀行印を紛失した場合は一般的に以下2つの対処が必要になります。

  1. 銀行印紛失の連絡
  2. 新しい銀行印への変更
まず、真っ先にしなければならないのは銀行印紛失の連絡。各銀行には紛失専用のフリーダイヤルが設置されています。各銀行のホームページを確認すれば「よくある質問」などのコーナーに記載があるはずです。

紛失の連絡を行えば、早ければ早いほど銀行印を悪用されるリスクが少なくなります。その後、新しい銀行印への変更を窓口にて行いましょう。


登録変更手続きに必要なもの

銀行印の変更に必要なものは一般的に以下3点です。

  • 新しく変更する印鑑
  • 通帳、証書
  • 本人確認書類

印鑑と通帳に関しては問題ないでしょうが、本人確認書類に関しては注意が必要。

運転免許証やパスポートを持っている人であれば特に問題はありませんが、それ以外の確認書類を使用する場合は、事前に利用可能か確認をしておきましょう。

また、下宿している大学生の方や単身赴任中の方などで、確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合にも気をつけなければなりません。

別途書類が必要になる場合などもありますから、心配な場合は事前に窓口に確認しておくことをおすすめします。
銀行印の登録変更手続きに必要な3点


みずほ銀行の印鑑紛失対処法

まず最初に、みずほに口座を持っている人が銀行印を紛失した場合の手続きと対処方法をご紹介します。

みずほの銀行印を紛失したとしても、慌てること無く必要な手続きを進めていきましょう。

みずほの場合、必要な手続きは大きく分けて以下の2通りです。銀行印を紛失してしまった場合は焦らず2つの行動を取って下さい。

  1. 電話で銀行印紛失の連絡
  2. みずほ窓口で銀行印を変更

まずは、紛失してしまったみずほの銀行印での取引を停止する必要があります。

みずほに登録した銀行印の紛失に気づいたら、直ちに電話で紛失の連絡を行いましょう。電話での連絡先は普段利用をしているみずほの取引店もしくは、フリーダイヤルです。

みずほの場合、月曜日から金曜日平日9時00分から17時00分までの間であれば、直接取引店に電話で連絡を行いましょう。

紛失に気がついた際に、みずほ銀行の営業時間内であればフリーダイヤルは利用せず、直接連絡をおこなって下さい。

普段利用しているみずほ銀行の支店の電話番号を知らない人はこの機会にぜひ、電話番号を調べておくことをおすすめします。

みずほの支店の電話番号を手帳にメモをしておいたり、携帯電話の電話帳に入れておいたりすると、いざという時に焦らなくて済みます。

みずほ銀行が営業時間外の場合は、フリーダイヤルに電話連絡を行いましょう。フリーダイヤルの電話番号は以下の通りです。なお、海外から電話をかける場合は通話料有料の別の電話番号にかける必要があります。

<みずほ銀行>
  • フリーダイヤル:0120-415-415
  • 海外から電話する場合:03-5500-3737(通話料有料)

こちらで、銀行印の登録停止の連絡をすれば、銀行印の不正利用のリスクが少なくなります。その後、みずほの窓口にて登録変更手続きをおこないましょう。取引店舗のほか、最寄りのみずほ窓口でも変更は可能です。
みずほ銀行の印鑑登録変更手続き

みずほの銀行印変更手続きに必要なもの

みずほの銀行印変更には次の3点を用意する必要があります。最寄りのみずほ銀行窓口に持参する必要があるので事前に確認を行いましょう。

  • 通帳
  • 新しく届け出て変更する銀行印
  • 本人確認書類

みずほ銀行の変更届の中で特に注意が必要なものは、本人確認書類です。本人確認書類として使用できるものは氏名・住所・生年月日の記載があるものに限られます。有効期限内の運転免許証やパスポートなどがあれば問題はありません。

大学生や単身赴任中の方で本人確認書類上の住所と現住所が異なる場合は、氏名と住所が記載されている公共料金の領収書の提示が必要な場合もあります。心配な人はみずほ銀行窓口に行く前に電話で確認をしておくと確実です。
本人確認書類の規定


新しい銀行印を作成したい方はこちら


ゆうちょのはんこを失くしてしまった場合

ゆうちょ銀行に登録をしている銀行印を紛失してしまった場合、どのような手続きを行い、紛失に対処する必要があるのでしょうか。銀行印だけならばまだしも、通帳も一緒に紛失してしまった場合は対処を急がなければなりません。

ゆうちょ銀行登録の銀行印を紛失してしまった時の行動は具体的に以下の2つ。

  1. 電話で銀行印紛失の連絡
  2. ゆうちょ窓口にて改印届けを提出し銀行印を変更

まずは、銀行印を紛失したことをゆうちょに連絡しましょう。銀行印を悪用されないように、一刻も早く利用の停止を行うことが大切です。ゆうちょ銀行の通帳やキャッシュカードなどを同時に紛失していた場合も同時に紛失届けを行うことが可能です。

紛失の連絡はゆうちょ銀行が開設しているカード紛失センターのフリーダイヤルが便利です。年中無休、24時間対応しています。出張や旅行などで海外に行っていた際に紛失をしてしまった場合でも、通話料有料の電話番号から連絡を行うことが可能です。連絡先は以下の通りです。

<ゆうちょ銀行>
  • フリーダイヤル:0120-794-889
  • 海外から利用する場合:045-279-6201(通話料有料)

フリーダイヤルの番号は「ナクシ(794)たときはハヤク(889)お届け」と覚えておくと良いでしょう。銀行印の紛失だけではなく、ゆうちょのキャッシュカードや通帳、証書などの紛失や盗難被害など全般に対応しています。

フリーダイヤルでの電話に不安があるのであれば、最寄りのゆうちょ銀行・郵便局の窓口に直接連絡をするのもおすすめです。

紛失の連絡をした後は、ゆうちょ窓口で銀行印の変更をしましょう。変更を済ませれば紛失後の手続きは完了します。
ゆうちょ銀行の電話番号

ゆうちょの銀行印変更手続きに必要なもの



ゆうちょ銀行での銀行印変更に必要な書類は以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行の通帳
  • 新しく登録をする銀行印
  • 本人確認書類
  • 改印届書

ゆうちょ銀行の営業時間内にこれらの必要書類を提出して登録変更を行いましょう。紛失届けを出していれば不正利用の心配がなく、変更を焦る必要はありませんが、出来るだけ早めに変更を行うことをおすすめします。なお、改印届書はゆうちょ銀行の窓口にて貰うことができます。

ゆうちょ銀行の変更手続きにおける注意ですが、本人確認書類は有効期限内の住所・氏名・生年月日が記載されたものを用意しましょう。運転免許証やパスポートなどがあれば余程問題はありません。本人が確認できる公的書類であれば大丈夫です。

また、ゆうちょ銀行での印鑑の変更には通帳が必要な点にも注意が必要。下宿している大学生の方であれば、親御さんが通帳を持っていて、本人がゆうちょ銀行のキャッシュカードと印鑑を持っている場合などがありますよね。この場合、簡易速達などで通帳を送ってもらいましょう。

何か不明点があれば、最寄りのゆうちょ銀行に連絡をして確認を行うことが大切。紛失届けさえ出せば被害が出ることはないでしょうから、慌てず行動をしていくことが大切です。


新しい銀行印を作成したい方はこちら


りそなの銀行印紛失の対処法


りそな銀行に登録してある銀行印を紛失してしまった!

こんな状況になってしまった時にはどうすれば良いのでしょうか。りそな銀行における具体的な手続きのステップと対処方法についてご説明します。

りそなの銀行印を紛失してしまった場合に取るべき行動は以下の2つです。直ぐに対処すれば不正利用される心配は少なくて済みます。慌てずに対処して下さい。

  1. 電話にてりそな銀行の銀行印の利用停止を行う
  2. りそな窓口にて新しい銀行印への変更を行う

まずは、取引支店もしくは最寄りのりそな銀行支店に電話で連絡を行います。平日の日中8時40分から17時00分の間であればりそなの各支店に直接連絡を行うことが推奨されています。

連絡先のりそなの支店の電話番号が分からない場合は、ホームページの店舗検索などで調べることが可能です。良い機会ですから、普段利用しているりそな銀行の支店の電話番号を調べてメモしておくことをおすすめします。

平日の営業時間外の場合は以下、りそなが開設している運営センターに連絡を行なって下さい。電話番号の間違いには十分に注意をして下さい。

<りそな銀行>
  • 東京クイックロビー運営センター:048-826-0321
  • 大阪クイックロビー運営センター:06-4705-0055

電話は24時間繋がりますから、深夜でも問題ありません。慌てることなく、落ち着いて連絡をしましょう。りそなの銀行印と合わせて、キャッシュカードや通帳なども紛失した場合は同時に紛失届けを出すようにして下さい。

なお、これらは全てりそなの普通預金の銀行印の場合の対処方法です。当座預金の印鑑の場合は扱いが若干異なります。深夜帯であれば、運営センターへの連絡で大丈夫ですが、日中はりそな銀行各取引店に直接連絡をして指示を仰ぐようにして下さい。
りそな銀行の電話番号

りそなの銀行印変更手続きに必要なもの

紛失の連絡をした後は、直接りそなの窓口にて印鑑の変更を行う必要があります。新しい印鑑を作る必要もありますから、そこまで慌てる必要はありません。りそなでの銀行印の変更に必要な書類は以下の通りです。

  • 今後使用する印鑑
  • 通帳・証書
  • 本人確認ができる書類
  • ご案内状

りそな銀行では、紛失届けを出した後に、届け出住所宛てに案内状が送付されることになっています。変更届の際にはこの案内状が必要になるため、印鑑変更のために窓口に足を運ぶ際には忘れないようにして下さい。

本人確認ができる書類としては、運転免許証などが利用できます。住所・氏名・生年月日が確認できる有効期限内の書類を用意しましょう。免許証やパスポートなどを持っていない場合は、他の書類でも本人確認が出来るため、詳しくは直接りそな銀行の担当者に相談することをおすすめします。

りそなの窓口で印鑑の変更を行えば、りそな銀行における紛失の際の手続きはひと通り終了です。
りそなの銀行印登録変更手続き


新しい銀行印を作成したい方はこちら


三菱東京UFJの銀行印を失くしてしまった場合



三菱東京UFJ銀行に届け出ている印鑑を紛失してしまった場合にはどのような手続きを行えば良いのでしょうか。

三菱東京UFJ銀行の具体的な対処方法をまとめていきます。三菱東京UFJ銀行では難しい対処が必要な訳ではありませんから、順番に手続きを行なっていきましょう。

具体的な手続きの流れは以下の通りです。三菱東京UFJ銀行の場合、大きく分けて3つのステップを経て、手続きが完了します。

  1. 銀行印の紛失を電話で連絡
  2. 三菱東京UFJの窓口にて印鑑登録手続き
  3. 手続完了通知書を受け取る

まず、真っ先に行うことは電話で三菱東京UFJの銀行印の紛失を連絡すること。三菱東京UFJ銀行には24時間365日受付の喪失受付センターが設置されています。電話番号を以下に記載します。

<三菱東京UFJ銀行>
  • フリーダイヤル:0120-544-565
  • 通話料有料:03-5637-0875

フリーダイヤルまたは、通話料有料の電話番号どちらでも問題ありません。繋がる方の電話番号に連絡をして下さい。ただし、受付時間は上記の通り24時間365日ですが、毎月第二土曜日の21時00分から翌朝6時40分の間は例外として電話を受け付けていない点に注意が必要です。

ここでは三菱東京UFJの銀行印の紛失に限って話を進めていますが、万が一銀行印だけではなく、通帳やキャッシュカードなどを紛失した場合もこちらの電話番号に連絡を行なって下さい。まずは、三菱東京UFJ銀行に紛失届けを出して利用出来なくすることが大切です。

電話にて紛失届けをしたら、次に三菱東京UFJ銀行の窓口にて印鑑登録手続きを行い、印鑑変更をしましょう。取引店だけではなく、最寄りの三菱東京UFJ銀行支店でも登録は可能。ただし、本人が必ず登録に行く必要があり、代理人による登録手続きは行えません。
三菱東京UFJ銀行の電話番号

三菱東京UFJの銀行印変更手続きに必要なもの

手続きの際に必要になるのは以下の3点です。

  • 三菱東京UFJ銀行の通帳
  • 新しく変更する印鑑
  • 本人確認書類

通帳ですが、三菱東京UFJ銀行のEco通帳(インターネット上で利用できる通帳)を利用している場合は、代わりとしてキャッシュカードが必要になります。また、三菱東京UFJの銀行印にはシャチハタは登録が出来ないことにも注意が必要です。
Eco講座の場合はキャシュカードが必要

印鑑変更のために、慌てて三菱東京UFJ銀行用の印鑑を購入する必要はありません。一旦紛失届けを出していれば悪用される心配はありませんから、銀行印として相応しい印鑑を落ち着いて購入して下さい。

また、本人確認書類として、運転免許証やパスポートなどの提出が必要。三菱東京UFJ銀行のホームページに本人確認書類として使用できる書類の一覧がありますから、心配な人は一度確認してみることをおすすめします。

三菱東京UFJの窓口で印鑑登録手続きを行なったら、10日から2週間程度で手続完了通知状が送付されてきます。三菱東京UFJからこの通知状を受け取った段階で手続きは全て終わり。古い印鑑から新しい印鑑へと変更完了です。

なお、印鑑の変更を行なった当日から各種手続きが利用できる場合もあります。何か急ぎの用事がある場合は直接担当者に相談して下さい。

新しい銀行印を作成したい方はこちら


三井住友銀行のはんこの紛失対処法

三井住友で使用している銀行印を紛失してしまった場合の対処方法についてご紹介します。紛失に気づいた瞬間はパニックになってしまうかもしれません。けれど、三井住友銀行では複雑な手続きは必要ありませんから、落ち着いて対処することが大切。

三井住友銀行では具体的に以下の2つの手続きを行うことが必要になります。順を追って手続きの内容を見ていきましょう。

  1. お取引店もしくはATMセンターへ紛失の連絡
  2. 最寄りの三井住友の支店窓口にて印鑑を変更

まずは、三井住友銀行に電話にて紛失の連絡をおこないます。月曜日から金曜日の平日、午前9時から午後5時の間であれば、三井住友銀行の各取引店舗へ直接連絡して下さい。

自分が普段利用している三井住友銀行の支店電話番号が分からない場合は、ホームページで調べましょう。万が一の場合に利用する機会がある電話番号ですから、三井住友銀行支店の電話番号を電話帳に登録しておくことをおすすめします。

三井住友銀行の営業時間外の場合はATMセンターに電話をする必要があります。連絡先は以下の通りです。かけ間違いが無いように、番号をしっかりと確認した上で電話をして下さい。

<三井住友銀行>
  • フリーダイヤル:0120-956-999
  • 海外から連絡をする場合:03-6847-0298

フリーダイヤルは携帯電話やPHSからでも繋がります。大抵の場合はこちらの番号で問題ないでしょう。海外での旅行や出張中に印鑑を紛失した、または盗難にあった場合は有料の電話番号を利用して下さい。
三井住友銀行の電話番号

三井住友銀行に電話で紛失の連絡をおこなえば、ひとまずは安心です。三井住友銀行に連絡をした後は、印鑑の変更手続きを最寄りの三井住友窓口にておこないます。三井住友の銀行印の変更には以下のものが必要になります。

  • 新しく登録する印鑑
  • 三井住友銀行の通帳、証書
  • 本人確認書類
  • 三井住友銀行から郵送された照会状

三井住友銀行における変更手続きでは、本人確認書類は運転免許証やパスポートなどが一般的に利用されています。その他の書類でも本人確認が可能ですが、書類が複数必要な場合などもあるため、心配な場合は事前に三井住友銀行の担当者に電話で確認をしておきましょう。

また、三井住友銀行では印鑑の変更に照会状が必要です。これは、紛失届けを行なった後に、登録されている住所に郵送されてくるものです。住所変更の届け出などをしていなかった場合には三井住友から郵送されないため、注意が必要です。
三井住友銀行の銀行印登録変更手続き


以上、各金融機関ごとの銀行印紛失の際の対処法および、登録変更手続きの方法を説明いたしました。どの銀行も、手続きの流れは大体同じですが、一部異なる点がございますので、銀行ごとにポイントを押さえるようにしておくと良いでしょう。

新しい銀行印を作成したい方はこちら


人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間34万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース