実印の名前の決め方~フルネーム?ひらがな・カタカナは大丈夫?~
↓実印とは?作成前に知っておきたい基礎知識↓ 実印とは?
いざ実印を作ろうと思ったけれど、分からないことや知らないことはたくさんありますよね。特に、印面に刻まれる名前は、印鑑の顔とも言うべき重要なポイント。

  • 実印ってフルネームじゃなくても作れるの?
  • ひらがなの名前だけれど大丈夫?
  • 女性は名前だけの印鑑の方が良いって聞いたけれど?

など、たくさんの疑問があることでしょう。このページではそんな皆さんの疑問にQ&A方式でお答えしていこうと思います。あなたの疑問の回答も見つかることでしょう。



実印は名前のみで作れる?


実印を名前のみで作ることは可能です。

実印の登録に関する規定は各市町村によって細かく決められています。

そのため、地域によって規定に若干の違いはありますが、ほとんどの自治体では名前のみが彫られた印鑑で実印登録をすることに問題はありません。

ここで、東京都新宿区の実印登録に関するルールを確認してみましょう。ホームページには、「印鑑登録のできない印鑑・適さない印鑑」としての記載があります。以下に、原文のまま引用します。

「住民基本台帳に記録されている氏名、氏・名または氏および名の各一部を組み合わせたもので表していないもの(職業・資格等、他の事項をあわせて表しているもの)」

上記の通り、ホームページには登録印鑑のルールに関する記載があります。

したがって、日本人の方であれば住民基本台帳に記録されている名前であれば何の問題も無く実印として登録することができます。

もちろん、例外もあるので、登録を予定している自治体の担当者に事前に確認するのがおすすめです。

結婚を控えていて、苗字が変わる可能性のある方であれば、実印を名前のみで作っている場合もあるでしょう。これから新しく実印を作ろうと考えている人もいるかと思います。

フルネームではなく、名前のみの印鑑であれば結婚を機に苗字が変わってもはんこをわざわざ変更する必要がありません。¥離婚の時でも同様です。
住民票を移動した場合には移動先に新しく登録をする必要はありますが、同じ印鑑を引き続き使用できるのが利点です。


ひらがなで印鑑登録はできるの?


基本的に、住民基本台帳に記載された名前であれば、ひらがなでの登録が可能。

より正確に申し上げますと、住民基本台帳に記載された名前がひらがなであれば、ひらがなで文字が彫られた印鑑を使用して実印登録することができます。
住民基本台帳にひらがなで登録されている方は、実印もひらがなで大丈夫!

住民基本台帳に記載された名前が漢字であるのに、印鑑に彫られた名前がひらがなである場合。これは、登録が可能な自治体と登録が不可能な自治体が存在します。これは、ひらがなだけではなく、カタカナの場合も同様です。

住民基本台帳に記載されている名前がひらがなであるのに、漢字で名前を彫った印鑑を実印として登録することはできません。こちらに関しては、上記の「本来漢字の名前をひらがなで刻印した印鑑」とは異なり、ほとんどの自治体で受付を行なっていないようです。

ここで、東京都新宿区の実印登録に関する規約を見てみましょう。ホームページには、「印鑑登録のできない印鑑・適さない印鑑」として次の表記があります。

「住民基本台帳に記録されている氏名、氏・名または氏および名の各一部を組み合わせたもので表していないもの(職業・資格等、他の事項をあわせて表しているもの)」

この記載からも、住民基本台帳に記載されている名であれば問題なく使用することができることが分かります。

その反面、ひらがなでの登録に関する細かな記載はホームページ上には確認できません。これは、その他の大多数の自治体でも同様です。

先程も述べたように自治体によって細かな規定は異なるため、印鑑をこれから新しく作ろうとしている人は、事前に窓口にて確認を取ることをおすすめします。


文字の並びは縦向き?横向き?

実印として登録を行うための規定の中に名前の向きに関するルールは特にありません。

ですから、

実印の名前は縦向きか?横向きか?

という質問には、

縦向きでも横向きでもどちらでも好きな方を選んで下さい。

という回答になります。

実印として登録を行うためには、サイズが規定に則していて、なおかつ印影が鮮明になっていること

さらに、はんこに彫られた名前が住民基本台帳に記載されているものと同一であれば特に問題はありません。

したがって、規定に違反していない判読が出来る名前であれば縦向きでも横向きでも問題はないのです。
実印の名前は縦書き、横書きどちらでも大丈夫!

一般的に漢字で縦書きの場合は、右から左に読むことができる彫り方をします。これはフルネームで苗字と名前が入っている場合の例です。

また、ひらがなやカタカナで横書きの場合は左から右に読むことができる様に文字を彫ります。同様にローマ字の場合も左から右に読むことができるように実印に文字を彫ります。

何か特別な事情がない限り、お店に注文をすれば先ほど書いたように判読できるように、名前を彫って貰えます。

横書きの場合は、手元に届いた印面は文字の配列は左右が逆さまです。これで、朱肉に付けて押印したときに正しい向きに名前が映ります。

実印の名前の向きを縦にするのか、横にするのか、どうしても決められない場合はごく一般的な縦書きにしておきましょう。

迷った場合は、一般的な彫り方にしておけば大丈夫です。

また、ひらがなの名前の女性であれば、左から右に書く横書きもおすすめ。結婚の時に苗字が変わっても実印が使い続けられるようにと名前のみの実印を作る人は意外と多いのです。もし、気になる場合は検討してみて下さい。


女性の実印の名前の決め方


女性向けの実印の彫刻文字は「フルネームにするのか」、「名前のみにするのか」ということが大きなポイントになります。

その理由の1つに結婚という大きなタイミングで苗字が変更になる人が多いからです。

もちろん、男性であったとしても婿に入れば苗字は変更になりますが、現代日本においては圧倒的に女性の苗字が変更になるパターンが多いです。

なので、印鑑の名前についても必然的にフルネームにするのか、名前のみにするのかといった悩みが生じてきます。

名前のみかフルネームか?実印はどちらでつくればいいの?

まず、新しく実印を作ろうと考えている女性で今後結婚を考えているということであれば、名前のみの印鑑を作ることをおすすめします。

実印はフルネームでも名前のみでも、苗字のみでも登録を行うことができるため、名前のみの印鑑であれば結婚で苗字が変更になったとして一生使い続けることができます。

実印は一度登録してしまえば住民票を移さない限りは変更の必要はありません。

引っ越しなどで住民票を移すことがあれば当然引越し先の役場に届け出の必要がありますが、名前のみの印鑑であれば同様のものが使えるため新しくはんこを購入する必要はありません。

ただし、名前のみのデメリットも理解しておく必要があるでしょう。

名前のみの印鑑はフルネームのに比べて偽造のリスクが高くなります。安全面で言えばフルネームの印鑑のほうが安心できるでしょう。


また、印相学という、はんこに刻まれた文字によって運勢を占う学問によると、女性のフルネーム実印は後家相と呼ばれています。

これは、フルネームの印鑑を使うと女性が家の中で強くなってしまい、男性と対立を引き起こすと言われている印相です。

とはいえこれはあくまで古い言い伝え。特に風習などを重んじる家系の方でなければ気にする必要はありません。

実用面を考えた上でフルネームのはんこにするのか、名前だけのものにするのか決めることをおすすめします。


男性のはんこの名前の決め方


男性の実印はフルネームが一般的に良いと言われています。

女性であれば、結婚を機に苗字が変更になるためフルネームよりも名前のみの実印が良いと言われていますが、男性であれば生涯に渡って同じ姓と名と使う方が多いからです。

もちろん、男性であっても将来苗字を変更する可能性がある方。例えば、婿養子に入る予定があるのであれば、苗字のみの実印でも問題はありません。

しかし、余程のことが無いのであればフルネームにしておくのが一般的です。

フルネームにしておくべき一番の理由は安全性。フルネームの印鑑は名前や苗字のみの実印に比べると圧倒的に唯一性が高く、複製が困難です。

実印は各種印鑑の中でも最も重要なはんこですから、セキュリティには十分配慮しておくことが大切。

また、苗字のみの実印を持っている人も多いと思います。しかし、この場合は家族が共用で使っている認印などと混同してしまうというリスクがあります。

こういった面からも新しく実印を作ろうと考えている場合、男性であれば、迷うこと無くフルネームの実印を作ることがおすすめです。
男性の実印は、安全面も考慮してフルネームで作るべき

名前が1文字の人はどうしたらいい?

名前が一文字の方がフルネームの実印を作る場合、文字のバランスが上手く取れなくて気になることがあります。デザインなんて全く気にしないという人であれば問題はありませんが、、、。

しかし、実印などで使う印鑑であれば一生使い続けることもあります。バランスが悪くて、納得できないデザインの実印を購入したくはありませんよね。そんな方向けの解決策がいくつかあります。

まず1つ目は、自分の名前に「」または「之印」という文字を追加して文字数のバランスを取るという方法です。

苗字が漢字二文字、名前が漢字一文字の人であれば、名前の漢字の下に「印」の文字を入れることによって全体のバランスを調整します。

印面の文字のバランスが悪い時は、「印」を加えて調整する

こういった方法は古くは紀元前の印鑑にも見られる歴史ある方法です。

「印」の文字が入ったとしても、ほとんどの自治体で登録に問題はありません。

法的な効力に関しても本人の物であることが証明されていれば、「印」の文字の有無に関わらず同様です。

どうしても「印」の文字を入れるのが嫌な場合は名前の漢字を上下に引き伸ばしてバランスを取るという方法があります。

ただし、画数の多い漢字の場合は上手くデザインが調整できても、画数の少ない漢字の場合は文字の線の間がスカスカになってしまう恐れもあります。

そのほかには、女性であれば思い切って名前一文字で印鑑を作ってしまう方法もあります。

フルネームの印鑑と比べてセキュリティ面では劣るものの、しっかりと管理をすれば何も問題はありません。名前のみでも実印としては問題無く登録をすることができます。

以上のような対処方法がありますが、名前の画数などによって状況は人それぞれ異なってくると思います。

基本的には購入するお店の方と十分に相談するようにしてください。ネットショッピングでの購入を考えていた人も直接定員の方と相談ができるお店かもしくは電話やメールなどで対応してくれるネットショップを探すようにしてみてください。


下の名が3文字の人は?

名前が奇数文字の方の場合、普通に文字を配置しただけではデザインがバランスよく決まらない場合が多いですよね。一文字と同様に三文字の場合も対処方法があります。

対処の方法は一文字の場合と対処方法は同じです。

バランスの悪い文字の所に「」や「之印」という文字を追加して全体のバランスをよくする方法や書体や文字の大きさを調整して上手くデザインする方法などがあります。

こちらも、事前にお店の方に十分に相談をしておくことが大切。何も相談をしないまま発注をして、勝手に「印」の文字を入れられていたという人もいるようです。

決して安い買い物ではありませんから、事前の相談と打ち合わせを十分にするように心がけて下さい。


英語名の印鑑の作り方

名前が英語の場合であっても、そのまま英語で印鑑を作れば問題ありません。

また、外国人の場合は英語もしくはカタカナの表記の印鑑であれば実印として登録することが可能です。

英語の場合は日本人にとって判読性が低いというデメリットもあるため、名前が英語であったとしてもカタカナ表記の印鑑を作っておくことをおすすめします。

横書きのはんこでも登録には何の問題もありません。

外国人は英語名、もしくはカタカナ名で印鑑をつくる

ただし、1点注意すべきことがあります。

それは、外国人登録を行なったときに英語表記に加えてカタカナ名を併記して登録を行なっていたのか。

ここでカタカナ名を登録していない場合は、英語名しか実印として登録を行うことができません。

外国人の友人に印鑑をプレゼントしようと考えたいた場合であれば、この点を事前に確認しておくことをおすすめします。

外国にはない日本独自の押印文化ですから、プレゼントを渡すときに色々とアドバイスもしてあげると良いでしょう。


以上、実印の名前に関する様々な疑問についてまとめました。 あなたの疑問を解決する答えは見つかったでしょうか。自分にピッタリの満足ができる実印を購入して下さいね。


実印の名前の次は、印鑑の書体について知ろう!
印鑑の書体

おすすめ印鑑通販ランキング
ハンコヤドットコム
実績No.1 信頼の高品質印鑑ショップ
年間34万件以上の出荷実績をもつ大手印鑑通販ショップ。薩摩本柘や黒水牛といった定番商品から、純天然黒水牛、チタンなどの高級品まで幅広い品揃えが特徴です。専属の印影デザイナーが作成しているので、実印や銀行印としても安心して使えます。
はんこプレミアム
品揃え豊富な格安印鑑販売店
印材の種類の豊富さと低価格販売が強みの大手印鑑通販ショップです。木材、水牛、象牙、チタン、そして水晶・天然石といった幅広いラインナップの印鑑を安心の10年保証付き、即日発送サービス付きで販売しています。手彫り印鑑が+1,980円で作成できる格安サービスも魅力的です。
ハンコマン
豊富な印鑑セット 安心の10年保証付き
10年保証付きの高品質印鑑が購入できるハンコマン。17時までに注文すれば即日発送サービスの対象となるので、お急ぎの方にとてもおすすめです。印鑑セットが充実しているのが特徴で、実印・銀行印セット・法人印鑑3点セットをはじめ、成人・就職・結婚祝い用のセットも販売しています。


人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間34万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース