ゴム印の作成価格とオリジナル印鑑の即日発送について
ゴム印の作成方法 「ゴム印ってどこで作れば良いんだろう?」

会社の印鑑として、また個人事業主などの個人の印鑑としても使用用途の多いゴム印は、幅広い場所で購入することができます。

ただ、ネットで調べても、ゴム印を作成について詳しく紹介しているサイトを見つけるのは大変。
情報を集めるだけでも苦労します。

間違った情報を集めてしまったために、相場よりも高い価格や質の悪い印鑑を作成してしまうことはできるだけ避けたいですよね?


そんなゴム印の作成についてお悩みのあなたに向けて、印鑑の専門メディアの当サイトが、ゴム印の作成についての情報を徹底調査。作成価格や即日発送などの情報をまとめました。

こちらのページを読んでいただくだけで、ゴム印の作成に関する悩みを全て解決。最後まで読んだあなたは、必ず適切な価格で良いゴム印を作成することができるはずです。

それでは早速、ゴム印の作り方ついてご紹介していきます。



まずは知っておこう!ゴム印の種類

ゴム印の種類 さっそく、ゴム印の作成につていご紹介していきたいと思いますが、まずはそもそもゴム印にはいくつかの種類があるのはご存知でしょうか?

実はゴム印は種類によって印鑑のサイズや価格が変わってきますので、ひとえにゴム印を作成したいと言ってもどのゴム印を作成したいのかが重要になってきます。

ゴム印の価格についてご紹介する前に、まずはゴム印にはどのような種類があるのかをご紹介していきます。

住所印

住所印は主に会社の住所、会社名、電話番号などの情報を印面に印字したゴム印。郵便物や書類などに会社の情報を記載する際の手間を省くことができます。

会社によっては、情報としてホームページの情報を印字することもあります。

小切手印

小切手用のゴム印のことで、印面には主に会社の住所、社名、代表者名を印字します。

小切手を切る際の署名の手間を省くことができるので、小切手でのやり取りの多い場合には重宝するゴム印です。小切手印以外の呼び名として、署名判とも呼ばれます。

宛名印

郵便物の宛名が印字してあるゴム印。基本的な形式として、住所、宛名、御中を印字するので「御中印」とも呼ばれます。

郵便物でのやり取りの多い場合には、手書きの手間を省くことができる便利な印鑑です。

氏名印

個人の氏名のみが印字してあるゴム印。会社や学校などではよく使われるので、学生時代に見たことがある方も多いのではないでしょうか?

そこまで金額は高くないので、個人でも比較的安い価格で作成することができますが、会社や学校でまとめて作成するとお得に購入することもできます。

データ印

印面にある内容と日付を一緒に捺印することができるゴム印。郵便物の受取日や商品の製造日を表示する際に使用されます。

ロゴ印

会社の住所や電話番号と一緒に会社のロゴを印面に印字してあるゴム印。ショップ名を入れてイベントなどの宣伝用の印鑑として使われることが多いゴム印です。


ゴム印作成の価格はどのくらい?

ゴム印の作成価格 ゴム印の種類についてご紹介してきましたが、では実際にゴム印を作成にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか?

こちらでは、印鑑の大手通販サイトとして有名なハンコヤドットコムのゴム印専門ショップ、「ゴム印ドットコム」の情報を元に、各ゴム印の最低価格を徹底調査してまとめました。


ゴム印の種類 分類 サイズ 価格(円)
住所印 木台タイプ
18×63mm 1,650~
アクリルタイプ
18×63mm
2,630~
氏名印 木材 4×21mm
390
木材 5×31mm
440
データ印 4号丸(14mm)
2,330~

6号丸(18mm)
2,330~

7号丸(21mm)
2,920~

8号丸(24mm)
2,920~

9号丸(27mm)
3,500~

10号丸(30mm)
3,500~

12号丸(36mm)
3,500~
ロゴ印 木台タイプ 18×63mm 1,650
プラ台タイプ 18×63mm
2,470


ゴム印は印面の内容などによっても作成価格に差が出てきますので、こちらの表はあくまで目安としてください。

実際にゴム印を作成する際には、ご自身が作成したい印鑑の内容で実際に詳細を確認してみましょう。

ゴム印ドットコム 【ゴム印ドットコム】公式ページはこちらから


ここまではゴム印の種類や作成する際の価格についてご紹介してきました。

ただ、ゴム印を作成する際には実際にどのくらいの時間がかかるのかも気になるところ。

特に、既製品としては販売されていないオーダーメイドのゴム印が急遽必要になった場合には、作成の依頼から自分の手元に印鑑が届くまでにどのくらいの時間が必要なのかも知っておきたいですよね?

続いては、ゴム印を作成にかかる時間ついてを解説をしていきます。

即日発送も可能?印鑑の作成にかかる時間

ゴム印の作成時間 先程もお話しましたが、ゴム印は種類によっても入手のしやすさが変わるので、はんこ屋やホームセンターなどで販売されているような既成品のゴム印であれば、すぐに購入することができます。

ただ、既製品とは違って会社の住所や会社名、ロゴなどを入れたオリジナルのゴム印だとなんとなく時間がかかってしまいそう…

そんなイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

でも実は、会社名やロゴを入れたゴム印でも、注文から即日発送を行ってくれている印鑑ショップも数多くあります。


例えば先程ご紹介したゴム印ドットコムですと、当日の18:00までに注文を行えば翌日には出荷をしてくれます。

さらにゴム印ドットコムはハンコヤドットコムと同じように、+54円で即日出荷サービスも展開。

「なるべく早くゴム印を作成したい」とお急ぎの方はぜひご利用してみてはいかがでしょうか?

ただし、翌日出荷・即日出荷共に素材や特殊用途のゴム印の場合には、対応していないこともあります。

せっかく印鑑を作成しても、使いたい時に手元に印鑑が届かなくて使えなかった…

なんてことのないように、ご自身が欲しいゴム印の作成にどのくらいの時間がかかるのかは、作成前に事前に確認しておくことをおすすめします。

住所はどこまで入れれば良いの?

住所印の印字について ゴム印を作成する際に、住所をどこまで印面に印字すれば良いのか悩まれれる方もいらっしゃいますが、一体どこまで印字するのが良いのでしょうか?

ゴム印は、手書きなどの手間を省くための用途として使うことが多い印鑑。基本的に手書きの手間を省くために必要な情報はなるべく入れるようにする方が効率は良くなります。

そう考えると、必要な情報であれば、会社の住所もなるべく詳細に印字した方が使い勝手が良いということです。

特に、作成したゴム印を会社の登記情報や銀行からの借入時などの書類で使用する場合には、登録した情報とも一致させて置いた方が、使い勝手はかなり良くなります。

ゴム印としての使用用途も考えて、作成する際にはどういった情報を印面に印字するのかを決めると良いですね。

安い価格で印鑑が作れるおすすめの通販サイト

ゴム印を安い価格で作成できるおすすめの通販サイト ゴム印の作成についてご紹介してきましたが、オリジナルのゴム印を作成する時にはいちいちはんこ屋さんに出かけていって、会社の情報やロゴの資料を渡すのは面倒ですよね?

そういった時には、ネットの印鑑専門通販サイトを利用が便利。会社の情報をネット上でやり取りするだけで簡単にゴム印を作成することができます。

先程もご紹介しましたように、お急ぎの場合でも即日出荷に対応している通販サイトがほとんどなので、できるだけ早くゴム印を作成したい方にとっても嬉しいですね。


さらに、その他の法人印鑑の作成も検討していらっしゃる方は、ゴム印を法人実印・銀行印・認印と併せて作成するとセットでお得に作成することができるのをご存知でしょうか?

多くのネットの通販サイトでは法人を設立される方のために、会社設立セットを用意しています。しかもかなり安い割引価格で印鑑を作成することができるんです。

印鑑通販サイトの大手のハンコヤドットコムでは、法人印鑑の会社設立セットが最大で60%OFFと圧倒的な価格で印鑑の作成を行うことができます。

ご自身の欲しい印鑑について、セットで購入するとどのくらい安い価格で購入できるのかを詳しく知りたい方は、おすすめの印鑑特集セットをご覧ください。

ハンコヤドットコムの印鑑特集

人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間35万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース