100均の印鑑で実印・銀行印に登録するのってあり?

100均のはんこは実印に登録できる?

100円均一ショップの印鑑


ダイソーやセリア、キャンドゥなどの100円均一ショップ(100均)には、既成の認印がたくさん売られています。

100均の印鑑でも、実印や銀行印として登録できるのでしょうか?

結論としては100均の印鑑でも実印や銀行印の登録は可能です。
(自治体によっては実印の登録はできないことがあります)

実印は、お住まいの市区町村に登録された印鑑で、人生を左右するような高額の契約において、自分自身が契約したと確認・証明する非常に重要な印鑑です。

銀行印もご自身の口座開設や窓口でのお金の引き出し、振込などに使う印鑑ですので、重要性は実印と並びます。

お察しの通り、100均の三文判で実印や銀行印を登録するのは大きなリスクになる可能性があるんです。

三文判で登録するリスクを押さえて、安全な実印・銀行印登録をしましょう。



なるべくやめたほうがいい!三文判で印鑑登録

三文判は実印登録できない


アルバイトや、何か簡単な契約をするようなとき、「印鑑を持ってきてください。三文判でも認印でもいいですよ、でもシャチハタ以外で。」と言われることがあります。

三文判や認印やシャチハタとは、いったいどんなものなのでしょうか?


三文判と認印、100均はんこの違いと関係

三文判は、機械で大量に生産された既成の印鑑のことを言います。100円均一ショップの印鑑もこの「三文判」に分類されます。大量生産なので、珍しい名前の方は作られていないことが多いです。

日本人に多い姓であれば、ほとんどの場合100均や文房具店で売られています。
一般的には認印として売られています。

認印とは、ご自身の意思表示をするために押印するための印鑑です。

例えば、アルバイトの雇用契約書に押すようなとき、「この内容に理解了解しました」という意味で、自署とともに認印を押印します。認印であっても「ご自身の意思表示をするために押印するための印鑑」ですから、その契約の効力は有効となります。

シャチハタは、機械で大量に作られているという意味では三文判に分類されます。しかし、インク内蔵型のために印影がその時によって変わってしまったり、文字の形が変形することもあり、シャチハタは認印としては使うことができません

シャチハタが便利なのは、インクが内蔵されていることで朱肉が不要だということ。宅配便の受け取りなどで朱肉をすぐに取り出せない場所で便利に使えます。


もし100均はんこで登録したら…どんなことが起こりうる?

100円均一ショップの印鑑は三文判ですから、機械で大量に作られた印鑑です。また、それは苗字だけが刻印されているものです。

自分と同じ苗字であれば、同じ書体の同じ大きさのものがいくつも存在することになります。

実印は、大事な契約などの際に使用する自分の分身ともいえる印鑑ですし、銀行印はご自身の銀行口座に置かれているお金を操作することのできる、お金にかかわる重要な印鑑です。

そんな重要な印鑑に、100均の印鑑を使うと・・・?

100均で売られている三文判は簡単に偽造や複製ができるため、知らない人に勝手に自分の代わりに契約され、いつの間にか大きな借金を背負っていた、気が付いたら自分の銀行口座のお金が無くなっていた、なんていうトラブルに巻き込まれる可能性が高くなってしまいます。

100円ショップの三文判でも実印登録、銀行印登録は可能ですが、上記のようなリスクがあるため、実印や銀行印用の印鑑は、しっかりしたものをご用意されることをおすすめします。


実印は一人に一本だけの縁起物です

実印用の印鑑は縁起物を選ぶと良い


実印は、先ほども紹介しました通り、お住まいの市区町村に登録された印鑑です。不動産購入などの人生を左右するような契約あるいは高額な契約において、自分自身が契約したと確認・証明する非常に重要な印鑑であり、自分自身の分身のようなものです。

日本の法律では、実印は15歳以上が登録できる1人1本の絶大な効力を持つ印鑑です。

これだけ重要で、大切な契約に使う印鑑だからこそ、実印を作るときには「縁起」を考えるべきだと良く言われます。

文房具屋さんや100均で売られている印鑑、三文判を実印として登録するのではなく、やはり安全性や縁起を考えて作成したいもの。

実印となる印鑑を作るときには、できれば姓名を両方刻印し、書体も慎重に選ぶと良いでしょう。

さらに、印鑑の大きさや数多くの印材の中から自分に合ったものを選ぶことで、安全性は高くなり、自分の人生にプラスをもたらす自分の分身として、愛着のある一生使える印鑑となります。


実印・銀行印登録用の印鑑はどこで買うのがおすすめ?

印鑑はどこで買うべき?


これまで見てきたとおり、100円印鑑は実印、銀行印登録ができるものの、非常に大きなリスクがあるというのはお分かりいただけたかと思います。

実印のための印鑑は、素材や書体をしっかり見極めて作ることをおすすめします。文房具屋さんですぐに購入できる印鑑を実印や銀行印として使用するのは危険です。

では、実印用や銀行印用の重要な印鑑はいったいどこで買ったらいいのでしょうか?

それは、通販のはんこ専門ショップです!

もちろん実店舗で購入することもできますが、通販ショップと実店舗の価格を比較すると通販ショップの方が安く、印鑑によっては半額以下で購入することができます

一昔前は、逆に「印鑑をネットで購入するなんて危ないんじゃないの?」というような考えもありましたが、昨今では、インターネット上のはんこの通販ショップが大人気。書体や印材の種類も豊富です。

手彫りで印鑑を彫っているショップもあり、手彫りですと安全面はさらに高くなります。

さらに、多くの通販ショップが提供しているサービスで、自分が選んだ書体でどんなふうに自分の名前が刻印されるのか、どんな印影になるのかをネット上で視覚的に確認することができるプレビュー機能というものがあります。

仕上がり具合を確認してから、安心して注文することができるというわけですね。

専門店という信頼感と豊富な印材と書体、また自分の目で確認ができるという安心感のそろったお店で、大切な実印を作成することをおすすめします。


実印・銀行印作成ならハンコヤドットコム


人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間34万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース