認印の基礎知識~実印との違いを解説~

認印の基礎知識を知ろう

認印とは?
認印とは、印鑑登録がされていない日常生活で署名に使われる全ての印鑑を指します。

皆さんが普段、荷物の受取りの際に使ったりする、日々の生活で最も頻繁に使う印鑑だと捉えて問題はありません。

例えば、実印の捺印が必要ない契約書に使用したり、宅配便の受け取りに使ったりするのも全てが認印です。使用する機会も、人目に付く機会も一番多いのが認印だと言えます。


ただし、1点注意しなければならないことがあります。

それは、認印にも法的な拘束力が発生するということです。

印鑑はそもそも承認したり、意志の確認をしたりするもの。例えば商品の購入などにおける契約書に認印を押す際には内容をしっかりと確認してから捺印する必要があります。

認印だから、気軽に押しても問題がない、ということは決してなく、しっかりとした法的効果を持つ印鑑なのだということを認識する必要があるのです。
認印の法的拘束力

認印の用途

シャチハタと何が違うの?

認印とシャチハタの違いを結論から申し上げますと、認印が実印や銀行印、さらには訂正印などといった印鑑を使用する目的別に分けた分類なのに対して、シャチハタは印鑑そのものの分類だという違いがあります。

より分かりやすく違いを説明すれば、シャチハタは印鑑の素材における、象牙や黒水牛、さらには柘植やチタンといった印材の違いにも似たような商品としての種類の分類の一部に過ぎないのです。

つまり、シャチハタは認印の種類の一つであるということ。

認印が日常生活に浸透しており、同様にシャチハタも気軽に使用することができる印鑑であることから、シャチハタと認印のイメージを混同させている人が多くいるのだと考えられます。

シャチハタとは

では、具体的にシャチハタとはどういった印鑑なのでしょうか。

シャチハタは名古屋に本社を置くシャチハタ株式会社が製造する、インキ浸透印と呼ばれる印鑑です。印鑑というよりもスタンプに近いものだと思ってもよいかもしれません。

シャチハタ最大の魅力は朱肉を付ける必要が無く、印鑑の内部にインクが入っているため、ポンポンと楽に押印ができることです。これが、その他数多くの印鑑との最大の違いとなっています。
シャチハタとは?

シャチハタの注意点

先ほど、シャチハタは認印の一種と説明しましたが、必ずしも全ての場面で認印として使用できるわけではありません。

シャチハタは実印や銀行印としてはもちろん使用できませんが、認印としても、生命保険や傷害保険の契約などには使用することができません。

一方、回覧板を回したり、郵便物を受け取ったりする程度の使い方であれば認印としても使用可能です。


では、何故シャチハタは認印として使用することが出来ない場合があるのでしょうか。

それは、シャチハタがゴム印であるということと、朱肉を使用していないという点に理由があります。

まず、シャチハタは大量生産でコンピュータによって造られたゴム印です。安価な反面、印鑑の特徴である唯一性が失われているという欠点があります。

また、ゴム印は劣化しやすく印面が変化しやすいという欠点もあります。

加えて、シャチハタは朱肉ではなくインクを使用していることも認印として使用できない場合がある理由になっています。インクは朱肉と比べて紫外線による劣化に弱いという特徴があるのです。

時間が経つに連れて印影が薄く消えていってしまうので、正式な署名印としては不向きです

以上が多くの印鑑とシャチハタとの違いです。もちろん、時と場合を選べば非常に便利な印鑑となるシャチハタですから、違いを理解したうえで上手く利用して下さい。


認印と三文判の違い


認印と三文判の違いは何でしょうか。

この違いを理解するためにはまず三文判が何なのかを理解する必要があるでしょう。

実は三文判の定義はハッキリしていないのですが、一般的に三文判は「安価な大量生産のはんこ」のこと。プラスチック製のものが多く存在しています

印鑑の中には様々な印材で造られたものが存在しています。

最高級の物としては、象牙や黒水牛などが有名。金属製のものもあれば、なかには天然石で造られた印鑑も。三文判はこれらの中でも最もグレードが低い印鑑です。

三文判も数ある印鑑の1種なので、印面がキチンと写って朱肉を使用するものであれば、認印として使用することが可能。

つまり、三文判は安価な認印の別称なのです。

三文判はハンコ屋さんや文具店、ホームセンターなどで購入することが可能。

最近では、100円均一などでも入手できます。大量生産で造られたものですから、安いのが何よりも人気の理由となっています。

また、安いとはいっても朱肉を使って押印をすることができるため、シャチハタとは違い、押印を拒否されることはほとんどありません。

印面のサイズが規定に合っていれば、実印や銀行印としても登録することが可能です。
三文判と認印の違い

三文判の注意点


安くて便利な三文判ですが当然デメリットもあります。

まず、グレードが低く安っぽいということです。なので、学生ならまだしも社会人の方が実印や銀行印として登録をするには少々不釣り合いな印鑑だとも言えます。

そして次に、大量生産であるがゆえに偽造の危険性があるということです。この点からも実印や銀行印には向いているとは言えません。

以上が三文判と認印との違いです。三文判の特徴や利点、さらにはデメリットもしっかりと理解した上で上手に利用して下さい。


認印は実印として使えるの?


よくある質問に「認印は実印として使えるのか?」といったものがあります。

その答えは、

認印を実印として登録することも可能だが、セキュリティの観点からおすすめしない

です。

まず実印とは何かを押さえる

まず、実印とはどういった印鑑なのかを確認しておきましょう。

実印とは、住民登録をしている市町村の役場に登録された印鑑のことを指します。

認印や銀行印などと比べても法律上の効力が強いのが特徴。

公的な身分を証明する目的などで使用するため、実印を使用する身近な例としては車の購入や住宅ローンの契約などが挙げられます。実印を押すことで法的、そして社会的な責任が生じるのです。

実印は市町村ごとに決められた規定をクリアしていればどのような印鑑であったとしても登録を行うことが可能です。

一般的にはサイズの規定と素材の規定があるのみです。

印面が変化しやすいという理由からシャチハタなどのゴム印は実印として登録することはできませんが、木製、金属、天然石問わず大抵の印材であれば実印としての登録が可能。

もちろん、安価な三文判であってもサイズの規定を満たしていれば登録が可能です。
実印の使用場面

併用の危険性

しかし、問題となってくるのは印鑑の安全性です。

認印を実印として併用しするために登録するということは、普段から実印が人目にさらされることになるということを理解しなければなりません。

頻繁に使用するのが認印ですから、当然紛失のリスクも高まります。人目に付きますから、盗難や偽造のリスクも高まるでしょう。

使用頻度が増えることから損傷の可能性も大いにあります。

こういったことから、認印を実印として使用することはあまりおすすめできません。それぞれの印鑑の役割を考えた上で複数の印鑑を使い分けることが推奨されます。


銀行印として使用可能??


認印は銀行印として使えるのか?

という質問の答えは次の通り、

認印を銀行印として登録することは可能だが、セキュリティの観点からおすすめしない

これも先述した、「認印は実印として使えるのか?」と同じ内容となります。

銀行印は実印程の法律上の力こそないものの、金融機関に登録をする大切な印鑑。偽造・紛失・破損といったリスクはなるべく減らす必要があります。

通帳と銀行印があれば窓口から現金を引き出せることを考えると、日常的に使用する認印と銀行印を同じにすることはリスクが高過ぎると言えます。

紛失、窃盗はもちろん、安価な大量生産の認印を銀行印として使用していたのならば、偽造のリスクもあるのです。

こういった点から、銀行印も認印と同様にセキュリティの観点からおすすめすることは出来ません。認印は認印で1本印鑑を購入して銀行印は銀行印で1本少しグレードの高い印鑑を購入することをおすすめします。
認印を実印や銀行印と併用すると危険

印鑑の名前はフルネームで作るべき?


認印はフルネームにすべきなのでしょうか...?

という疑問をお持ちの方、お答えします。

認印なので、好きにすれば大丈夫です。

というのも、認印は荷物の受取りなど、日常で形式的に署名する際に用いられるはんこ。フルネームの印鑑にするのかどうかは、各々の事情に合わせて選べば良いと考えられます。

では、認印をあえてフルネームにすべき人はどういった人なのでしょうか。

例えば、職場やバイト先などで同じ名字の人が居て紛らわしいという人であればフルネームの認印を持つメリットは大きいと言えるでしょう。

また、佐藤さんや鈴木さんといったメジャーな苗字の人であれば、フルネームもしくは名前だけの認印を持つ利点は大いにあると言えます。

認印には「印面をこうしなければならない」という決まりは無いのですから、事情に合わせて選ぶのがベスト。


ただし、逆にフルネームにすると不便な場合もあります。


例えば、未婚の女性が一生使っていく認印を購入しようと考えていたとします。

この場合であれば、結婚してから苗字が変わることを踏まえてフルネームではなく、名前のみの認印を作るのが良いでしょう。

また、家の玄関先に置いて郵便物の受け取りなどに利用する認印であれば、フルネームではなく家族が共用できるように苗字のみの印鑑を利用することが良いと考えられます。

自分のフルネームを他人に知られたくないという人であれば、苗字のみ名前のみの認印を持つのがおすすめ。これもやはり、認印がどういったシーンで利用されるのかを考えた上で決めるべきです。

最初に申し上げたように、フルネームにするのも、フルネームにしないのも基本的に個人の自由です。

会社員の方であれば、社内で利用する認印などは内部規定などが決められている場合もあるので、確認するといいでしょう。

認印は、基本的に自分の利用するスタイルに合わせて決めることができます。銀行印や実印の役割の違いと使用場面の違いを理解した上で、フルネームの印鑑にすべきかを考えてみて下さい。


以上、認印の基礎知識や他の印鑑との違いについて説明しました。

認印は、形式的に使われることが多く、あまり重要でないと認識されがちですが、こうして見てみると、様々な注意点があることがお分かりいただけたかと思います

認印は100円ショップなどのはんこで済まされがちです。

しかし、耐久性があまりなく、すぐかすれて使い物にならなくなってしまいますので、一本少し高くてもしっかりとしたものを購入しておくのがおすすめです。

印鑑通販サイトであれば、豊富な種類の印材から選べるので便利。印面の字体も、一つ一つ異なるもので作成してもらえるので安全です。

仕事で使うものですと、周りからの評価にもつながるので、高価なものを用意するといいでしょう。




人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間35万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格

印鑑通販サイトの一括検索

印鑑通販サイトの一括横断検索

印鑑通販サイトランキング

印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース