印鑑の一般的なサイズと選び方

印鑑のサイズについて全て説明します!

印鑑・実印・銀行印のサイズ


印鑑の大きさについて、あなたは意識したことがありますか?

おそらく「ない!」と答える方が多いことでしょう。

普段、認印などを購入される際はサイズについてはそれほど気にされませんよね。スーパーや文房具屋で売っているもので適当に済ませている方も多いはず。

ここでいう「サイズ」とは、印鑑の太さのこと。印面の直径の大きさの選び方についてです。

普段使いの印鑑であればサイズに関してあまり気にする必要はありませんが、実印や銀行印といった登録印鑑であれば大きさについて考える必要があります。

というのも、実印であれば、登録できる印鑑にサイズの規定があったり、また普段使いの認印と区別するために大きく作ることがおすすめされているからです。

ここでは、印鑑作成の際に押さえるべき、「サイズ」に関するポイントについてまとめました。あなたの実印・銀行印作りの参考にしてみてください!



一般的にどのサイズの実印・銀行印を使うもの?

さっそくですが、一般的に用いられている実印・銀行印のサイズについて見ていきましょう。

実印も銀行印も規定の範囲内であれば、どのサイズの印鑑を用いても大丈夫なのですが、他の印鑑との区別や持ちやすさの観点からおすすめされている大きさがあります。

印鑑はだいたい1.5mm刻み(10.5, 12.0, 13.5, …, 16.5, 18.0, 21.0, 24.0)の大きさで作成・販売されており、はんこの用途によって、これらの大きさからおすすめのサイズで選びます。

ここでは、数多くある通販サイトやはんこ屋でおすすめされているサイズから、最も多く販売されており一般的と思われる実印と銀行印のサイズを紹介します。


実印の一般的なサイズとは?

実印のサイズ

実印としてよく用いられる印鑑のサイズは、直径が15.0mm〜18.0mmのものです。

これは個人用として用いられる印鑑(他:銀行印、認印など)の中で最も大きなサイズです。実印は個人が用いるはんこの中でも、最も重要な印鑑として認識されているので、その存在の重み付けとして一番大きいサイズで作られるようになりました。

一般的に、女性は15.0mm男性は16.5mmまたは18.0mmの印鑑が実印用としておすすめされています。

この性別による大きさの違いには主に2つ理由があります。まず女性の場合、手の大きさが男性に比べて小さい方が多いので、使いやすさという観点から小さめの15.0mmが好まれます。

また、もう一つの理由が凶相である「後家相」です。夫婦において妻が夫よりも大きいサイズで実印を作った場合、女性の力や運が強くなり男性のほうが弱くなってしまうため、家庭に不幸が訪れてしまうと言われています。

そういった運勢学的な観点から、女性の方が小さめの印鑑で実印を作るという習慣が生まれました。他にも、妻は夫を立てる、女性は控え目に小さめの印鑑を使ったほうが印象が良いという意見などもあります。

これを聞いて「女性差別だ!」と不快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、あくまで古くからの慣習ですので、気にならない女性の方は大きめの実印を作っても大丈夫です。

実印は、銀行印・認印よりも大きいサイズで作る、16.5mm前後がおすすめということだけ押さえておくといいでしょう。

ちなみに登録するのは印鑑の印影ですので、印鑑の長さに関する規定はありません。


銀行印の一般的なサイズとは?

銀行印の大きさ

銀行印も実印と同様に、非常に重要な印鑑です。自分の財産を守るはんこですから当然ですよね。

よく実印が最も重要でその次に銀行印といった表現がされることがありますが、正直どちらも同じくらい重要な印鑑です。そもそも用途が違う印鑑ですので比較できるものではありません。

ただ、サイズに関して言えば実印と区別するために、実印よりも一回り(1.5mm)小さく作成するのが通例。銀行印として使用される印鑑の大きさは、13.5mm〜16.5mmのものが一般的です。

実印と同様に女性は男性よりも小さいサイズで作成することが多いですが(前項参照:実印の一般的なサイズとは?)、すでに実印を持っている方は、その実印と比較して一回り小さいサイズの印鑑を銀行印用として買うと良いでしょう。

余談ですが、個人で使用するはんこは他に「認印」があります。宅配の受け取りサインなどに用いる馴染み深いはんこですが、銀行印よりもさらに一回り小さいサイズの印鑑で作るのがおすすめされています。

つまりまとめると、サイズが 実印 > 銀行印 > 認印 となるように揃えるのがベストです!


印鑑通販サイトがおすすめする大きさとは?

おすすめ印鑑サイズ

実際に独自におこなった調査結果をここで紹介したいと思います。

はんこ通販サイトには作成の手引きを載せているところがたくさんあり、印鑑の用途や性別でおすすめしているサイズが若干異なります。

みなさんが満足のいく印鑑が作成ができるように、こちらでまとめたものを表で紹介しますので参考までにご覧ください。

※ここで紹介しているのは「実印」のサイズです。銀行印に関しては、1.5mm小さいサイズでお考えください!


女性 男性
ハンコヤドットコム 13.5~16.5mm 15.0~18.0mm
ハンコヤストアドットコム 13.5~15.0mm 16.5~18.0mm
はんこキング 16.5mm 18.0mm
国士堂 18.0mm 18.0mm
はんこプレミアム 13.5~15.0mm 16.5~18.0mm
はんこ屋さん21 15.0~16.5mm 15.0~18.0mm
ハンコマン 15.0~18.0mm 15.0~18.0mm
印鑑の匠ドットコム 13.5~15.0mm 15.0~16.5mm
ハンコワークスドットコム 15.0mm 16.5mm

各社のおすすめしているこちらの印鑑サイズ表を見ると、最もおすすめされている実印のサイズは、以下ということがわかります。

  • 女性:15.0mm
  • 男性が:16.5mm, 18.0mm


もちろん次に紹介する「実印の大きさの規定」を持っている印鑑であれば、どのサイズでも問題はありませんが、これだけ多くのはんこ屋が紹介しているのですから、こちらのサイズを参考に印鑑を作成されることが推奨されます。



実印の大きさに規定はあるの?

先におすすめの実印サイズについて紹介しましたが、登録できる印鑑には規定があります。

その規定とは印鑑の直径が「8mm〜25mm」の範囲に収まるもの。一辺8mmの正方形よりも大きく、1辺25mmの正方形よりも小さく収まるような大きさということです。

この印鑑サイズの規定ですが、市区町村ごとに定めることになっていますので、地域によっては若干の違いがある可能性があります。しかし、ほとんどの市区町村では8mm〜25mmで規定されているのでそこまで気にする必要はありません。

さらに言うと、多くの印鑑通販サイトでは実印用印鑑を12.0mm〜18.0mm程度の大きさで販売しているので、おすすめされているはんこを購入すれば、規定から外れることはまずありません。

どうしても心配な方は、自身が登録する役場にあらかじめサイズについて問い合わせると良いでしょう。

実印のサイズの規定

銀行印の大きさに規定はあるの?

一般的には銀行印のサイズ規定はありません。ただし、登録する金融機関によっては定めている場合もありますので、「標準サイズ」で印鑑を作成すれば問題ないでしょう。

ここでいう標準サイズとは、実印の規定と同じ大きさの範囲内という意味です。8mm〜25mmの間であれば銀行印のサイズとして問題ありません。

最も安全なのが印鑑通販サイトでおすすめされている大きさの銀行印を買うことです。



女性・男性での選び方の違い

男性・女性の印鑑の大きさの選び方の違い

所々ですでに説明しましたが、女性と男性で、同じ用途の印鑑でも大きさが異なる場合が多々あります。

女性は男性よりも小さめに印鑑を作成するのが通例です。

女性は小さいはんこを使用することで控えめに見られて良い印象を持たれる、また単純に手が小さいので使いやすいといった理由があります。

また、運勢の面で言うと、夫婦において女性の方が大きいはんこを使っていると、一家の大黒柱の夫の力を奪ってしまい、家庭に不幸が訪れるという言い伝えもあります。このような凶相のことを「後家相」といいます。

後家相はあくまで昔からの慣習ですが、これらを総じて女性は男性よりも小さいサイズの印鑑を作る傾向にあるようです。

それでは、具体的なサイズを紹介していきましょう。


一般的に実印であれば、

  • 女性:15.0mm
  • 男性:16.5mm, 18.0mm


で作られることが多く、銀行印であれば、


  • 女性:13.5mm
  • 男性:15.0mm, 16.5mm


が印鑑通販サイトではおすすめされています。

性別による違いは、厳密に守る必要はありません。そもそも現代では女性の進出が進み、夫婦共働き、または一家の家計を妻が支えているという場合もありますからね。

実印のサイズ = 銀行印のサイズ + 1.5mm という式に当てはめて、はんこ屋や印鑑通販サイトでおすすめされている大きさで揃えるのが良いでしょう。


いかがでしたでしょうか?

印鑑のサイズに関しては特に厳しい決まりはありませんが、押さえるべきポイントはいくつかあることがおわかりいただけたかと思います。みなさんの実印・銀行印作りのお役に立てたなら幸いです。



印鑑のサイズの次は、実印に彫る名前について知ろう!
印鑑の名前

おすすめ印鑑通販ランキング
ハンコヤドットコム
実績No.1 信頼の高品質印鑑ショップ
年間34万件以上の出荷実績をもつ大手印鑑通販ショップ。薩摩本柘や黒水牛といった定番商品から、純天然黒水牛、チタンなどの高級品まで幅広い品揃えが特徴です。専属の印影デザイナーが作成しているので、実印や銀行印としても安心して使えます。
はんこプレミアム
品揃え豊富な格安印鑑販売店
印材の種類の豊富さと低価格販売が強みの大手印鑑通販ショップです。木材、水牛、象牙、チタン、そして水晶・天然石といった幅広いラインナップの印鑑を安心の10年保証付き、即日発送サービス付きで販売しています。手彫り印鑑が+1,980円で作成できる格安サービスも魅力的です。
ハンコマン
豊富な印鑑セット 安心の10年保証付き
10年保証付きの高品質印鑑が購入できるハンコマン。17時までに注文すれば即日発送サービスの対象となるので、お急ぎの方にとてもおすすめです。印鑑セットが充実しているのが特徴で、実印・銀行印セット・法人印鑑3点セットをはじめ、成人・就職・結婚祝い用のセットも販売しています。


人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間34万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース