女性が印鑑(実印)を作る際のポイント

女性の実印ってどう作ればいいの...?

女性の印鑑作成指南

「実印を作りたいけど、どうやって作ればいいのかわからない...」

「女性の実印って何か決まりがあるの...?」


普段、使う機会がめったにない実印だけに、いざ作ろうとなるとどうして良いかわかりませんよね。周りに聞いても曖昧な知識ばかり・・・。

それもそのはず、男性も女性も印鑑(実印)を作成する機会は人生で何度もあるわけではないので、一度実印を作ったことがある人でも忘れてしまいがちです。

ここでは、印鑑作成に悩みを抱える女性のために、女性が印鑑を作る際の5つのポイントをご紹介。

今すぐ印鑑が必要という方も、将来のために今印鑑を作っておきたいという方も、全ての女性にわかりやすくお伝えします。

女性の実印はフルネームで作るべきか、また、実印のサイズや書体、印鑑素材はどうしたら良いかなど女性の印鑑作成についてを項目別に見ていきましょう!



女性の実印作成のタイミング

結婚は実印を作る一つのタイミング

「実印なんて必要になったら作ればいいんじゃないの?」

これはその通りで、実印を作成するタイミングというのは人それぞれ違います。

特に、女性の方で実印を作る事が多いのが、結婚のタイミング。

これは、結婚により姓が変わってしまうため、新しく作り登録し直す必要があるからです。


また、証明印鑑は人生で数えられるくらいしか使う機会はありませんので、結婚時に初めて旦那さんと一緒に作るという方も多くいます。

実印は使う機会がとても少ないため、必要になったら作るという方が多いですが、できるならばあらかじめ作っておくことをおすすめします。

というのも、証明印が急遽必要になった時、慌ててよく考えず作ってしまうことが多いからです。

実印の公的な証明力は絶大。もし時間をかけずセキュリティーの甘い印鑑を作り、偽造・複製をされたりしたら危険です。

時間に余裕のあるうちにじっくり考え、偽造されにくい印鑑を選ぶのが良いでしょう。

好きな素材もゆっくり選べるのでおすすめです。


印鑑のサイズの選び方

女性におすすめの実印のサイズがあります。

それは、13.5mm または 15.0mm

なぜこのサイズなのでしょうか?


一般的に印鑑のサイズというのは、12.0mm ~ 18.0mm のものがほとんどですので、必然的にこの中のサイズで選ぶことになります。

さらに、実印は基本的に認め印や銀行印よりも大きいサイズのものを選びます。これは、他の印鑑との見分けをつきやすくするためです。

加えて、厳密な決まりはありませんが、一般的に女性の印鑑は男性のものよりも小さいサイズで作る傾向があります。

なぜなら、小ぶりな印鑑にすることで、控えめな印象を与えることができるからです。

サイズ 女性 男性 文字数 おすすめ用途
13.5mm 2行に苗字
名前 各2~3文字
女性用銀行印
15.0mm 2行に苗字
名前 各2~3文字
女性用実印
男性用銀行印
16.5mm 2行に苗字
名前 各2~3文字
男性用実印
法人用銀行印
18.0mm 2行に苗字
名前 各2~3文字
男性用実印
法人用代表印


また、夫婦で印鑑を作る場合、通常女性の印鑑は夫よりも小さいサイズで作ることが一般的。これは、妻は夫を立てるほうが良いと昔から言われてきた名残です。

もちろん、女性が大きいサイズで実印を作ることは可能です。特に、会社で役職に就いている方や出世を目指している女性は大きいサイズの印鑑を作成するのも良いでしょう。

また、印鑑の長さは60mmが押しやすいのでおすすめです。

女性の印鑑で多く使われているサイズ グラフ


女性は、ほとんどの方が13.5mm、15.0mmを使っているのがわかります。特に13.5mmを使っている方が半数以上を占めます。



名前はフルネームだよね?実は...

女性が実印を作成する際に一番悩まれるのが「名前」。

印面に刻まれている文字のパターンは、「苗字」「名前」「フルネーム」の3パターン。

実印用の印鑑となると、どれが一番正しいのでしょうか?


答えは、「どれでも良い」です。

ただし、女性の印鑑作成となると押さえるべき点があります。


女性は下の名前で

一般的に女性が実印を作る場合、フルネームではなく下の名前で印鑑を作成することが推奨されます。

その理由は、結婚によって苗字が変わることが多いからです。

もし、結婚前にフルネームや苗字で実印を作っていた場合、結婚して姓が変わった時に、新しく印鑑を作って登録し直さなければならなくなります。

でも、初めからフルネームではなく名前だけで印鑑を作成しておけば、すでに登録してある印鑑をそのまま使うことができるんですね。


また、これは結婚した際に作る場合にも言えます。

考えたくもないですが、結婚には離婚というリスクがあります。

もし結婚後に新しい苗字を入れフルネームで実印を作った場合、万が一離婚することになったときに、また新しく印鑑を作り直さなければいけなくなってしまうのです。

結婚する際に、いちいち離婚のことを考えるのも変な話ですが、フルネーム印ではなく、無難に下の名前で実印を作っておくほうが良いでしょう。

女性の実印は下の名前がおすすめ


名前がひらがなの私はどうすればいいの?

ひらがなの名前の女性は多いですよね。

そういった女性はどうすればいいのでしょうか?

答えは、「ひらがなの名前の女性は、ひらがなの印鑑を作成する」です。

堅いイメージのある実印ですが、ひらがなで名前が刻印された印鑑でも登録可能です。

むしろ、実印登録する印鑑は、名前が住民登録されているものと一致していなければならないので、名前がひらがなの方は絶対にひらがなで印鑑を作るようにしましょう。

無理に漢字を当てて、作る必要はありません。


コラム

実は、女性が下の名前で印鑑を作るべき理由がもう一つあります。

これはあくまで昔からの慣習による話なので、参考程度にご覧ください。

女性が、フルネームで実印を作らないもう一つの理由は、「後家相」です。

???

あまり聞き慣れない言葉ですよね。

後家相というのは、「女性の運が強くなりすぎてしまい、男性の運が奪われ、パートナーと死別したり離婚してしまうような相

後家相は女性の不幸を招き、女性のフルネーム印は後家相とも言われているのでおすすめできないと言われています。


ただ、現代では喜ばしいことに女性の社会進出が進み、社会では男性以上にバリバリ働く女性のかたがたくさん増えています。そういった方々で、フルネームの実印を使う方は多くいらっしゃいます。

もう一度言いますが、あくまで1つの意見ですので参考程度に考えてください。




女性の印鑑に人気の書体

細篆書体(太枠篆書体)

刻印する名前を決めたら、次は書体ですね。

女性用の印鑑、特に実印に適した書体とはいったい何なのでしょうか?


一般的に女性の実印というのは、男性のものと比較して小さいサイズのものが多いです。よって、実印用の書体は小さいサイズの印鑑でも立派に見えるものにします。

さらに、実印用の印鑑は偽造されにくくするために、判読が難しい書体を用いるようにするのが一般的。


立派に見えて読みにくい書体…

こうした条件に当てはまる女性の実印用で一番人気の書体は、「細篆書体ほそてんしょたい)」です。

普通の篆書体でも良いのですが、特に細篆書体は印面の縁を太くし、文字を細く刻印しています。

枠が比較的丈夫で欠けにくく、文字がやわらかい印象を与えるため、女性用実印には「細篆書体」はおすすめの書体です。


おすすめの印鑑素材を教えます!

実印を作る際に、最もこだわりたいのが「素材」ですよね。

どんな素材が女性に人気なのでしょうか?

ここでは女性におすすめの印鑑素材を2つ紹介したいと思います。


女性らしい美しさを放つ「琥珀」

女性の印鑑には、琥珀がおすすめ

女性に人気の印鑑素材のひとつ目は「琥珀」です!


「琥珀って聞いたことはあるけど、具体的にどんな素材なのかを知らない」という方もいらっしゃると思いますので、少し詳しくご紹介しますね。

琥珀は水晶のような透明感と輝きを持っていますが、実は元々は「樹脂」です。

その樹脂というのは今から約数千万年前から数億年前に地上に生い茂っていた木々が地中に堆積し、積もり積もって化石化したもの。

飴色をした水晶のようにも見えますが、鉱物ではないんです。琥珀の持つ美しい自然の模様と宝石のような輝きは多くの女性の方々を魅了します。


そして、印鑑素材としての琥珀は、軽く、手に馴染みやすく、さらに押しやすいという特徴を持っているので、印鑑としての実用性にも優れています。

ただ、少々欠けやすいという欠点もありますので、管理には十分に気をつけましょう。


琥珀のはんこが気になるという方には、貴石・宝石印鑑を多く取り扱っている、大手通販会社はんこプレミアムがおすすめ。

おしゃれで綺麗な印鑑がたくさん販売されているので、見ているだけでも楽しくなる品揃えですよ。


はんこプレミアムについて詳しく!!

今、流行りのおしゃれなチタン印鑑

おしゃれなチタン印鑑
女性用の実印としてもう一つおすすめしたいのが、チタン印鑑です。

チタン印鑑といえば、クールでメタリックな印象が強い、男性に人気の素材でおなじみですよね。

それでは、なぜ女性の方にもおすすめなのか?

それは、最近ではおしゃれなチタン印鑑がたくさんあるからです。

最近のチタン印鑑は、ボディがカラフルなものや、パワーストーンなどの宝石が埋め込まれたものなどおしゃれな印鑑がいっぱい。

女性用印鑑としてもおすすめのものがたくさんあります。

琥珀がいまいちピンとこないという方は、チタンを印鑑の素材として選ぶのも良いでしょう。


チタン印鑑が欲しいという方は、印鑑通販大手のハンコヤドットコムがおすすめです。

ハンコヤドットコムは、カラーバリエーションが豊富なプリズムチタニウム印鑑や、ジュエリーチタン印鑑などチタン印鑑の品揃えが豊富なんです。


ハンコヤドットコムについて詳しく!!


女性が印鑑を作る際のポイントを5つに絞ってご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

印鑑(実印)の作成に悩んだ時には、こちらでご紹介した5つのポイントを押さえておけば、きっと満足のできる印鑑を作ることができるはずです。

「でも、印鑑ってどこで作ればいいの?」

とお悩みの方は、印鑑を作る時のおすすめの方法をまとめていますので、ご参考にしてください。


印鑑のおすすめの作り方はどれ?
人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間35万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース