捨印・訂正印・印鑑の押し間違い はんこの役立つ知識を徹底紹介
捨印・訂正印・印鑑の押し間違いについて

印鑑は法的な効力を持っているため、捺印する際は慎重になる必要があります。

しかし、人間誰しもミスはするもの。

うっかり印鑑の押し間違いをしてしまうことがあります。その場合には正しい修正の方法があります。

また、書類の不備を見つけて、印鑑で訂正する場合もあるでしょう。この時に用いるのは「訂正印」です。さらに、訂正印の使用方法は2種類あり、間違いの箇所に押印するものと、「捨印」と呼ばれる修正方法があります。


  • 書類の不備を訂正したい・・・
  • 訂正印の捨印って何・・・?
  • 押す印鑑を間違えてしまった・・・

印鑑を使用する際のミスには様々な種類があり、訂正印を用いる場合や決まった修正方法をしなければならない場合など、訂正の仕方は異なります。

ここでは、訂正印の使い方、捨印の仕方、印鑑の押し間違いの正し方などについてご紹介いたします。

 


それでは最初に、訂正印の押し方について見ていきましょう。


今さら聞けない!!訂正印の押し方

訂正印の押し方は明確なルールがあり、「削除」「追加」「訂正」の3パターンによって変わってきます。一つ一つ順番に見ていきましょう。

まず一つ目に、書類の誤りのうち、余計な部分を削除するだけの場合について説明します。


削除

【削除】
重要書類において文字を削除したいだけの場合は、

  1. まず間違えている箇所に二重線を引く。
  2. その後、二重線の上に訂正印を押します。(「横書きの場合」、縦書の場合は右側に押す。)
  3. 最後に、印のすぐ近くに「削除◯字」と修正内容を記入します。
文書によっては、余白が狭く、印が押せなかったり、文字が書けないといったことがあるので、二重線を引いた後、書類の欄外の余白に印を押し、修正内容を記入するケースもあります。

その場合は、「△行目」も記すようにしましょう。 削除だけの場合の訂正印の押し方

追加

【追加】
文字を追加したいだけの場合は、以下の手順で修正します。

  1. 文字を追加する部分に「」「」「」などを追加する位置がわかるように書きます。どれを使ってもかまいせんが、同一の文書内では、同じ形のものを使わなければいけません。
  2. 追加する文字を記入。
  3. 追加した文字のすぐ近くに訂正印を押し、隣に「加入□字」と追加した文字数を書きます。スペースがない場合は、同様に欄外の余白の部分に印を押し、修正内容を記してください。(「△行目」も記入。)
追加だけの場合の訂正印の押し方

訂正

【訂正】
この場合は、削除と追加を組み合わせるような形で修正します。追加の時と違って「∨」などはいりません。

  1. 訂正する部分を二重線で消します。
  2. 横書きの場合はその上下のどちらかに、縦書の場合は左右のどちらかに正しい単語または文章を記入します。
  3. 近くに訂正印を捺印し、その隣に「削除◯字 加入□字」と修正内容を書きます。書ききれない場合は、欄外に印を押し修正内容を記すようにします。(「△行目」も忘れずに。)
契約などの場合は、当事者双方が押さなければ、訂正は認められません。また他の重要書類などでも、関わっている人すべてが印を押すようにします。


訂正印の正しい押し方がお分かりいただけたでしょうか?

もちろんミスの文書を作成することが一番ですが、不備がある場合はここで紹介した正しい方法で修正するようにしましょう。

正しい方法で修正しているかどうかは、信頼度にも関わってくることなので重要です。

それでは次に、訂正印のもう一つの方法、「捨印」について見ていきましょう。


訂正印のもう一つの方法「捨印」のやり方と注意点

文書を修正する際には、「捨印」という方法があります。

捨印とは、文書の欄外に予め訂正印を押しておき、修正の許可を与えておく方法です。

捨印を押しておけば、後に書類の誤りが見つかった場合でも、二重線を引き、修正内容を記入すればいいだけになり便利です。

このとき、捨印のそばに「△行目 削除◯字 加入□字」と修正内容を記すのも忘れないようにしましょう。

捨印

ただし、ここからが重要です!

一見、便利そうに見える捨印ですが、大きな危険性を含んでいます。

再度になりますが、捨印とは予め訂正印を押しておき、その後の文書の修正を認めることを示します。

これが何を意味するか?

それは、一度捨印を押してしまうと、その後文書の内容をいかに訂正されてしまっても取り消すことができなくなってしまうということです。

つまり、捨印は当事者間によほどの信頼関係がないと悪用されてしまい、たいへん危険です。特に、契約書には絶対に押さないようにしましょう。

原則としては捨印は使用せず、訂正箇所が見つかるたびに、訂正印を押すようにすることをおすすめします。


最後に、訂正印とはまた別の話になりますが、印鑑の押し間違いの訂正方法について説明したいと思います。


印鑑の押し間違いの対処法


押すつもりの印鑑とは違った印鑑を押してしまった!

という経験はありませんか?そんなときあなたはどうしたでしょうか?


まず、間違えた印影に二重線を引いて、それから...


はい!そこまで!!いったんストップです。

多くの方が、印鑑の押し間違いの際に二重線を引くと思っていますが、実はその方法は間違っています。

印鑑の押し間違いの正しい修正方法は、二重線を引くのではなく、間違えた印鑑の上にもう一度押します

この時の押す位置ですが元の印影に重なるように、修正印を少しずらして押すようにしてください。
印鑑の押し間違いの訂正方法
そしてその後、その隣に本来押すべきであった正しい印鑑を捺印します。

なぜ押し間違いの際に、二重線ではなくずらしてもう一度押すのか?気になりませんか??

これは、二重線ですと後から誰でも修正できてしまうからです。押し間違いの印鑑を再度押すことは、その本人しかできないので、盗まれることがない限り偽造はできません。

もちろん印鑑の押し間違いがないようにするのが一番。印鑑を押す際には、慎重に押すように心がけましょう。


訂正印に使われる印鑑

最後に、訂正印として使用する印鑑についてご紹介します。

訂正印に使われる印鑑ですが、押し間違えた印鑑をそのまま使うケースと、別の印鑑を使うケースの2つのパターンに分けられます。

同じ印鑑を使用するケース

重要な書類や契約書の場合は、実際に書類に捺印したものと同じ印鑑を用います。

特に、法人の取引で、銀行が絡む契約書の場合は訂正印に銀行印を使用した方が良いでしょう。

認印や専用の訂正印で修正した場合、銀行印を使用した訂正印を求められることがあります。


専用の印鑑を使用するケース

上記で紹介したような重要な書類や契約書ではないケースでは、よく専用の印鑑(訂正印)を使用します。

社内の内部文書や、個人の不動産契約やローン契約では、専用の訂正印で問題ないケースがほとんどです。

ただし、シャチハタなどのゴム印は避けるようにしましょう。シャチハタは公的な書類では認められていないことがありますので、専用の訂正印をおすすめします。


人気の印材は?

それでは専用の訂正印のおすすめ印鑑素材について紹介したいと思います。

ここでは業界最大手の通販印鑑ショップ「ハンコヤドットコム」で人気の訂正印を紹介します。

訂正印の一番人気の素材は「ブラストチタン」。

ブラストチタンをはじめとしたチタン印鑑は捺印性にとても優れていて、行間が狭い文書などで捺印が難しい場合でも、訂正印をキレイに押すことができるので人気があります。

その他、人気の印材は黒水牛や薩摩本柘。

価格については、ブラストチタン > 黒水牛 > 薩摩本柘 となっていますので、選ぶ際の指標のひとつにしてもらえればと思います。


おすすめの書体

次に書体。

訂正印はその印鑑を押した人が誰か、というのがわかるように、文字の判別がしやすい書体がおすすめされます。

その書体は「古印体」と「隷書体」。銀行印や実印は篆書体といった文字の判別が難しい書体を使用しますが、上記の理由から訂正印には「古印体」と「隷書体」がおすすめです。



いかがでしたでしょうか。専用の訂正印についてよくお分かり頂けたかと思います。

専用の訂正印は、普通の印鑑よりも細いものが使われます。通販サイトなどで売られてるものは大体6mm幅。

これは、訂正印は書類の余白や行間に捺印するので、印を押すスペースが小さい場合でも押しやすくするためです。

実印や銀行印は偽造されると大きなリスクになりますので、あまり頻繁に使用するものではありません

ごく普通の社内文書など、比較的重要ではない書類用に、専用の訂正印を一本持っておくと良いでしょう。


訂正印は業界No.1のハンコヤドットコム





人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間34万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース