銀行印の名前を決める際のポイント

金融機関に口座を作ろうとすると必ず必要になるのが「銀行印」。

新しく銀行口座を開こうと考えている人はもちろん、複数の口座を持つ人であれば口座ごとに新しく印鑑を作るのが一般的です。

銀行印をはじめ、印鑑を作る際に、いろいろと考えさせられるのが、はんこに刻まれる「名前」です。

  • 今までは苗字のみの印鑑を使っていたけれど、名前だけの印鑑でも登録できるの?
  • 子供の名前がひらがなだけど、ひらがなの印鑑でも登録できるの?
  • 外国人の友人に印鑑をプレゼントしたいけれど英語でもいいの?

このページでは、銀行印の「名前」に関する疑問に、QA方式でお答えしたいと思います。これから銀行印を作ろうと考えていらっしゃる方は必見です。



銀行印は名前のみで作れる?


銀行印を名前のみで作ることは可能です。

銀行印として登録できる印鑑のルールは金融機関ごとに細かく決められていますが、ほとんどの金融機関で名前のみ彫られた印鑑を登録することに問題はありません。

銀行印は名前のみの印鑑で登録できる

大抵の金融機関ではシャチハタ印鑑での登録こそできないものの、下の名前だけで作られた印鑑での登録を拒否されるといったことは無いようです。

ルールに関しては内部規約となっていてホームページなどでは公表されていない場合もあります。

どうしても心配という人は、口座解説を予定している金融機関の担当者に直接聞いてみることをおすすめします。


未婚の方、特に女性の方であれば、結婚を境に苗字が変更になる可能性もありますから、名前のみの印鑑で登録される方がいらっしゃいます。

名前のみの印鑑であれば、結婚後も届け出を変更することなく使い続けられるため、再登録の手間がかかりません。

今後、苗字が変わる可能性がある方、特に若い女性が新しく印鑑を作ろうと考えているのであれば、フルネームの印鑑ではなく、名前のみが彫られた印鑑の購入を検討してみてもいいかもしれません。


ひらがなのはんこでもオーケー?

基本的に、金融機関に登録をする印鑑の名前はひらがなでも問題ありません。

住民票に記載されている名前がひらがなの場合は当然、印鑑に彫られている名前がひらがなで問題はありません。

名前がひらがなのひとはひらがなで作成

また、多くの金融機関では本名が漢字で印鑑に彫られている名前がひらがなの場合でも、銀行印としての登録を受け付けているようです。

私が調査した金融機関ですと、三菱東京UFJ銀行などが受け付けていることが分かりました。

ただし、全ての金融機関で対応が同じではありません。

金融機関の公式ホームページなどを見ても「シャチハタでの登録は出来ません」程度の記載しか無い場合がほとんどです。

名前がひらがなの方でも、金融機関に登録をする印鑑はセキュリティの面から金融機関ごとに違う印鑑を新しく購入して登録を行うことをおすすめします。

というのも、一つのはんこを複数の銀行印として使いまわしていると、偽造されるリスクが高まるからです。

また、無くしてしまった際に、すべての金融機関で再登録の手続きをしなければいけなくなります。

登録できると思ってひらがなで作ったら、実はできなかったということも、無いとも言い切れません。

面倒な手間が増えてしまう可能性もありますから、念のため事前に電話などで確認を取っておくと安心して銀行印の登録を行うことができるでしょう。


名前は縦書き?それとも横書き??


銀行印の名前は縦向き?それとも横向き??

結論から申し上げますと、「ほとんどの金融機関では縦向きでも横向きでも銀行印として受け付けているため、自分の好みによって決めるのが良い」です。

銀行印は縦書きでも横書きでもどちらでもオーケー


一般的に、漢字は縦書きで記述されるのが普通ですので、はんこに刻まれる漢字も縦書きが主流となります。

ただし、銀行印に関しては、横書きでも作成される方が、なかにはいらっしゃいます。これは、一種の開運効果としての意味合いが関係しています。

銀行印はお金に関連する印鑑。縦書きですと、お金が下に流れていってしまうという見方ができるようです。

一方、横書きであれば、受け皿となりお金が貯まっていくと見ることができ、金運が上がると言われています。


また、銀行印を横書きにし、認印や実印に縦書きの印鑑を用いることで、区別をしやすくできるというメリットもあります。


ただし、実印や銀行印はサイズを変えて作るのが一般的ですし、違う素材を用いて作ることもできます。開運効果に関しても、あくまで古い言い伝えのようなものですので、深く考える必要はありません。

どうしても、名前を横向きにするのか縦向きにするのか決められないという人は、一般的な縦書きで作ることをおすすめします。フルネームで漢字の記載を希望するのであれば縦向きに名前を彫るのが最もポピュラーです。

また、横向きは印面を見た段階では文字が左右反転しているため、名前を直ぐに判別することが難しいというデメリットがあります。

このため、銀行側の手間のことを考えれば無難に縦向きにしておくのが良いという意見もあります。

基本的には銀行印の名前の向きは自由ですので、これらの意見を踏まえた上で自分好みの印鑑をデザインしてみてください。


女性の銀行印のポイント

女性が銀行印の名前を決める際にポイントとすべきところがあります。

それは、印鑑の名前をフルネームにするのか、名前のみにするのかということです。

結婚を機に苗字が変わる可能性がある人であれば下の名前のみの印鑑を作ることがポイントです。

銀行印はフルネームでも、苗字のみでも、そして名前のみの印鑑でも登録することが可能。金融機関によって登録印鑑の規定は異なりますが、一般的にルールはそこまで厳しくありません。

シャチハタではない、朱肉を使用するタイプの印鑑であれば問題なく銀行印として登録をすることができます。

結婚をした後でも、名前のみの印鑑であれば旦那様の印鑑と混同することもないでしょう。

男性はフルネームもしくは、苗字の印鑑を持っている方が多いので、夫婦で印鑑が混同してしまう危険性を減らすこともできます。

結婚で苗字が変わるので女性は下の名前で作る


ただし、名前のみの印鑑にもデメリットはあります。それは、フルネームの印鑑と比べると安全面では頼りないという点。

どうしても、名前のみの印鑑よりもフルネームの印鑑の方が偽造の危険性が少なくなっています。とはいっても、しっかりとした管理を行えばそれほど問題はありません。


男性の銀行印のポイント

男性向けの銀行印の名前のポイントとしては、特別な理由がなければフルネームで印鑑を作るということ。

もちろん、銀行印にはフルネームだけではなく、苗字や名前のみの印鑑でも登録することは可能です。

しかし、こと男性に限って言えばフルネームの印鑑を作って登録することがおすすめされます。

理由は大きく2つあります。


1つ目は、印鑑の安全性

銀行印は大切な財産を扱う金融機関に登録する印鑑です。通帳と銀行印があれば窓口で現金が引き出せるということから考えても銀行印は他人に盗難や偽造されてはなりません。

この他人に偽造されるという点からいうと、フルネームの印鑑は苗字や名前の印鑑に比べて偽造されにくいという特徴があります。

さらに一点ものの印材を使い、書体を工夫すればさらに偽造されるリスクは低くなるでしょう。


2つ目に、フルネームの印鑑にすることで、他の印鑑との誤用を防ぐことができるというメリットがあります。

銀行印は安全性を保つために、認印として併用することはおすすめできません。そのため、ほとんどの人が日常的に使用する別の認印を持っているはずです。

多くの方が認印には、苗字のみの印鑑を使っていると思います。もし銀行印が認印と同じ名前だった場合に銀行印を認印として使用してしまうというミスが起きやすくなってしまうのです。

もちろん、逆のパターンも生じる可能性もあります。口座の引き落としをしようとして、間違えて認印を押してしまうという間違いをしたことがある人もいるのではないでしょうか。

こういった間違いをできるだけ無くすためにも、銀行印をフルネームにして区別を付けておくことがポイント。

さらに、印鑑の印材や書体を工夫して日常的に使う認印やほかにも銀行印を持っている場合はそれらと区別をつけておくことも大切です。
安全面で考えるのならフルネーム

下の名が一文字の人はどうする?


名前が一文字の人が印鑑をつくる場合には次の3つのパターンが考えられます。

1つ目は、名前一文字で印鑑を作るというパターン。フルネームの印鑑をどうしても作らなければならない人以外は、この方法が一番簡単な方法です。

名前だけの印鑑は銀行印として登録することができるの?と心配になる人もいますが、これは問題ありません。

ほとんどの金融機関で受け付けてくれるはずです。朱肉を使って押印するタイプの印鑑であれば、名前一文字の印鑑でも受け付けて貰えます。


2つ目のパターンは、文字のスキマの部分に「」や「之印」という文字を入れて印面のバランスを取るという方法です。

名前が一文字の人が一番悩まれるのが、文字のバランスが上手く取れないということ。

例えば、苗字が二文字で名前が一文字の人の名前を縦向きで配置しようとした場合、名前の部分がどうしてもアンバランスになってしまいます。

これを解消する方法として古くから用いられてきたのが、「」や「之印」の文字を入れる方法です。
名前が奇数の人は、「印」の字でバランスを取る


自分の名前にこれらの文字を追加して入れたとしても、印鑑としての効力は全く変化しません。さらに、銀行印としても問題なく登録することが可能です。

「印」や「之印」の文字を入れることに特に抵抗がない人であれば入れることをお店の人に相談してみて下さい。


そして、3つ目の方法は、書体や文字のデザインを工夫することによって印面の文字のバランスを取る方法です。これは、お店の人に直接相談することになります。

既成品の印鑑では文字の書体などを微調整することは難しいですから、必然的にオーダーメイドの印鑑を作る必要が出てきます。

値段などはお店によってまちまちですし、文字のデザインもお店の担当者の技量によって変わってくるでしょう。

3つ目の方法は、印鑑の注文前にしっかりとした打ち合わせが必要になります。ただ、余分な文字を追加することなくバランスの良いフルネームの印鑑を作ることができる方法です。

自分の納得できる印鑑を作ることができる方法を値段と比較しながら選択することをおすすめします。


下の名が三文字の人はどうする?


名前が3文字の場合、印面文字の配置のバランスを取る方法が大きく2つ考えられます。

1つ目は、「」や「之印」を入れて文字のバランスを取る方法。
2つ目は、文字の書体を上手く工夫して文字をデザインし直す方法です。

どちらにせよ、バランスの良い納得ができる印鑑を作ろうと考えているのならば、お店の人にしっかりと要望を伝えてデザインを打ち合わせることが大切です。

適当にオーダーしてしまって、思っていたよりもバランスが良くなかったという人や勝手に「印」の文字を入れられてしまったという失敗談もたくさんあります。

特にインターネット通販サイトで購入を考えている場合は、メール、できることなら電話で直接相談ができるところで購入することをおすすめします。


英語名の印鑑の場合

外国人の方で、名前が英語の場合印鑑の名前をどうすればよいのか迷ってしまいますよね。

銀行印は「英語」でも「カタカナ」でも「当て字の漢字」でも大抵の金融機関で登録することが可能
です。

英語やカタカナの印鑑の場合は横向きの印鑑当て字の漢字であれば、縦向きでも可能です。

実印であれば、外国人登録原票に登録された名前でしか登録することができませんが、一般的に金融機関に登録する銀行印はルールが緩やかだといわれています。

ただし、細かなルールは金融機関ごとに異なるため口座開設をするまえに直接窓口に問い合わせをしておくことが大切。

また、外国人の友人にプレゼントする場合は、日本の印鑑の意味についても詳しく知らない人が多いですから、印鑑の使用方法や効力、それから管理方法についても一緒に教えてあげて下さいね。


以上が銀行印に関する様々な質問とその回答です。銀行印に関する疑問の応えが見つかったでしょうか。疑問を無くして、納得のできる銀行印をぜひ作って下さいね。


銀行印作成についてはこちら

人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間34万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース