銀行印とは~実印との違い・名前・登録方法~
銀行印に関する疑問

金融機関に口座を持っている人であれば誰しもが使用している銀行印。けれど、銀行印とは何なのか?と聞かれると意外と応えられる人は少ないのではないでしょうか。

今回はそんな銀行印について、詳しく解説をしていきます。

  • 銀行印とは何か?
  • 実印とどう違うのか?
  • 銀行印の登録はどうやって行えばいいのか?

などの悩みを持っているかたは、必見です。


銀行印とはどういったはんこ?

銀行印とは?

銀行印とはそもそもどういった印鑑を指すのでしょうか。

銀行で使うはんこというイメージはあるけど、具体的に何に使われるのかは知らないという方もいらっしゃると思います。まずは、基礎知識から見ていきましょう。

定義

一般的には、「金融機関の預貯金口座の開設や金銭の出納の際に使用する印鑑」として認識されています。各銀行に規定こそあるものの、法律による細かな規定はありません。

銀行口座を開設すると同時に登録を行うはんこのことだと言えば理解して頂けることでしょう。別の名前では、銀行取引印や銀行届出印などとも呼ばれています。

銀行印はお金と非常に密接に結びついた印鑑なのです。
銀行印の用途


使用場面


銀行印はその銀行に口座を持つ本人であることを証明するという、非常に重要な役割を持っています。

金融機関の中には銀行印の代わりにサインを使用するところもあるようですが、日本の金融機関のほとんどが銀行印を使用していると考えてください。

銀行印を使用する場面としては、手形や小切手の発行などがあります。一番身近な銀行印の利用方法としては、家賃や公共料金などの口座引き落としの依頼です。

また、銀行印は通帳とセットで利用すれば窓口で現金を引き出すことが可能。ですので、非常に注意して管理をする必要がある印鑑だとも言えます。

金銭に関わるはんこですから、実印と並んで非常に大切な役割を持っている印鑑だと認識しておくことが大切です。
銀行印の使用場面

管理方法

お金と密接に結びついたはんこですから、認印や実印との共用はおすすめできません。

認印など普段からよく使用する印鑑と併用すると、印影が頻繁に人目に付いてしまい、偽造されるリスクが高くなります。

しつこいようですが、銀行印はあなたの財産を守る大切な印鑑。悪用されるのを防ぐためにも、他の印鑑との併用はしないようにしましょう。

理想は、各銀行ごとに銀行印を用意することです。

どのはんこがどの銀行の銀行印なのか分からなくなる、たくさん印鑑があると管理し辛い、というデメリットはありますが、大切な財産を守るためですから使い分けをすることが大切です。

とはいえ、たくさんの印鑑を区別するのはたいへん。どのはんこがどの金融機関の銀行印なのか分からなくなることもあるでしょう。

こういった事態には次の2通りの対処方法があります。

まず1つ目は、はんこに分かりやすい区別を付けて「どの印鑑が、どの金融機関の銀行印か分からなくなる」といった事態を防ぐ方法。

現在は昔と違い、たくさんのカラフルな素材のはんこが販売されていますから、金融機関ごとに特徴的な印鑑を使用することが可能となっています。

木材だけではなく、金属製の印鑑やデザインがカラフルなはんこまで多種多様なものが販売されています。特徴の異なるはんこを複数使用すれば、区別を付けることが出来るでしょう。

また、印鑑のアタリ部分に天然石を使用するなどして特徴を付けることもおすすめです。

2つ目は金融機関で印鑑の印影を確認するという方法。

これは、1つ目の方法を用いて区別を付けていたとしても、分からなくなった場合の最終手段です。

金融機関に行けば、複数ある印鑑の中からどれが登録した銀行印なのかを判別して貰うことが可能です。

どうしても区別が付かなくなった場合はこういった方法もあるので心配はありません。

ただ、やはり管理をするなら、なるべく印鑑は少ないほうが簡単ですよね。認印に比べて使う機会が少ないハンコなだけに、どれがどれだったか忘れてしまうことは起こりえます。

銀行印は金融機関以外では一切使わないと徹底できるなら、一本のはんこで十分でしょう。


銀行印と実印の違い

銀行印と実印との違いを知るためには、最初に実印とは何かを知る必要があります。

実印とは一体どういった印鑑を指すのでしょうか?違いを知るためにも、順番に整理して見ていきましょう。

実印とは

まず、実印とは住民登録をしている市町村の役所に印鑑登録を行なったはんこのことを指します。

申請を受理されたはんこであれば全て実印と呼ばれています。

もちろん、各市町村に細かな規定があるため全ての印鑑が実印として登録出来るわけではありません。

一般的には、印影のサイズが8mm以上〜25mm以内の正方形の中に納まるものが実印として登録できるとされています。

また、シャチハタやゴム印などの陰影が変化しやすい素材の物は実印として利用できません。

規定に合っていていれば、素材や形などは基本的に自由です。このため、規定に合っていればどのような印鑑でも実印として使用することができるとも言えます。

実印の定義について


両者の違い


では、実印と銀行印との違いは何なのでしょうか。

一番の違いは、印鑑の持つ役割の違いでしょう。

銀行印が金融機関において本人を証明するものであるのに対して、実印は法律上において本人の責任を明らかにするために使用される印鑑です。

では、実印とは、具体的にはどのような場面において使用される印鑑なのでしょうか。

例えば、不動産の取引や遺産想像、保険金や保証金の受理などが挙げられます。身近な例としては、自動車の購入や家のローンを組んだりする際に責任を示す証拠として実印が使用されています。

銀行印と実印は役割がそれぞれ異なり、どちらも重要なことには違いありません。

ただ、一般的には、法的な効力が最も強い実印が、一番重要な印鑑だと認識されています。

のため、実印として登録される印鑑は、認印はもちろん、銀行印との併用も絶対に避けるべき。

銀行印と実印の役割を認識した上で違いを理解し、役割にふさわしい印鑑を購入して登録を行うことが大切です。
実印と銀行印の違い


認印との違いは?


認印とは日常生活において、最もよく使われているはんこ。

荷物の受取や、会社の社内文書における署名など、普段何気ないシーンで使われるので、みなさんも最低一本は持っていることでしょう。

まずは、認印はどういった印鑑なのかを理解した上で、銀行印との違いを理解していきましょう。

認印の定義

まず、定義として、認印とはどういった印鑑のことを指すのでしょうか?

ズバリ結論から言いますと、認印とは印鑑登録をしていないはんこを指します。

つまり、実印として印鑑登録をしていなかったり、銀行印として金融機関に登録をいなかったりすれば、そのはんこは認印なのです。これが、銀行印と認印の一番の違いです。

併用の注意点

認印は印鑑証明が必要ない書類の作成や一般的な事務処理の際に使用されています。なので、最も使用頻度が高いはんこであると言えます。

実印や銀行印として登録を済ませた印鑑も認印として押印することは可能ですが、セキュリティーの面考えて絶対に避けるべきでしょう。

というのも、証明印を普段から認印として頻繁に使ってしまうと、それだけ印影が流出することになり、偽造・複製されるリスクが高くなるから。

悪用されてしまうと大変ですので気をつけましょう。

認印といっても、捺印すれば責任が生じます。普段使いの印鑑だとは言っても、納得のできる印鑑を購入し、使用するのがおすすめです。

また、三文判やシャチハタなども認印として多く使用されているはんこです。

シャチハタは素材の性質上、実印や銀行印には使用することは不可能ですが、便利なはんこのため文書作成などにおいて広く活用されている印鑑。

なので、シャチハタを認印として使用している人も一定数存在します。用途によっては十分に認印としての利用価値がある印鑑だと言えるでしょう。
銀行印と認印の併用はダメ


印鑑の名前にきまりはあるの?


金融機関に登録する銀行印の印面に彫る名前を悩んでいる人は多いのではないでしょうか。

苗字のみの名前がポピュラーですが、実際には名前だけでも、フルネームでも、ひらがらやカタカナでも登録が可能。

ただし、各金融機関によって細かな内部規定を設けている場合があるため、特にひらがなやカタカナの名前で銀行印の登録をしようと考えている場合は事前に問い合わせを行うことをおすすめします。

しかし、偽造のリスクなどを考えると苗字と名前を合わせたフルネームの印鑑が最も安全です。

苗字だけや、名前のみよりもオリジナル性が高く、違いが際立つため、容易に真似できない点が評価されています。

また、未婚の女性の方であれば、結婚を機に苗字を変えることを想定して、名前のみのはんこを作る人が多いのが特徴。もちろん、男性の方であっても婿に入ることが考えられる人は名前のみで作るのと良いでしょう。

さらに、銀行印は実印に比べて印面のデザインについての規定がゆるく、名前以外に絵柄が入っているものでもつくることができます。

ただし、銀行によっては、もしくは絵柄の内容によっては登録不可能となることがありますので、事前確認をおすすめします。

実印よりかは細かな規定が少ない銀行印ですから、比較的柔軟に印面のデザインを決めることができるといえるでしょう。

苗字だけが一般的だと思われがちですが、名前でも可能だということも多くの人に知って頂きたいポイントです。


銀行印の登録方法

銀行印の登録の流れ
銀行印の登録は非常に簡単に行うことができます。

最初に銀行口座を開設する段階で銀行印の登録がされますから、銀行印の登録自体に何か特別な手続きが必要なわけではありません。

銀行口座を開設する時に指定の用紙に記入を行い、登録を行う印鑑で指定の場所に押印を行うだけです。

この作業によって、はんこの印面が銀行のデータベースに登録されて、銀行印として使用することができるようになります。

注意すべきは、既存の銀行印を変更して新しい銀行印の登録を行う場合。進学や就職、結婚などのライフイベントの際に印鑑を新しくされる方や、盗難・紛失によって印鑑の変更を余儀なくされている方もいらっしゃるでしょう。

こういった方は古いはんこを変更して新しく登録を行う印鑑の他にも、通帳や証書、さらに本人確認書類を窓口に持参して新しく銀行印の登録を行う必要があります。

銀行ごとに細かな対応が異なってくるので、ホームページを確認したり、直接電話したりして事前に確認を行うことが大切です。

登録作業自体は本人確認さえできれば、最初の口座開設と同様に簡単に行えます。しかし、書類が足りなかった場合は日を改めて銀行に行かなければいけなくなります。

余計な手間をかけないためにも、事前に必要書類を確認しておきましょう。


また、銀行印として使用できない印鑑があることにも注意が必要。

銀行ごとに規定があるようですが、一般的にシャチハタや印面が変化しやすいゴム印などは銀行印として登録することができません。

印面が傷ついてしまった場合、証明印として使用不可能となるからです。

役所に登録する実印ほど、サイズなどに細かな規定は無い銀行印ですが、一般的に実印よりも一回り小さいもの、認印よりも一回り大きいサイズで作成します。
銀行印は認印よりも一回り大きい物を選ぶ

印面のサイズですが、男性であれば13.5mm女性であれば12.0mmの印鑑が銀行印としてポピュラーだと言われています。

迷った場合は、このサイズのはんこの中から好みのデザインの印鑑を購入しておくと良いでしょう。

以上、銀行印について長々と説明しましたが、ご理解いただけたでしょうか?

最初は、何やら堅いイメージがあったという人も、そこまで難しくはないということがお分かり頂けたかと思います。

あなたの大切な財産を守る大事な印鑑ですからmこちらを読んで、失敗しない銀行印作りをしてください。

銀行印の作成方法


人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間35万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース