金融機関に登録する印鑑(はんこ)の名前・書体・サイズなどの決まり

銀行印とは~実印や認印との違い・作成ポイント・登録方法~
銀行印とは

銀行印とは、どんな時に使う印鑑なの?

一般的には金融機関で口座を開設する時に必要となりますが、それ以外にもお金の管理に欠かせない銀行印。

中には、「実印や認印と同じ印鑑を、銀行印として使おうと思っている」という方もいらっしゃるかもしれませんが、銀行印は、実印や認印との併用を避け、銀行印用の印鑑を作成するべきはんこです。

その理由を、銀行印と実印・認印の違いを解説しながら、このページで分かりやすくご説明したいと思います。

さらに、「どのような銀行印を作成すれば良いの?」という方のために、銀行印の作成ポイント登録方法もご紹介。

まずは、銀行印がそもそもどのような印鑑であるかという点から確認しましょう。

銀行印とは

銀行印というと、その名の通り「銀行で使うはんこ」というイメージを持っていらっしゃる方がほとんどではないでしょうか?


ただし、銀行で使うと言っても、具体的にどのような場面で銀行印を使うのかが分かりにくいですよね。

そこで、まずは銀行印の定義と、銀行印を使う場面についてもう少し詳しくご紹介します。

銀行印の定義

銀行印は、銀行によってある程度の決まりや定義はあるものの、法律による細かな規定はありません。

一般的には、銀行印は、「金融機関の預貯金口座の開設や金銭の出納の際に使用する印鑑」のことを指します。

つまり簡単に言うと、銀行印とは、個人・法人を問わず、銀行などの口座を開設する時に登録し、お金を出し入れする際に必要なはんこのこと。

銀行印とは

銀行だけでなく、信用金庫や労働金庫、信用組合などの口座開設の際に登録する印鑑も銀行印と呼ばれます。

ちなみに、「銀行印」という呼び名が一般的ですが、「銀行取引印」や「銀行届出印」などと呼ばれることもあります。

このように、銀行印はお金の管理と密接に結びついた印鑑なのです。

使用場面

銀行印の用途

前の項目でご説明したように、銀行印は、金融機関に口座を持つ本人であることを証明する、非常に重要な役割を持っています。

最近は銀行印の代わりにサインを使用する金融機関もありますが、現在、日本のほとんどの金融機関では口座を開設する時に銀行印が必要です

口座開設の他に、銀行印は、主に以下のような場面で使用します。

  • 金融機関の窓口で現金を引き出す時
  • 手形や小切手の発行
  • クレジットカードの発行
  • 家賃や公共料金などの引き落とし口座の登録

銀行印と通帳を金融機関に持参すると、窓口で現金の出納が可能。

キャッシュカードがなくてもお金の出し入れができる便利な印鑑ですが、逆に言うと、銀行印があればすぐにお金を引き出せてしまうということ。

そのため、銀行で登録する印鑑は、紛失したり、簡単に誰かの手元に渡ったりすることがないよう、気を付けて管理しましょう。

銀行印の定義まとめ

また、銀行印が必要な方の中には、既にお持ちの実印や、普段使っている認印を、銀行印として登録しようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、銀行印・実印・認印に同じ印鑑を使うことは、あまりおすすめできません

この理由をご説明するにあたって、それぞれの印鑑の違いを確認したいと思います。

実印・認印との違い

実印・銀行印・認印の違い

それでは、実印と認印がそれぞれどのような印鑑を指すのかを確認しながら、銀行印と実印・認印の違いを整理していきましょう。

実印とは

実印とは

実印とは、住民登録をしている市町村の役所で印鑑登録を行なったはんこのことです。

実印として登録した印鑑は、主に以下のような場面で使用します。

  • 不動産の取引
  • 遺産相続
  • 保険金や保証金の受理
  • 自動車の購入
  • ローン契約

実印は、以上のような手続きにおいて、責任を示す証拠として使用します。

銀行印と実印は、どちらも「本人を証明する」という大切な役割を持つ印鑑ですが、力を持つ場面がそれぞれ違います。

銀行印は、金融機関において効力があることに対して、実印は、公的な手続きなどで法的に責任を証明する印鑑です。

実印・銀行印の違い

認印とは

認印とは

認印は、荷物の受け取りや、会社では社内文書の署名など、普段何気ないシーンで使われるので、みなさんも最低1本は持っていることでしょう。

定義としては認印とは、印鑑登録をしていない印鑑のことを指します。

つまり、実印として印鑑登録をしていない印鑑や、銀行印として金融機関に登録をしていないはんこは認印なのです。

認印は、印鑑証明が必要ない書類を作成する時や一般的な事務処理のほか、日常生活でも使用する機会が多いので、最もよく使うはんこであると言えるでしょう。

銀行印と認印の一番の違いは、印鑑を登録しているかという点です。

銀行印は、金融機関にて登録が必要な印鑑であることに対し、認印登録をする必要がありません実印・認印の違い

以上が、銀行印と実印・認印の違いです。

印鑑の併用は避けるべき

実印や認印として使っている印鑑を、銀行印として登録することに法律上の問題はありません

ただし、セキュリティーの面を考えると、銀行印と実印・認印の併用は避けるべきでしょう。

何故かと言うと、銀行印などの証明印を、普段から認印として頻繁に使ってしまうと、それだけ印影が流出することになり、偽造・複製されるリスクが高くなるから。

同じ印影の印鑑を偽造・複製されると、架空契約などに悪用されてしまう可能性もあるので、併用は避けることをおすすめします。

印鑑の使いまわしは悪用に繋がる

以上を踏まえると、銀行印は、実印や認印とは別に銀行印専用の印鑑を作成することがおすすめです。

それでは、「新しく銀行印を作ろう!」と思われた方。

実は銀行印には、印面に彫る書体名前、そして印鑑のサイズなどに、注意点があることをご存知ですか?

これから銀行印を購入する方のために、銀行印を作成する時に気を付けるべきポイントを、次の項目で簡単にご紹介したいと思います。

作成時に押さえるべき6つのポイント

銀行印は、シャチハタなどのスタンプ式のハンコでない限りは登録できるため、素材や形などを比較的自由に選べます。


ただし、銀行印をオーダーする際に抑えておきたい選び方のポイントが6つあるので、一気にご紹介しましょう。

銀行印の名前の入れ方 銀行印のサイズ 銀行印の書体 銀行印の彫り方 銀行印の素材 銀行印の購入場所

このように、銀行印は印影に入る名前と向き(フルネーム・苗字のみ・名前のみのいずれかの文字/縦向きか横向き)・サイズ(実印と認印とのバランス)・書体(篆書体や印相体)・彫刻方法(手彫りか機械彫り)・素材・印材(チタンなど)・購入場所(店舗かネット)という様々なポイントを押さえて作る必要があります。

そして、

銀行印は、作るのが男性か女性かによって印影の姓名の入れ方などの作り方が変わったり、最近では女性や子供向けのかわいい銀行印や、ケース付きのおしゃれなはんこも豊富。

銀行印の作成方法の詳細価格相場安い値段で購入するコツおすすめの注文先は以下のページにまとめているので、これから銀行印を作る予定がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

銀行印の詳しい作成方法はこちら

最後に、銀行印の登録・変更の方法をご説明します。

銀行印の登録・変更方法

銀行印の登録・変更と聞くと、難しそうに感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と簡単に行うことができます。

銀行印の届け出・登録の手順

銀行印登録の流れ

繰り返しになりますが、銀行印は、金融機関で口座を開設する際に必要となる印鑑。

そのため、銀行印として登録する印鑑を銀行に持参し、口座開設を行うと、銀行印の登録ができます

銀行印登録の手続きの際は、指定の用紙に記入し、登録する印鑑を、用紙の指定の場所に押印するだけです。

はんこの印面が銀行のデータベースに登録された印鑑は、銀行印として使用できるようになります。

登録した印鑑を変更する場合

進学や就職、結婚などのライフイベントの際に印鑑を新しくされる方や、盗難・紛失によって印鑑の変更を余儀なくされている方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合は、既存の銀行印を、新しい銀行印に変更・再登録する必要があります。

銀行印を変更する際は、以下のものを準備しましょう。

  • 新しく登録を行う印鑑
  • 通帳や証書
  • 本人確認書類

以上を金融機関の窓口に持参し、新しく銀行印の登録を行います。


本人確認ができれば、最初の口座開設と同様に簡単に銀行印の再登録が可能。

ちなみに、買い替えなどによる再登録の場合は上記の変更手順に沿っていただければ問題ありませんが、銀行印を紛失してしまった場合は、まずは金融機関に連絡して、できるだけ早く登録している銀行印を廃止します

そして、後日改めて変更の手続きを行ってください。

銀行印の紛失時

銀行ごとに細かな対応が異なるので、ホームページを見たり、直接電話をしたりして事前に確認することが大切です。

上手な印鑑管理のコツ

しつこいようですが、銀行印はあなたの財産を守る大切な印鑑。

悪用されることを防ぐためにも、印鑑を紛失したり、傷つけたりしないように、大切に管理する必要があります。

特に、人目につきやすい場所や、頻繁に出し入れするような場所での保管は、盗難や偽造のリスクも高まるので避けましょう。

さらに銀行印の盗難や偽造のリスクを減らす方法として、金融機関ごとに違う銀行印を用意するという手段もあります。

大切な財産を守るための保険だと考えると、リスクを分散して使い分けることも大切だからです。

銀行印の変更

もちろん、はんこの数が増えると区別しにくくなり、どのはんこがどの金融機関の銀行印であるか分からなくなってしまう可能性も。

複数の銀行印を区別する方法としては、印鑑の素材や柄を変えて作成することができます。

昔と違い、現在の印鑑は素材の種類も豊富。
印鑑のワンポイントに天然石があしらわれていたり、デザインもカラフルでおしゃれなはんこがたくさん販売されています。

そのため、印鑑の素材やカラーを使い分けることによって、金融機関ごとに特徴のある印鑑を使用することも可能。

例えば、銀行のロゴと印鑑の色を合わせれば、銀行印を区別しやすくなります。

「どのはんこが銀行印かわからない」という場合
「銀行印を複数所有していたり、実印と銀行印を使い分けていたら、どうしてもどの印鑑が銀行印か分からなくなってしまった…」 という時は、金融機関に行って、印鑑の印影を確認してもらいましょう

銀行印のが分からなくなってしまった場合

金融機関に行けば、複数ある印鑑の中から、銀行印として登録した印鑑を判別してもらうことが可能です。

このページでご説明した銀行印のポイントをまとめました。

【銀行印とは】基礎情報のまとめ
  • 銀行印とは、銀行などの金融口座を開設する時に登録する印鑑
  • 実印や認印とは兼用せず、銀行印用の印鑑を作成した方が良い
  • 銀行印の作成ポイントは、名前・サイズ・書体・彫刻方法・印材・購入場所の6つ
  • 銀行印は金融機関の窓口にて登録・変更・確認を行う
  • 口座ごとに銀行印を作成するとリスク分散になる

銀行印の作成におすすめの通販サイト

銀行印は、印鑑通販サイトで作成すると、店舗の半分から3分の1ほどの値段で購入できます
銀行印の作成におすすめの主な印鑑通販サイトは、以下の通り。

はんこプレミアムハンコヤドットコムハンコマン
はんこプレミアムのイメージ画像 ハンコヤドットコムのイメージ画像 ハンコマンのイメージ画像
  • 素材の種類が豊富
  • 低価格
  • 業界最大手
  • 社内の印影デザイナーが手作業で印面作成
  • 珍しい印鑑を多く販売
  • 即日サービスが充実

通販サイトごとに様々な特徴があるため、ご自身の作りたい銀行印に合ったお店を選ぶと良いでしょう。


おすすめ印鑑通販ランキング
印鑑サイトランキング1位はんこプレミアム
はんこプレミアムのイメージ画像
はんこプレミアムのイメージ画像
品揃え豊富な格安印鑑販売店
印材の種類の豊富さと低価格販売が強みの大手印鑑通販ショップです。木材、水牛、象牙、チタン、そして水晶・天然石といった幅広いラインナップの印鑑を安心の10年保証付き、即日発送サービス付きで販売しています。手彫り印鑑が+1,980円で作成できる格安サービスも魅力的です。
印鑑サイトランキング2位ハンコヤドットコム
ハンコヤドットコムのイメージ画像
ハンコヤドットコムのイメージ画像
実績No.1 信頼の高品質印鑑ショップ
年間41万件以上の出荷実績をもつ大手印鑑通販ショップ。薩摩本柘や黒水牛といった定番商品から、純天然黒水牛、チタンなどの高級品まで幅広い品揃えが特徴です。専属の印影デザイナーが作成しているので、実印や銀行印としても安心して使えます。
印鑑サイトランキング3位ハンコマン
ハンコマンのイメージ画像
ハンコマンのイメージ画像
豊富な印鑑セット 安心の10年保証付き
10年保証付きの高品質印鑑が購入できるハンコマン。16時までに注文すれば即日発送サービスの対象となるので、お急ぎの方にとてもおすすめです。印鑑セットが充実しているのが特徴で、実印・銀行印セット・法人印鑑3点セットをはじめ、成人・就職・結婚祝い用のセットも販売しています。


印鑑デザ印工房 Sirusi
印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング