黒水牛の印鑑

印鑑素材「黒水牛」の相場や魅力を特集
黒水牛の印鑑


なぜ、「黒水牛」はこんなにも人気なのか??

このページは、定番の印鑑素材「黒水牛」について紹介しています。特徴から価格相場まで黒水牛の印鑑についてのあらゆる情報を徹底リサーチし、まとめました。

人気の印材 黒水牛の特徴

黒水牛といえば男性に人気の印材で、よく実印や銀行印、また法人の方にも人気な印鑑として有名。特徴は主に3つ

  • 見た目
  • 耐久性
  • 捺印性

まず、見る人の目を引きつけるのはその漆黒のボディ。高級感あふれる黒い光沢が、どうどうとした風格を放つ印鑑です。朱肉を付けた際の黒と赤のコントラストがとてもきれいで美しいです。

黒水牛の漆黒の光沢

また、黒水牛は耐久性にも優れていてとても丈夫です。特に、角の芯に近い部分は高級品として有名。ただし、管理には少し注意が必要です。黒水牛の主成分はタンパク質。乾燥や虫食いに注意しなければなりません。しっかりとケースにしまって保管しましょう。

ちゃんとお手入れをしていれば長い間つかうことができる素材です。
さらに、捺印性に優れているのも特徴。黒水牛の印鑑は朱肉のツキが良く、印影がきれいに押しやすい印鑑です。

比較的、男性がお買い求めになる素材ですが、最近では女性におすすめの「スワロフスキー黒水牛」があります。真っ黒なボディスワロフスキーのガラスが光り輝くとてもおしゃれな印鑑です。

女性の方は必見ですのでぜひチェックしてみてください。スワロフスキーをあしらった黒水牛印鑑は、大手はんこ通販会社ハンコヤドットコムが販売しています。

染無し芯持黒水牛~純天然の高級感~

とてもとてもとても!高級な喉から手が出るほど欲しくなるような、黒水牛の印鑑があるのをご存知ですか??

純天然黒水牛


その名もズバリ!!...「純天然黒水牛」(別名:染無し芯持黒水牛

いったいどのような素材なのでしょうか?

ここで気になるのが「染無し」と「芯持」という2つのワードですよね。一つ一つ見ていきましょう。

染無し芯持黒水牛



まずは「染無し」。

染無し」というのは、その名の通り、「染めていない」という意味。

そもそも前提として知っておいて頂きたいのが、みなさんが普段イメージする黒水牛というのは、ボディを真っ黒に加工してあるということです。

染色加工されていない黒水牛印鑑は真っ黒ではなく、天然素材ならでは白い斑模様が見られます。

この斑模様がとても美しく、自然の温もりを感じさせる味わい深いものとなってます。

そして次に、「芯持」。芯持というのは、「芯を含んでいる」ということ。

象牙などと同様に、一般的に角・牙素材というのは、中心部分に近いほど目が細かく、耐久性が高くなります。

また、ひとつの角からとれる量も少なく、希少価値が高くなるため高級品として扱われるのです。特に、角の芯を含んだ印鑑というのはごくわずかしか取れません。

つまり、「染無し芯持黒水牛」というのは、希少価値のある高級な角の部位、自然の素材をそのまま活かして作った印鑑ということです。

この純天然黒水牛ですが、とても貴重なためか販売しているショップがあまり多くありません。

その数少ないショップの一つが、先ほどスワロフスキーの時にも紹介した、ハンコヤドットコムです。品揃えが豊富なので、とてもおすすめです。

スワロフスキー黒水牛


教えてほしい!黒水牛とオランダ水牛の違いについて

黒水牛とよく違いが比較される印材として「オランダ水牛」(別名:白水牛)があります。同じ水牛素材ですが、いったいどこに違いがあるのでしょうか。

黒水牛とオランダ水牛の比較

まず、当然ながら色が違いますよね。

黒水牛は、クールでかっこいい真っ黒なボディで比較的、男性人気。オランダ水牛は、透明感のある飴色で比較的、女性に人気。

それでは色合い以外に一体に何に違いがあるのでしょうか...?

耐久性?捺印性?管理の仕方??

答えを言いますと、見た目以外そんなに違いはありません。

白水牛も同じ角素材で成分はタンパク質。耐久性、捺印性が優れた印鑑です。また、乾燥や虫食いに弱いといった点も似ています。

もし、どちらがいいか真剣に迷っていたという方は、直感で好みのほうを選んでみてはいかがでしょうか?

きっとそのほうが自分にあった素材が見つかりますよ。

気になる!印鑑の相場価格

最後に、相場価格について調べましたので見ていきましょう。

黒水牛の人気の理由に、象牙などに比べて価格が安いという点がありますが、具体的にどの程度の値段なのでしょうか?

有名なサイトを17社比較しましたので、ご覧ください。

通販サイト¥価格(税込)
ハンコヤドットコム5,400
はんこプレミアム4,280
ハンコマン4,000
はんこdeハンコ3,280
いいはんこやどっとこむ3,980
印鑑本舗1,980
国士堂4,720
印鑑の匠ドットコム4,980
ハンコヤストアドットコム3,180
平安堂18,800
はんこ良品13,932
印鑑市場5,100
畑正15,800
ハンコワークスドットコム2,962
スーパーハンコ2,370
BESTはんこ1,654
平均相場6,026
中央値4,140

黒水牛の平均相場は、6,026円でした!

ただ、安いものは2,000円程度で変える一方、高いものは15,000円くらいするものもあります。お店によって価格や質に大きな下がるようです。

真ん中の値は、4,000円でしたので、黒水牛の相場は4,000円~5,000円程度といったところでしょう。

値段が品質に直結するとは限りませんが、実印や銀行印など大事な印鑑に使うものは、少なくとも相場価格あたりの値段のものを買っておくことを推奨します。

おすすめなのが、年間41万件の出荷実績を持つハンコヤドットコムや印鑑通販大手のはんこプレミアム

品質が信頼できますし、値段も平均相場に近いのでお手頃です。

特に、ハンコヤドットコムは、「純天然黒水牛」を販売している、数少ない印鑑ショップ。ぜひチェックしてみてください。

ハンコヤドットコムについてチェック!

実印にもおすすめ 黒水牛3本セット

黒水牛印鑑は、証明印にもよく用いられるので、実印用、銀行印用、認印用と3つの用途に合わせた印鑑をセットにして販売されることが多いです。

印鑑セットは一本ずつ買うよりもお得な値段で売られていますので、一度にまとめて買いたいという方にはとてもおすすめ。



黒水牛印鑑3本セット

特に、印鑑セットをおすすめしたいのが法人の方や、起業を考えている方。

法人印鑑3本セットは、代表印(実印)、銀行印、角印(会社印)の3本をまとめて販売しています。

はんこプレミアムは、印鑑セット販売に積極的。

会社設立キャンペーンをおこなっており、法人印3本セットを他社と比べて格安で販売しています。

はんこプレミアムについてチェック!

印鑑デザ印工房 Sirusi
印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング