会社認印・社印の定義・使用方法を中心に、他の法人印鑑も説明

角印とは~会社印鑑の用語とそれぞれの違いを徹底解説~

印鑑の相場価格

会社印鑑の種類の1つである 角印(読み方は「かくいん」)。

しかし、会社印鑑には、角印以外にも丸印・社判・社印…など様々な言葉があり、それぞれの言葉と角印との違いとは何かという部分が曖昧になっている方も多いのではないでしょうか。

そこでこのページでは、「角印とは」という説明はもちろん、角印以外の会社印鑑とは何かも分かるよう、違いを分かりやすく解説。

まずは、角印とは何かという定義から見ていきましょう。

角印の定義とは

一言で言うと、角印とは、印面が四角く、押印した時に印影が四角い印鑑のこと。

ただし、一般的には、会社印鑑の1つである会社の認印を角印で作成することが多いため、角印とは、会社認印のことを指す場合がほとんどです。

また、角印の印影には社名が入ります。

それでは、「角印とはどのような場面で使用するのか」というところをご説明しておきましょう。

法人角印の用途

角印=会社の認印とは、主に以下のような場面で使用します。

  • 領収書
  • 見積書
  • 請求書
  • 発注書

このように、角印とは、社外向けに発行する文書に捺印する会社印鑑として、比較的利用する機会が多い印鑑。

それでは、実際に角印を使う際に、どのように捺印すれば良いと思いますか?次の項目では「角印の押し方とは」というところをご紹介したいと思います。

押し方・捺印の位置

角印は、基本的に社名に重ねて押印します。


文字に重ねて押印する理由とは、印影の複製や偽造による悪用を防ぐため。

ちなみに、角印を押印する位置は、バランスが良く見える文字の右端が一般的です。

角印とは何かという定義や用途は簡単にご紹介しましたが、会社印鑑の種類は他にも様々。


そして、会社印鑑の種類を知り、角印との違いとは何かを理解することで、「角印とは何か」という理解がより深まります。

そこで、次の項目では、角印以外の会社印鑑もご紹介しながら、それぞれの印鑑とはどのようなものなのかという用途や、角印との違いを見ていきましょう。

その他の会社印鑑との違い

角印と、その他の会社印鑑に関する言葉の違いとは何かをご説明するにあたって、まずは会社印鑑に関する言葉を以下の表にまとめました。

社判

印面の形

丸印

角印

用途

会社実印

法人銀行印

会社認印

ゴム印

別の呼び方

丸印・代表者印

角印・社印

住所印

この表を参考にしながら、それぞれの会社印鑑とは何か、角印との違いとは何かという部分を解説していきたいと思います。

社判とは

社判とは、会社印鑑(法人印鑑)のこと。角印を含め、何種類かある会社印鑑の種類の総称が社判です。

つまり、角印とは、社判の中の1つであることを意味します。

丸印と角印の違い

印鑑は、印面の形状によって丸印と角印に分けられます。


定義としては、丸印とは、印面が丸い印鑑のこと。一方、角印とは、印面が四角い印鑑

ただし、繰り返しになりますが、角印とは、実際には会社認印を指すことが一般的です。

基本的な会社印鑑は、実印(代表者印)・法人銀行印・角印(社印)の3セット

会社印鑑には、主に実印(代表者印)・法人銀行印・角印(社印)があり、会社印鑑とは基本的にこの3種類を指すことがほとんどです。

実印とは、会社を設立する際に法務局に登録する義務がある印鑑

法人銀行印とは、法人名義の銀行口座を作成する際に、金融機関に登録する印鑑です。

このように、実印・法人銀行印・角印はそれぞれ用途に違いがあるため、会社設立時にはこの3本の印鑑をまとめて作成することが基本とされています。

必要に応じてゴム印(住所印)も作成

ゴム印とは、角印と同じく会社印鑑の1つ。


角印とゴム印は、どちらも四角い形をしていますが、角印とゴム印とは役割などに大きな違いがあります。

角印とゴム印の違いは下記の通り。

角印と住所印の違い

角印(社印)ゴム印(住所印)
用途会社の認印として使用会社の電話番号や住所などの手書きの代わりに押印
印面会社名のみ会社名・住所・電話番号・代表者名など
素材木材、角材、金属材など、一般的に丸印と素材を合わせて作られることが多い木台やアクリル台に、ゴムなどの印面が貼り付けされている

ゴム印とは、手書きの手間を省くために利用する印鑑で、目的に応じて電話番号や住所などを彫るため、住所印などと呼ぶこともあります。

ちなみに、ゴム印という名前の理由とは、ゴム印は朱肉を使う印鑑ではなく、シャチハタのようなスタンプ式の浸透印としてゴムで作成することが多いため。

一方、角印は、印影には社名のみが入っており、また基本的には朱肉を使う印鑑で作成するため、角印とゴム印とは違います。

会社印鑑として重要なのは、先ほどご紹介した実印・法人銀行印・角印の3点ですが、会社印鑑を作成する際にゴム印も合わせてセットで作ると便利です。

社印とは、角印の別名のこと

会社印鑑の用語としてよく使われる言葉の中に「社印」という言葉があり、「社印とは?会社印鑑との違いとは?」と疑問に思われる方も多くいらっしゃいます。

社印とは、会社の認印=角印のこと。つまり、社印・会社の認印・角印とは、それぞれ同じ意味で使われる言葉なのです。

以上、角印とは何かをご理解いただけたところで、最後に、角印が必要となる方のために角印の作り方をご紹介したいと思います。

作り方の手順

角印を作成する際の手順とは、以下のステップを指します。

  • サイズ:作成する角印の大きさを決める
  • 持ち手の形状:2種類の持ち手の形から選択
  • 書体:書体を選ぶ
  • 素材・印材:素材を選ぶ
  • 購入場所:角印の購入するお店を決める

それぞれのステップの詳細は、以下で確認できます。

角印の作り方の詳細へ>>

角印とは、会社印鑑とは、と言った用途を押さえて、正しい角印作成をしていただければ幸いです。

関連コンテンツ
・会社印鑑の種類とは>>

印鑑デザ印工房 Sirusi
印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング