実印や銀行印などの印鑑・はんこを無くした時の危険も解説

認印を紛失!どうすれば良い?悪用の心配は?
認印を紛失した場合の対処法
自分の名前が入った印鑑である認印を紛失してしまった時、「紛失の手続きは必要なの?」「紛失した認印を誰かに悪用されないか心配…」と不安に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

このページでは、認印を紛失してしまった方のために認印を紛失した場合の対処法をお伝えします。

必要な手続きや悪用のリスクなど、まずは慌てずにご確認ください。



認印を紛失した場合にやるべきこと

認印を紛失してしまっても、特別な手続きは必要ありません

この理由をご説明するにあたって、認印の定義を改めて確認しておきましょう。

認印とは?

認印は、登録していない印鑑のこと。

印鑑登録証明書を発行するために役所に登録する実印や、金融機関で登録の手続きを行う銀行印とは違い、そもそも登録をしていない印鑑なので、紛失をしてしまった場合も紛失の手続きは不要なのです。


悪用の心配は?

紛失の手続きは必要なくても、無くした認印を誰かに悪用されてしまったら困る」と心配されている方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、認印は、万が一紛失してしまったとしても、悪用の危険性は高くはありません

悪用のリスクを考えるにあたって、認印はそもそもどのような場面で使用する印鑑なのか、用途を簡単におさらいしておきたいと思います。


認印の用途

認印は、以下のような場面で使われています。

  • 宅配物や書留などを受け取る時
  • 回覧の閲覧
  • 社内文書の確認
  • 申込書などへの捺印

このように、認印は、基本的に悪用されてしまうような重要な書類には使わない印鑑。

そのため、不動産や自動車を購入する時などに法的な効力を持つ実印や、お金の出納など資産に関わる銀行印を紛失した場合に比べると、認印は悪用のリスクが低い印鑑と考えて良いでしょう。

認印は、紛失してもまた新しい印鑑を買えば済んでしまうことがほとんどです。

関連記事
認印の作り方

ただし、認印を実印や銀行印と併用している場合は、紛失時に悪用のリスクが高くなることも。

次の項目で詳しくご説明しましょう。


実印・銀行印との併用は避けよう

実印・銀行印・認印を使い分けなければいけないという規則はありませんが、1本の印鑑を複数の用途で使い回していると、紛失時の手続きや複雑になり、悪用のリスクも高まります

そこで、紛失した認印を、実印や銀行印としても登録していたという方のために、実印や銀行印を紛失してしまった時の手続きをご説明しましょう。


実印を紛失した場合の手続き

認印の紛失した時と違い、実印を紛失した場合は紛失の手続きが必要

新しい実印用の印鑑を用意し、役所に紛失届を出して、紛失と印鑑変更の手続きを行います。

また、警察で紛失届の手続きをしておけば、紛失した実印が発見された時にすぐ連絡してもらえます。


銀行印を紛失した場合の手続き

銀行印を紛失した場合は、新しく銀行印として登録する印鑑を準備し、金融機関で再登録の手続きをします。


銀行印と通帳があれば、窓口で預金の引き出しが可能。

銀行印の紛失は、預金を引き出される危険にも繋がるため、迅速に対応しましょう。


使用機会の多い認印は、不特定多数の目に触れる機会も多いので、認印と実印を同じ印鑑にしたり、認印と銀行印を同じ印鑑にしたりすると、紛失して悪用された時のリスクが高まります。

紛失して悪用された時のリスクを避けるためにも、実印・銀行印・認印には、それぞれ違う3本の印鑑を用意し、重要な印鑑と認印は分けて使用した方が安全です。


認印をはじめ、印鑑押すという行為は、確認や承認の意思表示。

そのため、印鑑はできれば紛失することがないように、日頃から大切に管理をしましょう。



お得情報をチェック

印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング
印鑑デザ印工房 Sirusi
◆Pick UP◆ 印鑑通販ショップ
限定キャンペーン実施中!
  • Coming Soon