印鑑通販サイトの手彫り・手仕上げ・機械彫り実印とは

手彫り印鑑作成におすすめの通販サイトは?彫刻方法の違いも解説

印鑑の手彫りと機械彫りの違いとは?

手彫りと機械彫り印鑑の違い

印鑑を買おうと思ったら手彫りと機械彫りがあった…いったい何が違うの!?

通販サイトなどで印鑑を彫刻・作成する際、機械を用いる方法と手作業で彫刻する方法の2つがあります。一般的にそれぞれ「機械彫り」と「手彫り」と呼ばれる印鑑の作成方法で、違いがあります。

実印を購入する際に主流になりつつある印鑑通販サイトでは、「手仕上げ」印鑑と称して、手彫りと機械彫りを組み合わせて作成した印鑑を販売している通販サイトが多くあります。

また一部の通販ショップでは、こだわりの一品として、職人が一から手作業で作成した完全手彫り」印鑑も販売していることも。
具体的に「手彫り印鑑」「機械彫り印鑑」「手仕上げ印鑑」には、それぞれどのような違いがあるのか?まずは通販サイトなどの印鑑の作成工程の違いから見ていきましょう。

通販サイトなどで、実印や銀行印用の印鑑を作成する際の工程は、大まかに「字入れ」「粗彫り」「仕上げ」の3段階。

字入れ
名前と書体を決めた後の、印影のデザイン。この時、印鑑の印影を手作業でデザインする場合と、パソコンのソフトウェアを使ってデザインする方法の2つがあります。パソコンフォントをそのまま使いまわしてるショップは危険なので避けましょう。印鑑の印影デザインが完成したら、印材に転写します。
粗彫り
印材に書かれた印影の字線を元に素材を削ります。この時、職人が手作業で彫刻する印鑑を「手彫り印鑑」、機械で一気に削り上げる印鑑を「手仕上げ印鑑」と呼びます。どちらも印影の形がある程度はっきりと浮かび上がるまで彫刻します。
仕上げ
粗彫りである程度まで形にした印影を綺麗な線に仕上げます。粗彫りに引き続き機械でそのまま仕上げる方法と、人が手彫りで削る方法があります。機械で粗彫りを行い、手彫りで仕上げる印鑑の作成方法を「手仕上げ」と言います。

これらの各工程の違いによって、印鑑の作成方法の呼び名が異なります。

工程字入れ粗彫り仕上げ
手仕上げ手作業機械手作業
手彫り手作業手作業手作業

繰り返しになりますが、印鑑通販ショップでは作業効率を高めるために機械を導入し、手仕上げ印鑑を作成・販売している場合が多いです。そして、一部特別に注文を受けた実印に対して、完全手彫りではんこを作っています。

最近は、通販サイトだけでなく、実店舗販売のお店でも機械を導入しているケースも。

実印などの印鑑を作成する際「手彫り印鑑=店舗」「機械彫り印鑑=通販」というイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、機械彫りの実店舗も、逆に手彫り印鑑を販売している通販サイトもあります。

通販サイトか店舗かに関係なく、手彫り・機械彫り(手仕上げ)両方の実印を購入可能です。

以上、手彫りと機械彫りの印鑑の作成方法の違いについて細かく見てきましたが、それでは通販サイトなどで実印などの印鑑を選ぶ際、手彫り印鑑と機械彫り印鑑にはどういった違いがあるのでしょうか?

手彫り印鑑と機械彫り印鑑、それぞれのメリット・デメリットも踏まえて見ていきましょう。

実印・銀行印に使うならどちらがいいの?

手彫り印鑑と機械彫り印鑑には、それぞれ違うメリットがあります。

手彫り実印には、ある種ブランド的な価値があります。

印鑑を手作業で作成するには相当な腕前が必要。


つまり、完全手彫り実印を作成できるのは、一流の職人のみです。

熟練の職人が作り上げた手彫り印鑑には、機械彫りには出せない美しさや味わいがあります。

実印は一人につき一本、一生物ですので、職人が丹精こめて作り上げたこだわりの一本を購入される方も多くいらっしゃいます。

手彫りの実印にはブランド的な価値がある

一方、機械彫り・手仕上げの印鑑は、手彫りの印鑑よりも価格が安いのが特徴。

また、手彫り印鑑の作成には1~2週間ほど時間がかかりますが、機械彫り印鑑は通販サイトで注文しても1~2日で届き、即日出荷サービスなどにも対応していることが多いので、お急ぎの方にはおすすめです。

さらに、手彫りでは作成できない印鑑素材もありますが、機械彫りは全ての印材に対応。
例えば、チタンなどの金属素材のはんこは手彫りでは作成できないため、作成する印鑑の素材によっては必然的に機械彫りになります。

機械彫りはんこは安い

手彫り印鑑・・・こだわりの一品、綺麗で味わい深い印影。一生物の実印にふさわしい。
機械彫り・手仕上げ印鑑・・・手彫りに比べ低価格。素材の種類が豊富。即日発送サービスが利用可能。

それぞれにメリットがあるので、自分に合った好みのものを選ぶと良いでしょう。

ちなみに、印鑑の安全性は、手彫り印鑑・機械彫り印鑑に大きな違いはありません

確かに、パソコンフォントの画一的なデザインの機械彫り印影は、手彫りよりも複製しやすく、実印偽造などのリスクも高いため避けるべき。

しかし、現代の技術の精度を考えると、たとえ手彫り印鑑を作成しても、コピーできてしまう可能性もあります。

一番の安全策は、作成した手彫り印鑑・機械彫り印鑑を紛失しないように、しっかりと管理することです。

最後に、手彫り、手仕上げ印鑑それぞれの作成におすすめの印鑑通販サイトを紹介したいと思います。

印鑑を購入するのにおすすめな通販サイトはこちら!!

通販で実印のような印鑑を購入する際、実店舗よりも値段が安いことなどから
「実印を通販ショップで購入しても大丈夫なの?」と心配される方がいらっしゃいますが、通販ショップが安いのは、店舗の維持費がかからなかったり、素材の大量発注が可能だったりと、余計なコストを削減できるという理由

通販でも、実店舗にも引けをとらない手彫り印鑑・機械彫り印鑑を、低価格で安全に作成できるので、ぜひご活用ください。

それでは、実印・銀行印の作成におすすめの通販ショップを、「手彫り印鑑」と「機械彫り・手仕上げ印鑑」の通販ショップに分けてそれぞれ紹介しましょう。

手彫り作成におすすめなお店

はんこプレミアムの手彫り作成
手彫り印鑑の作成におすすめの通販ショップは「はんこプレミアム」。

はんこプレミアムは、ブログや情報サイトでもよく紹介されている印鑑通販サイト。この通販サイトでは、手彫り印鑑の作成はオプションですが、格安の +1,980円で手彫り選択が可能です。

手彫り印鑑の作成は、購入画面のオプションで選択が可能。

実印の格安販売も特徴で、品揃えも豊富な通販サイトなので、自分の好みの実印がすぐに見つかります。


はんこプレミアムの詳細情報を見る

機械彫り・手仕上げにおすすめなお店

ハンコヤドットコムの機械彫り作成
手仕上げ実印を販売しているおすすめの通販ショップは、「ハンコヤドットコム」。

ハンコヤドットコムは業界トップと言っても過言ではないほどの実績と高評価を得ている印鑑通販サイト。テレビCMや新聞広告などでも見たことがある方もいるでしょう。

この通販サイトで販売している印鑑は手彫りではありませんが、社内に在籍する印影デザイナーが、注文を受けた実印一つ一つの字入れを行い、手仕上げ印鑑を作成しています。

手彫りではないものの、同じ名前でもまったく同じはんこができることがないので、安心して印鑑を作成できる通販サイトです。


ハンコヤドットコムの詳細情報を見る


手彫り印鑑の作成におすすめの通販
ベスト3はこちら

印鑑デザ印工房 Sirusi
印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング