金融機関のはんこの登録変更

銀行印を紛失してしまったら?銀行別に変更・対処法を紹介
銀行印を失くしてしまった!どうすればいい??
銀行印を紛失してしまった!!

このページでは、銀行印を紛失されてしまってお困りの方のために、銀行印の紛失時に必要な手続きの流れをご説明します。

主要な銀行別に、銀行印の変更・再登録に必要なものや連絡先もまとめているので、参考にしていただければ幸いです。



銀行印を紛失した場合の対処法

銀行印を紛失した場合の手続きは、一般的に以下の流れで行います。

  1. 銀行印紛失の連絡
  2. 新しい銀行印への変更

銀行印や通帳、キャッシュカードなどを紛失した場合は、まずは電話で紛失届けを出して、利用できなくすることが大切です。

そのため、銀行印を紛失してしまったら、登録先の金融機関に、できるだけ早く紛失の連絡をしましょう

紛失の連絡が早いほど、銀行印を悪用されるリスクが少なくなります。

各金融機関には、銀行印を紛失した場合の専用のフリーダイヤルが設置されているため、ホームページなどでご確認ください。

その後、窓口にて、新しい銀行印への変更を行います。


登録変更手続きに必要なもの

窓口での銀行印の変更手続きに必要なものは、一般的に以下の3点

  • 有効期限内の本人確認書類
  • 通帳
  • 銀行印として新しく変更する印鑑

本人確認書類は、住所・氏名・生年月日が確認できるもの。

運転免許証やパスポートであれば基本的に問題はありませんが、それ以外の確認書類を使用する場合は、事前に利用可能かどうかの確認をしておきましょう。

また、下宿している大学生の方や単身赴任中の方などで、確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合、氏名と住所が記載されている公共料金の領収書などの書類が別途必要になることもあるため、窓口に確認しておくと確実です。

そして、紛失してしまった銀行印の代わりに、新しく銀行印として登録する印鑑も必要。

ただし、金融機関に紛失の連絡をしてしまえば、銀行印を悪用される心配はないため、慌てて銀行用の印鑑を購入する必要はありません。

銀行印として相応しい印鑑を、落ち着いて用意してください。

まだ新しい銀行印を作成されていないという方は、以下に銀行印の作成手順をまとめているので、参考にしてみてください。

銀行印の作成手順へ


各金融機関の銀行印の紛失手続きの詳細は、以下の通りです。

該当する金融機関に口座をお持ちの方は、合わせてご確認ください。

銀行印を紛失してしまったら?


みずほ銀行の印鑑紛失対処法

みずほ銀行に登録している銀行印を紛失した場合、月曜日から金曜日平日9時00分から17時00分の営業時間内であれば、フリーダイヤルではなく、普段利用しているみずほ銀行の支店に連絡して、紛失した旨を伝えましょう。

営業時間外の場合、連絡先は以下のフリーダイヤルです。

なお、海外から電話をかける場合は、通話料有料の別の電話番号にかける必要があります。

みずほ銀行
  • フリーダイヤル:0120-415-415
  • 海外から電話する場合:03-5500-3737(通話料有料)

連絡後、みずほの窓口にて銀行印の登録変更手続きを行いましょう。

銀行印を紛失した場合の変更手続きは、取引店舗のほか、最寄りのみずほ窓口でも可能です。


みずほの銀行印変更手続きに必要なもの

みずほ銀行で銀行印の変更手続きを行う場合、次の3点が必要です。

  • 通帳
  • 新しく届け出て変更する銀行印
  • 本人確認書類

みずほ銀行の銀行印を変更する際に注意が必要なのは、本人確認書類。

本人確認書類として使用できるものは氏名・住所・生年月日の記載があるものに限られます

有効期限内の運転免許証やパスポートなどがあれば問題はありません。

新しい銀行印の作成はこちら


ゆうちょのはんこを失くしてしまった場合

ゆうちょ銀行に登録している銀行印を紛失してしまった場合は、ゆうちょ銀行が開設している、年中無休・24時間対応のカード紛失センター(フリーダイヤル)への連絡が便利です。

出張や旅行などで海外に行っていた際に銀行印を紛失をしてしまった場合は、通話料有料の電話番号から連絡します。

ゆうちょ銀行
  • フリーダイヤル:0120-794-889
  • 海外から利用する場合:045-279-6201(通話料有料)

フリーダイヤルの番号は「ナクシ(794)たときはハヤク(889)お届け」と覚えておくと良いでしょう。

銀行印の紛失だけではなく、ゆうちょのキャッシュカードや通帳、証書などの紛失や盗難被害など全般に対応しています。

フリーダイヤル以外にも、最寄りのゆうちょ銀行・郵便局の窓口に直接連絡をすることも可能。

紛失の連絡後、ゆうちょ窓口で銀行印の変更を済ませれば、紛失後の手続きは完了します。


ゆうちょの銀行印変更手続きに必要なもの

ゆうちょ銀行での銀行印紛失時の変更に必要な書類は、以下の通りです。

  • ゆうちょ銀行の通帳
  • 新しく登録をする銀行印
  • 本人確認書類
  • 改印届書

ゆうちょ銀行の営業時間内にこれらの必要書類を提出して、銀行印の変更を行います。

改印届書は、ゆうちょ銀行の窓口にて貰うことができます。

新しい銀行印の作成はこちら


りそなの銀行印紛失の対処法

りそな銀行は、平日8時40分から17時00分の間であれば、りそなの各支店に直接連絡することが推奨されています。

休日や営業時間外は、24時間対応している、以下の運営センターに連絡をしてください。

りそな銀行
  • 東京クイックロビー運営センター:048-826-0321
  • 大阪クイックロビー運営センター:06-4705-0055

りそなの銀行印変更手続きに必要なもの

紛失の連絡をした後は、りそなの窓口にて銀行印の変更を直接行います。

りそなでの銀行印の変更に必要な書類は以下の通りです。

  • 今後使用する印鑑
  • 通帳・証書
  • 本人確認ができる書類
  • ご案内状

りそな銀行では、銀行印の紛失の連絡をすると、届け出住所宛てに案内状が送付されることになっています。

窓口での銀行印の変更手続きの際、この案内状が必要になるため、忘れないようにしましょう。

新しい銀行印の作成はこちら


三菱UFJの銀行印を失くしてしまった場合

三菱UFJ銀行には24時間365日受付の喪失受付センターが設置されています。

フリーダイヤルと通話料有料の電話番号、どちらでも問題ありませんが、 毎月第二土曜日の21時00分から翌朝6時40分の間は、例外としてフリーダイヤルを受け付けていないため、有料の電話番号に連絡する必要があります。

電話番号は以下の記載の通りです。

三菱UFJ銀行
  • フリーダイヤル:0120-544-565
  • 通話料有料:03-5637-0875

電話で銀行印の紛失の連絡をしたら、三菱UFJ銀行の窓口にて印鑑の再登録手続きを行い、銀行印を変更をします。

取引店だけではなく、最寄りの三菱UFJ銀行支店でも登録は可能。

ただし、必ず本人が登録に行く必要があり、代理人による登録手続きは行えません。


三菱UFJの銀行印変更手続きに必要なもの

銀行印の変更手続きに必要になるものは以下の3点です。

  • 三菱UFJ銀行の通帳
  • 新しく変更する印鑑
  • 本人確認書類

三菱UFJ銀行のEco通帳(インターネット上で利用できる通帳)を利用している場合は、通帳の代わりにキャッシュカードが必要になります。

三菱UFJ銀行の窓口で銀行印の登録手続きを行うと、10日から2週間程度で手続完了通知状が送付されます。

三菱UFJからこの通知状を受け取った段階で、手続きは完了です。

新しい銀行印の作成はこちら


三井住友銀行のはんこの紛失対処法

三井住友銀行で登録している銀行印を紛失した場合は、月曜日から金曜日の平日午前9時00分から午後5時00分の間であれば、三井住友銀行の各取引店舗へ直接連絡してください。

三井住友銀行の営業時間外の場合は、ATMセンターに電話をする必要があります。

連絡先は以下の通りです。

三井住友銀行
  • フリーダイヤル:0120-956-999
  • 海外から連絡をする場合:03-6847-0298

フリーダイヤルは、携帯電話やPHSからでも繋がります。

海外での旅行や出張中に印鑑を紛失した、または盗難にあった場合は有料の電話番号を利用して下さい。


三井住友銀行に連絡をした後は、銀行印の変更手続きを、最寄りの三井住友窓口で行います。


三井住友の銀行印変更手続きに必要なもの

三井住友の銀行印の変更には以下のものが必要になります。

  • 新しく登録する印鑑
  • 三井住友銀行の通帳、証書
  • 本人確認書類
  • 三井住友銀行から郵送された照会状

三井住友銀行では、電話で銀行印の紛失の連絡をすると、照会状が郵送されます。

窓口での銀行印変更の手続きの際にこの照会状が必要であるため、覚えておきましょう。


以上、各金融機関ごとの銀行印紛失の際の対処法および登録変更手続きの方法を説明しました。

どの銀行も、手続きの流れは似ていますが、一部違いがあるため、銀行ごとにポイントを押さえると良いでしょう。

新しい銀行印の作成はこちら




\最新お得情報をチェック/

印鑑デザ印工房 Sirusi
印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング