実印などの印鑑をネット通販で作成・購入するのは安全なの?

印鑑の通販サイトでの購入は危険?安全性とネットショップ作成の評判を調査
人気おすすめ印鑑通販サイトランキング

「ネット通販で印鑑を作成するのって危険じゃない?」

印鑑専門のネット通販サイトで印鑑を作成すると、実店舗に比べて安い価格で印鑑を購入できますが、実印や銀行印などの印鑑をネット通販で作成するのはさすがに危険じゃないかと不安になります。

いくらネット通販は実店舗よりも安い価格で印鑑を作成できるといっても、危険性の高い印鑑の購入だけは避けたい…

ネット通販サイトで購入する場合の危険性についてあらかじめ評判がわかるのであれば知っておきたいですよね?

そこで、20以上のネット印鑑通販サイトの情報を掲載している当メディアがネット通販サイトで印鑑を購入する危険性について解説。

ネット通販サイトで購入する際の危険性についての悩みを解消できます。

ネット通販で印鑑を購入を検討しているけど、購入前にネット通販の危険性について知っておきたいという方必見です。



ネット通販で購入するのは危険?

ネット通販ではんこを買うのは危険?

インターネットが普及し、多くの商品をネット通販で購入できるようになったことで、最近は印鑑もネット通販サイトで購入する方が増えています。

ネット通販を利用すると、最短で注文したその日のうちに印鑑が発送されて便利。しかも、ネット通販の印鑑サイトは街のハンコ屋での購入に比べて、豊富な素材・サイズの印鑑を作成できることも多いです。

好みに合った実印や銀行印・法人印鑑などを場所や時間を問わずに24時間手軽に購入できることが、印鑑のネット通販作成のメリットでもあります。

ただ、そうした魅力がある方で、ネット通販で印鑑を購入するのは危険だと感じている方も。


どうして、ネット通販で印鑑を購入することは危険だと感じてしまうのでしょうか。当サイトでは、まず、ネット通販での印鑑の購入が危険だと感じる理由について調査しました。

まとめると、下記の4つのポイントについて、ネット通販サイトで印鑑を購入する危険性に関して不安を感じていらっしゃる方が多くみられました。

ネット通販サイトでの購入が危険だと思う理由
  • 発送が早すぎるので不安
  • ネット通販は素材の質が良くないイメージがある
  • 情報の悪用や偽造などの危険がありそう


ネット通販での印鑑の購入を危険だと感じている方のほとんどは、上記のような意見。

本当であれば、ネット通販サイトを利用しての印鑑の購入は不安になってしまいます。

しかし、ネット印鑑通販サイトで印鑑を作成しても、上記の懸念点(危険性)に関しては問題がありません


もちろん、どんなネット通販サイトでも危険性は低いというわけではなく、はんこを購入する通販サイトを精査する必要はあります。

ただ、通販サイト選びをしっかりと行えば、実店舗のはんこ屋に比べて、高品質の印鑑を格安価格で購入できるのです。

実はネットの通販サイトを使ったはんこ作成への不安は、単にネット通販は危ないというイメージから来ていることが多いのですね。


実際に当サイトが調査したところ、ネットの印鑑通販サイトで購入した方の口コミは様々なものがありましたが、ネット通販サイトで印鑑を購入して危険な思いをしたという意見は見つかりませんでした。

「ネット通販で印鑑を作成すると、偽造・悪用される」という危険性がどこから出てきているのかというはっきりした根拠は実はないんですね。

ただし、ネットの通販サイトに限らず、印鑑作成に関するトラブルの意見についてはいくつか見つけることができましたので、ご紹介をしておきましょう。

印鑑に関するトラブル

印鑑作成に関連したトラブルでは、購入した印鑑の紛失や悪用・偽造などに関する事例を多く見かけます。

しかし、これはネット通販ではんこを購入したことによって生じる危険性ではなく、実店舗で印鑑を購入したとしても発生する可能性は変わりません。

つまり、実店舗・ネット通販サイトに限らず、購入した印鑑の管理の仕方によっては、同じトラブルが起きてしまう危険があるのです。

印鑑に関するトラブル
  • 作成した印鑑を無くしてしまい、銀行印などをすべて変更した
  • 購入した印鑑を第三者に偽造されてしまった
  • 実印や印鑑カードが盗難されてしまった


もちろん、偽造や悪用の危険性以外にも、ネット通販の印鑑購入に対し、品質面での不安を強く感じている方もいらっしゃるかと思います。次の見出しでは、印鑑をネット通販で購入する際の、品質の危険性について解説します。

印鑑は高級な素材で作成した方が安全?

はんこは高級素材で作った方が良いの?

ネット通販などで印鑑を購入する場合には、様々な用途で購入する方が多いと思いますが、実印や銀行印をネット通販で作成する方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実印や銀行印は契約やお金のやり取りなどにも使用する印鑑なので、なるべく偽造の可能性などが低く、印面が欠けたりしないように耐久性の高い印鑑を作成するのが望ましいです。

「偽造に関しては悪用などの可能性があるので、安全性の高い印鑑を作成するのはわかるけど、印鑑に耐久性も必要なの?」

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

なぜ、実印や銀行印として購入する印鑑には耐久性が必要なのでしょうか?

それは、実印や銀行印など、登録や届け出の必要なはんこの場合には、印面に欠けてしまったり、キズができてしまうと使うことができなくなってしまうからです。

印鑑が欠けてしまったり、キズができて印鑑が使えなくなってしまった場合には、改めて登録・届け出を行う必要が出てきますので、耐久性の低い印鑑素材で印鑑を作成してしまうと、再購入のリスクは増えます。

そのため、ネット通販などで実印や銀行印などの印鑑を作成する場合には、なるべく耐久性の高い素材ではんこを作成して、作成し直しになってしまう可能性をなるべく低くした方が良いのです。

実印や銀行印の作成におすすめの素材

それでは、ネット通販などで実印や銀行印を作成する際には、どんな素材で作成するのが良いでしょうか?

ネット通販での実印や銀行印の作成に人気の印鑑素材をまとめました。

素材名特徴
1位
チタン
  • 熱や水、乾燥に強く耐久性はナンバーワン
  • 高級感がある
  • 実印や会社印鑑の作成時に人気
2位黒水牛
  • 耐久性は高めなものの、直射日光と乾燥に注意
  • お手頃な購入価格ながら、美しい印鑑
  • 実印や銀行印、会社印鑑の作成時に人気
3位薩摩本柘
  • リーズナブルながら品質の高い木材素材
  • 実印、銀行印のセット印鑑作成に人気
  • 認印にもおすすめ


ネット通販などで実印や銀行印を作成する際に、人気の素材はチタン

チタン印鑑は、人気素材であった象牙に変わって注目を集めている素材で、個人・法人印鑑の作成を問わず、印鑑の機能性の高さから選ぶ方が多くなっています。

破損の危険性をゼロに近づけたい方にはチタン素材の印鑑の購入がおすすめ。チタンの印鑑は熱や水に強く、購入後、火であぶっても、水洗いしても実印や銀行印の印面が変形することはほとんどありません。

耐久性に関しては、数ある印鑑素材の中でもトップクラスと言っても良いでしょう。


また、チタン素材で作成した印鑑は耐久性だけでなく、捺印性にも優れています。それは、チタンが朱肉のツキが良く、また、はんこ自体に重みがあるため。

印鑑自体に重さがあると、捺印時に軽い力でも押すことができるので、綺麗な印影を残せるのです。


印鑑素材として、常に人気のある黒水牛は、特に男性の方の購入が多いです。

実印・銀行印・認印と幅広い用途のはんことして使うことができるので、作成する印鑑の素材選びに迷った時にもおすすめです。

ただ、黒水牛を購入するデメリットとしては、メンテナンスが大変であるということ。

角材系の印鑑素材は、乾燥や直射日光などに弱いので、購入後の管理が欠かせません。また、朱肉の付きも良いので、使用後はしっかりと朱肉を拭き取らないと、劣化の原因にもなってしまうのです。


薩摩本柘で作成する印鑑は、とにかくリーズナブルな価格で作成できるというのがメリット。

また、薩摩本柘も実印・銀行印・認印と幅広い用途のはんことして使うことができるので、どんな印鑑を作成するときでもおすすめです。


ネット通販などで実印や銀行印を作成する際のおすすめの素材についてご紹介してきましたが、耐久性にこだわるのであればチタンがおすすめです。

印鑑作成にかかる購入費用に関しては、その他の素材と比べると多少高くなりますが、その分、一度作成すれば一生使うことができるはんこになります。

耐久性だけでなく、捺印性やメンテナンス性などの機能面に関しても評判の良い印鑑素材なので、ネット通販などで実印・銀行印を作成する際に検討してみてはいかがでしょうか?

そして、特にチタンのような高額の印鑑素材で印鑑を作成する場合には、ネット通販サイトを利用するとお得な価格ではんこを購入できます。

また、ネット通販サイトは、店舗がないために素材の在庫を抱える必要がなく、様々な材料で印鑑を作成できるのもメリット。

先程も、ご紹介したように、印鑑購入時のネット通販サイトの利用に関しては特に危険性が高いということもないので、そちらに関しては安心して購入してください。


ネット通販で実印や銀行印を作成する際のおすすめの印鑑素材についてご紹介しました。なるべく耐久性の高い印鑑素材で作成することで、購入した印鑑の破損などの危険性は低くできます。

ただし、どれだけネット通販で高価な素材で印鑑を作成しても、偽造などの危険性は変わりません。偽造などの危険性を減らすためには、印鑑の素材ではなく、書体の彫り方に注意して購入する必要があります。


実印や銀行印におすすめの書体

ネット通販などで実印や銀行印を作成する場合は、偽造の危険性を減らすために向いている書体とそうではない書体があります。

ネット通販などでの実印や銀行印の作成時に向いている書体は、可読性の低い書体

可読性の低い書体で作成することで、偽造の危険性を下げることができます。そのため、実印や銀行印などの契約書やお金のやり取りに使われる印鑑をネット通販で購入する場合には、そうした書体で作成する方が多いです。

では、印鑑作成時の可読性の低い書体とはどんな書体なのでしょうか?

ネット通販で実印や銀行印などの印鑑を作成する際に向いている書体と向いていない書体を表にしましたので、作成の際の参考にしてください。

書体の種類特徴
向いている書体
  • 篆書体(てんしょたい)
  • 印相体(いんそうたい)
  • 読み取りにくい
  • 印影が複雑なので重複しにくい
向いていない書体
  • 楷書体(かいしょたい)
  • 行書体(ぎょうしょたい)
  • 読み取りやすい
  • 印影がシンプルなので重複の可能性がある


ネット通販で作成する実印や銀行印におすすめの書体は、可読性の低い篆書体印相体

この2つの書体は、印影を読み取りにくいので、偽造の危険性も低く、また、他の印鑑の印影とも被る可能性も低いのが特徴です。

一方で、実印や銀行印作成の書体として不向きなのが、楷書体行書体

楷書体・行書体は、印影が読みやすいので、認印などの書体としては向いていますが、可読性が高い分、偽造の危険性は高まります。

そのため、ネット通販での実印や銀行印などの印鑑作成には、なるべく使わないようにすることをおすすめします。


そして、印鑑の偽造の危険性を更に低くする方法があるのはご存知でしょうか?

それは、印鑑の書体の彫り方にもこだわり、購入することです。

危険性が低くなる彫り方

ネット通販などの実印や銀行印作成で偽造の危険性を少なくするには、印面の彫り方に注意した購入が必要になります。

印鑑作成で、印面の彫り方は完全手彫り・手仕上げ・機械彫りの3つ。


この中で、最も偽造の危険性が少ない作成方法は完全手彫り印鑑の購入。完全手彫りは、印面作成を最初から最後まで、人間の手で作成する彫り方で、最も偽造の可能性が低い彫り方と言われています。

ただし、最近では高性能なスキャナーを使えば、作成した実印や銀行印の印影をそのまま盗んでしまうこともできます。そのため、ネット通販で手彫りの実印や銀行印を購入すれば、偽造の危険性はゼロになる、というわけではありませんので注意は必要です。


手仕上げ作成は、印面の基本的な部分を機械で作成し、最後の仕上げを人間の手で行なうもの。

多くの印鑑ネット通販ショップでも作成でき、印影の作り込みや仕上げを手作業で行うネット通販ショップならば、実印や銀行印をネット通販で購入しても、作成した印影が重複することはほぼありません。

ただし、一部のネット通販ショップでは、パソコンのフォントをそのまま使って作成する場合もあるので、このようなネット通販の印鑑は印影が重複してしまう危険性もあり、購入に注意が必要です。


機械彫り作成は、印面の作成についてすべての工程を機械で行う方法です。

そのため、実店舗・ネット通販ショップに関係なく、同じ工場から仕入れた印鑑の印影は重複します。そのため、機械彫り作成の既製品は、世の中に同じ印影の印鑑が多く出回っている可能性があるので、印鑑登録する実印や銀行印の購入には適していません。

ネット通販をはじめ、文房具屋やホームセンター、最近では100円ショップなどでも購入できるので、見かけたことがある方も多いでしょう。

このように、機械彫り作成で大量生産された激安印鑑のことを、三文判(さんもんばん)と呼びます。

彫り方メリットデメリット
完全手彫り
印影の作り込みから仕上げまで、完全手作業
  • 印影が重複しにくい
  • 味のある印影
  • 購入コストがかかる
  • 作成に時間がかかる
手仕上げ
  • 印影の作り込みは作成する業者によって異なる
  • 荒彫りは彫刻機、仕上げを手作業
  • 印影が重複しにくい
  • 作成スピードが早い
  • 購入コストが抑えられる
  • 印影の作り込みの際、パソコンフォントをそのまま使って作成していると危険
機械彫り
印影の作り込みから仕上げまで、すべて機械作業
  • 既製品として購入可能
  • 購入コストが低い
  • 大量生産品は、印影が重複
  • 既製品の購入は悪用の危険が最も高い


印鑑作成時の彫り方についてご紹介してきましたが、彫り方に関しては、なるべく最初から最後まで人間の手で印面を完成させる方法が偽造の可能性は低いです。

ただ、最近はスキャナーなどのコピー技術も進歩しているので、どんな彫り方で印鑑を作成しても偽造の可能性はゼロではありません。つまり、印鑑は作成する際に偽造などの危険性を低くすることが必要ということだけではなく、作成後の管理にも注意が必要。

では、ネット通販で購入した印鑑を管理するにはどんなことに注意すればよいのでしょうか?

続いては、印鑑の偽造の可能性を低くするための、作成したはんこの管理方法をご紹介します。

偽造の危険性を下げるには管理が大切

偽造のリスクを下げる管理方法

印鑑偽造の危険性は、購入後、どうやって印鑑を管理していくのかが大きく関わっています。

ここまでご紹介してきたように、ネット通販の印鑑でも、彫り方や書体にこだわって作成することで、購入した印鑑の重複・偽造の危険性を抑えることができます。ただし、購入した印鑑そのものを紛失したり、また盗難されてしまうと、そのこだわりも意味がありません。

偽造のリスクの低い印鑑を購入しても、作成後の管理が不十分だと悪用されてしまう危険性は高まります。特に、実印や印鑑カード、そして印鑑証明書の作成後は、管理には十分に注意が必要。

実印や銀行印などの印鑑は、認印などといったその他の印鑑と併用はせずに、むやみに使用しないことが重要ですし、印鑑カードは実印と一緒に保管をしない、印鑑証明書は必要な時以外には発行をしない、など、作成後の保管・管理に関しても注意が必要になります。

銀行印の作成に関しては、購入した銀行印をどこにしまったのか忘れないように、通帳と一緒に管理する方もいますが、印鑑と通帳をまとめて盗難されてしまう危険があるということは覚えておくと良いでしょう。

実印
  • 多用しない
  • 購入後は金庫に保管し、不必要に持ち出さない
印鑑カード
  • 実印と一緒に保管しない
  • 分かりやすいパスワードを設定しない、教えない
印鑑証明書
  • 必要なとき以外は発行しない
  • 発行されたものを保管しない


また、家族で同じ素材の印鑑を作成してしまうと、間違いの原因にもなりますので、購入時に注意するようにすると良いでしょう。

実印・銀行印・認印を使いまわすことは、最も危険な行為です。管理が楽だからと、1本の印鑑を使いまわすことは、印影が流出してしまう危険があり、印鑑の悪用に繋がります。

印鑑は、なるべく個人単位で作成し、購入後もしっかりと管理することで、紛失・盗難の危険を無くしていくことができます。


印鑑のネット通販購入の危険性についてご紹介をしてきましたが、いかがでしたでしょうか?



印鑑を購入する上で危険性が高くなるのかどうかは、ネット通販で購入するかかどうかではなく、印鑑の作成方法や購入後の扱い方について知っておくことが大切であるということです。

実店舗で印鑑を作成しても、ネット通販で購入しても、作成方法・購入後の取り扱い方によって紛失・盗難・偽造の危険性には変わりはありません。

「印鑑のネット通販購入は危険なの?」と不安だった方も、お悩みを解消することはできたでしょうか。

評判の良いネット印鑑通販ショップには、スピード・品質・こだわり作成のメリットが揃っています。ぜひこの機会に、ネット通販で自分専用の印鑑を購入してみてはいかがでしょうか。

最後になりますが、印鑑専門の当サイトが印鑑購入におすすめのネット印鑑通販サイトをご紹介いたしますので、ネット通販サイトでの購入をお考えの方はぜひご参考にしてください。

作成・購入におすすめのネット印鑑通販サイト

おすすめの印鑑通販ショップ

ネット印鑑通販サイトで印鑑を購入する危険性についてお話を進めてきたので、ネット通販サイトで購入する際は、安全性の高いネット通販サイトで印鑑を購入したいと考えている方も多いのではないでしょうじか?

こちらでは、当サイトが20以上ものネット印鑑通販サイトを徹底比較して、実績・購入後の口コミで高評判の通販サイトを3店舗を厳選。

気になるサイトがありましたら、気軽に覗いてみてはいかがでしょうか?

ハンコヤドットコム

大手通販サイトハンコヤドットコム


ハンコヤドットコムは、大手ネット印鑑通販サイトのひとつ。特に年間41万件もの販売実績はネット通販業界の中でも圧倒的な実績です。

もちろん、実績だけでなく評価も高く、楽天市場では星4.4とかなり評判の高い通販サイト。

また、キャンペーンなどを開催していることも多いので、割引価格で印鑑の購入が可能なネット通販です。

もっと詳しく見る

平安堂

手彫り印鑑の平安堂


平安堂は、ネット印鑑通販サイトの中でも、購入できる印材の豊富さが日本一のネット通販サイトです。80種類を超える印鑑素材のなかからお好きな印鑑を選んで作成することが可能。

また、品質へのこだわりもかなり高いネット通販ショップで、手彫り作成にも対応しているネット通販です(手彫り作成はオプションになります。)。

手彫り作成で実印や銀行印などの印鑑を購入したいという方は、品質と信頼のあるネット通販・平安堂で印鑑の作成がおすすめです。

もっと詳しく見る

はんこプレミアム

人気サイトはんこプレミアム


はんこプレミアムは多くのメディアなどでも紹介をされているネット通販サイト。品質もさることながら、割引価格印鑑を作成できるネット通販です。

また、ユーザーにとっては嬉しい10年の保証サービスなど、自信があるからこそできる保証サービスもありますので、「品質の良い印鑑を低価格で購入したい」という方にはおすすめのネット通販サイトです。

もっと詳しく見る

こちらでは評判の高いネット通販サイトについてご紹介をしてきましたが、当サイトではネット印鑑サイトの特徴をまとめてそれぞれ比較し、カテゴリーごとに独自のランキングを作成しております。

手彫りで印鑑を作成したい場合、即日出荷に対応しているネット通販サイトで購入したい場合、なるべく安く印鑑を購入したい場合など、用途に分けて購入できるネット通販サイトを比較できるようにまとめていますので、ぜひご参考にしてください。

実印・銀行印の作成おすすめ店ランキングへ



印鑑デザ印工房 Sirusi
印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング