はんこ(実印・銀行印・認印・法人印)を購入する時の作成方法

印鑑作成マニュアル~購入前に絶対に知っておきたいポイント集~

「印鑑なんて、適当に作成すれば良いでしょ?」と思っていませんか?

印鑑作成には、サイズに規定があったり、名前の入れ方、素材に選択肢ががあったりと、購入する際に知っておくべきポイントがあります。

当サイトでは納得のいく印鑑を作成できるよう、実印・銀行印・認印や会社で使う法人印を購入する際の選び方をまとめました。

作成にかかる時間購入方法購入価格の相場も紹介しているので、印鑑作成に役立ててください。



必要な印鑑を作成・購入しよう

印鑑は、届け出先によって規定がある場合があるので、規定に則った印鑑を作成する必要があります。そこで、まずは主なはんこの種類を紹介します。

個人印鑑を購入予定の方はこちら
法人印鑑を購入予定の方はこちら

個人印鑑の種類

個人で作成する印鑑は、主に実印・銀行印・認印の3種類。各はんこの特徴は以下の通り。

実印

実印は役場に届け、印鑑登録された印鑑のこと。 ローン契約自動車の売買不動産の購入などの重要な書類に捺印します。

実印として登録できる印鑑は、登録先の市区町村によって規程が違うため、作成前に確認しましょう。 基本的には、印面が劣化して印影が変わりやすいゴム印や、シャチハタ(スタンプ式のハンコ)は、実印としては登録不可。

実印の登録は、原則1人1本であり、個人で購入する印鑑の中で最も大事な印鑑ですので、作成ポイントを確認してから購入しましょう。


銀行印

金融口座を開設する際に登録が必要となる印鑑口座の開設時だけでなく、窓口での現金の出納の際にも使います。

銀行印の規定は実印ほど厳しくありませんが、実印と同じく、印面の変形しやすいゴム印やシャチハタは基本的に登録できません。

銀行印を1本作成し、複数の銀行口座で使用する方が大半です。


認印

認印は、実印や銀行印のように登録されていない印鑑のこと。 用途は幅広く、家庭での荷物の受け取り申込書の記入会社での書類への捺印など、使用頻度の高いハンコです。

実印や銀行印とは違い、認印には決まりがないため、ゴム印やシャチハタなどの簡易的なハンコを利用する方も。 ただし、ビジネスで利用する認印の場合、印鑑をステータスの一環として捉える方もいるので、ゴム印やシヤチハタなどのスタンプではなく認印用の印鑑を作成すると良いでしょう。


法人(会社)印鑑の種類

法人印鑑は4種類あります。

会社実印(代表者印・丸印)

会社設立の際に法務局に登録する印鑑が、会社実印(代表者印)です。 会社設立時の実印登録は義務となっており、登記にあたって作成が不可欠。

登記だけでなく、会社の代表者が認めた内容の証明のため、取引先との重要な契約に会社実印を捺印することもあります。

そのため、会社実印は「会社の顔」と言える大事な印鑑です。


法人銀行印

法人銀行印は、法人名義で金融口座を開設する際に登録する印鑑

厳密な規定はありませんが、一般的な法人銀行印用の印鑑の仕様があるため、後ほど紹介する法人銀行印の作成ポイントに沿って作成しましょう。


角印(会社認印・社印)

角印は、会社実印や法人銀行印とは違い登録が不要な認印ですが、会社の領収書など、法人における「軽い文書」に使用するため使う機会の多い印鑑です。

印面が四角い印鑑を作成することが多いため、「角印」と呼ばれます。


住所印(ゴム印)

住所印(ゴム印)は、会社の住所や電話番号が記載された印鑑。 角印と同様、作成の義務はありませんが、業務上、作成する企業が多い印鑑です。

印面がゴムで作成されることが多いため、ゴム印とも呼びます。

住所印は、シャチハタになっていて朱肉が必要ないスタンプのタイプと、通常のハンコのように朱肉が必要になるタイプが販売されていますので、注文前に確認しましょう。



必要な印鑑が確認できたので、各印鑑の作成手順を見ていきたいと思います。


印鑑を作成する時のポイント~個人と法人の違い~

それでは、各印鑑の作成ポイントを見ていきましょう。 個人印鑑法人印鑑に分けて解説しているので、該当の方をお選びください。

個人印鑑の作成ポイントを確認
法人印鑑の作成ポイントを確認

個人印鑑の作成ポイント

個人印鑑の作成ポイントは、以下の5つ。

  1. サイズ
  2. 書体
  3. 素材
  4. 印面の名前の入れ方
  5. 彫り方

個人の実印・銀行印・認印を作成する場合は、この項目に沿ってはんこを作成します。まず、個人印鑑の作成ポイントは、男性と女性で印鑑に違いがあるということ。

そこで、5つの作成ポイントを紹介する前に、まずは男性の印鑑と、女性の印鑑の大きな違いを説明していきます。


男性と女性の選び方の違い

男性と女性の印鑑作成の大きな違いは、以下の2点

  • 作成する印鑑のサイズが違う
  • 名前の入れ方が違う

また、書体や素材も、男性向けのものや、女性に人気のかわいいデザインのものなど、それぞれバリエーションも豊富。

以下のページでは、男性の印鑑作成・女性の印鑑作成に特化してはんこの作成手順を紹介しているので、参考にしてみてください。

男性に特化した
印鑑作成手順
女性向けの
かわいい印鑑の作り方


それでは、ここからは5つの項目に沿って、印鑑の作成手順を紹介していきます。

サイズは実印>銀行印>認印が一般的

印鑑を作成する際にまず決めるのは、印鑑のサイズ。

個人で購入する印鑑のサイズは、実印のみ規定があることが多いです(登録先の市区町村によって異なります)。 一方、銀行印と認印は、好きな大きさで作成可能。

ただし、実印・銀行印・認印の各はんこには、推奨されているサイズがあります

一般的な印鑑のサイズを、印鑑の種類と性別に分けて以下にまとめました。

実印 銀行印 認印
規定 登録先によって異なる
(一般的には直径8.0mm ~ 25.0mm)
なし
男性 15.0mm ~ 18.0mm 13.5mm ~ 15.0mm 12.0mm ~ 13.5mm
女性 13.5mm ~ 15.0mm 12.0mm ~ 13.5mm 10.5mm ~ 12.0mm

以上から、サイズに関する印鑑の作成ポイントは以下になります。

  • 大きさは、実印 > 銀行印 > 認印
  • 女性は、男性より一回り小さいサイズの印鑑を作成


個人で購入する印鑑のサイズは、見分けやすくするため、実印・銀行印・認印をそれぞれ違うサイズで作成すると良いと言われています。

サイズは重要度の高い順と覚えておきましょう。

また、昔からの慣習として「女性は男性よりも小さい印鑑を作成する」のが一般的。

これは、「後家相」と呼ばれる考え方があるためです。 古くは、女性が大きい印鑑を作成すると、男性よりも運勢が強くなってしまい、家の運気に悪影響があると言われていました。

これは言い伝えですが、今でも印鑑を作成する時の名残りとなっています。


サイズ選びについて詳しく読む


書体は印鑑の種類によっておすすめが違う

印鑑に使われる書体には様々な種類があり、作成する印鑑によっておすすめの書体があります。

個人で購入する印鑑である実印・銀行印・認印は好きな書体で作成可能です。

ただ、実印と銀行印は「可読性の低い書体」認印は「読みやすい書体」での作成がおすすめ。

具体例だと、可読性の低い書体は篆書体や印相体、読みやすい書体は古印体があります。


印鑑の書体について詳しく読む


こうした書体で作成する理由は「偽造防止のために複雑な書体が良い」からです。

実印や銀行印のような個人印鑑は、重要な契約や財産管理のために作成する印鑑。 印影が単純で簡単に複製できてしまうと、架空契約などの悪用から大きな損害に繋がりかねません。

そのため、複雑な造りで読みにくい書体が選ばれます。

一方、認印は「誰が押印したか」がすぐに分かった方が良いため、実印や銀行印とは違い、読みやすい書体を選びます。


耐久性のある印鑑素材を選ぶ

印鑑の素材に決まりはなく、好みの印材を選んで作成できます。

ただし、「耐久性のある素材」のハンコの購入がおすすめです。 劣化しにくく、長く使用できる印鑑素材で印鑑を作成しましょう。

古くから印鑑素材として利用されている黒水牛、男性に人気のチタン、女性におすすめの水晶や天然石など、印鑑素材には相当な種類があり、お店によって注文できる印鑑の品揃えも違います。

さらに詳しい印鑑素材の紹介は、以下をご覧ください。

印鑑素材について詳しく読む


印影に入れる名前(ネーム)は自由

印鑑を作る時のネームの入れ方は「苗字」「名前」「フルネーム」という3パターンがあります。

どのネームで印鑑を作成しても問題ありませんが、ネームを入れる際のポイントは以下の2つ

  • 実印・銀行印:男性はフルネーム、女性は名前のみがおすすめ
  • 認印:用途に応じてネームの入れ方を決める

実印・銀行印は重要な印鑑なので、複雑な印影にするためフルネームでの作成が推奨されています

ただし、未婚の女性の場合は、購入後、結婚などにより苗字が変わる可能性があるため、名前のみの印鑑を作成する方も

一方、認印は幅広い用途に使用する印鑑です。

家族で使う印鑑や社内で使用する印鑑は苗字のみで作成し、同じ苗字の人と区別をする必要がある時はフルネームで作成するなど、使う場面に応じてネームの入れ方を決めて印鑑を作成すると良いでしょう。

ちなみに、銀行印はネーム以外の文字やイラストの入った印鑑が登録できます

同じく認印にもネーム以外の文字や画像を入れられるため、かわいいハンコを作ることもでき、個性が出しやすくなっています。

ここまで紹介したハンコのネームの入れ方のポイントは以下の通りです。

実印 銀行印 認印
規定 住民票に登録されている名前 なし
男性 フルネームを推奨 用途に応じて苗字のみなど
女性 名前のみがおすすめ

ネームの入れ方を確認し、お気に入りのネームが入ったハンコを作成しましょう。


手彫りと機械彫りのメリット・デメリット

印鑑を購入する際、印影は、手彫りもしくは機械彫りで作成します。 手彫りと機械彫りの印鑑作成には、以下のメリットデメリットがあります。

手彫り 機械彫り
メリット
  • 偽造防止に効果的
  • 価格が安い
デメリット
  • 機械彫りよりも価格が高い
  • 作成までに時間がかかる
  • 複製しやすい印影ができる可能性がある

安価で手早く印鑑を作成できる機械彫りですが、パソコンのフォントで機械彫りをしているお店で印鑑を注文してしまうと、全く同じ印影のハンコが作成でき、悪用される危険があります。

そのため、実印や銀行印の作成は、手彫り印鑑がおすすめです。


手彫りと機械彫りの詳しい違いを読む


法人印鑑の作成ポイント

法人印鑑を作成する際は、次の5つの作成ポイントがあります。

  1. サイズ
  2. 書体
  3. 素材
  4. 印影に入る文字
  5. 形状

法人印のサイズは「角印>会社実印>法人銀行印」

法人印鑑のサイズには、会社実印のみ「印影が10.0mm~30.0mmの正方形に収まるサイズ」という規定があるものの、その他の法人印鑑は自由なサイズで作成可能です。

ただし、法人印鑑は、角印>会社実印>法人銀行印の順の大きさとなるように、違うサイズで作成するのが一般的。

角印21.0mmもしくは24.0mm会社実印18.0mm法人銀行印16.0mm」という組み合わせで作成するとバランスが良く、おすすめです。


書体は篆書体・印相体が一般的

法人印鑑は、数ある書体の中から好きなものを選んで作成できますが、篆書体(てんしょたい)と印相体(いんそうたい)が人気です。

実際に、大手印鑑通販サイト「ハンコヤドットコム」の統計によれば、法人印鑑を作成する方のうち、約70%が篆書体、約30%の方が印相体で作成するとのこと。

どちらの書体も歴史が古く、法人印鑑に相応しい威厳があるため人気です。


素材は好みで作成が可能

法人印鑑用のはんこに使用される印材の種類は個人印鑑に比べると多くありませんが、好きな素材で作成可能です。

法人印鑑を作成する際に人気の素材には、伝統的な象牙や最新素材のチタン、低価格が魅力の水牛があります。


印面には社名や役職名を入れる

法人印鑑を購入する際に印面に入れる文字は、慣例としてほとんど決まっています。

会社実印には会社名と役職名法人銀行印には会社名と「銀行之印」という文字角印には会社名が入るように作成しましょう。


持ち手には2種類ある

会社印鑑にはそれぞれ2種類の持ち手があり、どちらでも作成できます。

持ち手が付いているタイプは捺印しやすく、寸胴タイプは持ち手のあるタイプよりも安い値段で購入できます


注文から手元に届くまでにかかる時間

注文・発送から到着まで2週間

通常、印鑑を作成・購入すると、注文から手元に届くまでに2週間前後かかります。

印鑑が必要になることが事前にわかっている場合、余裕をもって注文するようにしましょう。


即日対応してくれるWebショップは?

「急遽印鑑が必要になった」という方のために、当日出荷などの即日サービスに力を入れているWebショップもあります。

印鑑通販サイトの中には、東京のような大都市だけでなく日本全国、注文の翌日に印鑑を配送してくれるショップもあるので、お急ぎの方は利用してみてください。

ただし、即日注文サービスの内容はお店によって違いがあるので、届けてくれる日にちや日数を事前に確認しましょう。

以下に、印鑑の即日作成に強いWebショップの情報をまとめましたので、「とにかく最短で印鑑を作成・注文したい」という方は、確認してみてください。


印鑑の即日作成に強いお店をチェック

即日作成サービス利用の注意点

印鑑を即日作成する場合は、以下のような注意点がありますので、注文前に確認しておきましょう。

  • 購入できる印鑑の種類が限られる可能性がある
  • 手彫り印鑑は作成できないことがある

即日対応可のWebショップでも、即日作成に対応している印鑑と、対応していない印鑑があります。 そのため、即日購入で印鑑を作成する場合、希望の素材やデザインで作成できない可能性も

また、即日作成サービスを利用する場合、印面の彫り方は基本的に機械彫りとなります。 機械彫りよりも手彫りの方が安全性が高いですが、彫りに時間がかかるためです。

手彫り印鑑を希望されている方は、即日作成サービス時の彫り方を事前に確認しましょう。


このように、即日出荷サービスで印鑑を作成する際は注意点もありますが、即日で必要なハンコを発送してもらえるというのは大きなメリットです。

印鑑は、進学や就職、結婚のような人生の節目に必要になることが多いため、必要になった時に慌てて作成するのではなく、余裕を持って作成し、あらかじめ購入しておくことをおすすめします。


購入価格の相場と安い値段で購入するコツ

「印鑑の作成ポイントは分かったけど、結局印鑑はどのくらいの値段で作成できるの?」と購入価格を気にされている方もいると思います。

お得な価格で印鑑を作成するためにも、購入前に、印鑑の価格相場を把握することが大切です。 そこで、大手印鑑通販サイト「はんこプレミアム」で販売されている印鑑の値段から算出した、平均的な印鑑の価格を見てみましょう。

※はんこプレミアムの印鑑の参考価格(税抜き価格の印鑑の平均を計算)

  • 実印:7,582円
  • 銀行印:5,962円
  • 代表者印:11,306円
  • 法人銀行印:8,628円
  • 角印:13,572円

印鑑の値段は、作成するお店、印鑑の種類サイズ素材名前の彫り方により様々です。

以下のページでは、印鑑作成の価格相場の情報をさらに詳しくまとめているので、参考にしてみてください。


印鑑作成の相場

ハンコ作成の方法を紹介

印鑑の注文は、実店舗ネット通販が一般的ですが、フリーソフトを利用して自分で作る方法もあり、それぞれメリットとデメリットがありますので比較紹介します。

実店舗で作成

■ メリット
  • 実物を見て購入可能
  • 直接、質問や相談をして購入できる
■ デメリット
  • ネット通販よりも価格が高い
  • お店の品揃えによって購入できる印鑑の選択肢が限られる

ネット通販サイトで作成

■ メリット
  • 店舗よりも安い値段で印鑑を購入できる
  • 場所や時間を選ばず購入可能
  • 購入できる印鑑の種類が豊富
■ デメリット
  • 作成する印鑑の情報を自分で調べる必要がある

フリーソフト、pdfデータで作成

■ メリット
  • 手軽に印影を作成できる
■ デメリット
  • 印鑑の種類によっては、フリーソフトの印影は届け出不可(実印・銀行印)

自分で作成

■ メリット
  • 完全オリジナルの印鑑を作成できる
■ デメリット
  • 時間や手間がかかる

印鑑は、実店舗もしくはネット通販サイトで作成する方が多いです。

実店舗では「お店の人に相談できる」「実物を見て印鑑を購入できる」という利点がありますが、最近は値段が安く種類が豊富な印鑑通販サイトでの購入が人気

ネット通販は、実店舗に比べて人件費や場所代などを削減できるため、実店舗の半額から3分の1の価格で印鑑の作成が可能です。

ネット通販の送料についてですが、送料無料の通販サイトもありますし、合計購入金額によって送料無料になることもあります。

また、ネット通販で印鑑を作成する場合、楽天やAmazonなどのショッピングモール型のサイトよりも、印鑑を専門に販売しているハンコヤドットコムはんこプレミアムなどの通販サイトで購入する方が印鑑の種類が多く、おすすめです。


ただ、印鑑の作成が可能なWebショップは数が多いため「どのWebショップで購入すれば良いか分からない」「全てのショップを比較するのは大変」という方も多くいます。

そこで、以下のページでは「安心して印鑑を作成できる、実績のあるお店」「低価格で印鑑を作成できるお店」「印鑑の品質に定評のあるお店」などの項目別に、印鑑通販サイトをランキング形式で紹介しています。

印鑑通販サイト選びを一から始めるのは大変ですので、以下が参考になれば幸いです。

人気の印鑑購入サイトランキング

人生の大切な機会に使用する印鑑。あなたらしさが感じられて、使うのが嬉しくなるような最高の印鑑を、ぜひ作成してください。



印鑑デザ印工房 Sirusi
印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング