PageTop
おすすめ象牙印鑑の魅力と価格相場を紹介

おすすめ実印素材~象牙~

象牙の印鑑

印鑑といえば「象牙」!!

印鑑や実印についてあまり詳しく知らないという方も、象牙印鑑の評判については聞いたことがあるのではないでしょうか?

象牙の印鑑は「はんこの王様」と呼ばれるだけあって、素材としての人気は抜群。

よく実印・銀行印としても用いられ、多くの方に長い間親しまれてきた印鑑です。

それでは象牙印鑑の魅力と希少性について見ていきましょう!



実印の素材としておすすめされる理由とは?

象牙が印鑑素材、特に実印におすすめされる理由は主に3つ。

  • 高級感
  • 耐久性
  • 捺印性

高級感あふれる象牙印鑑

象牙 高級感

象牙印鑑の「高級感」は他の素材にはない独特なもの。

白いイメージが一般的ですが、実際は真っ白というわけでなく、少し黄色みがかった落ち着きのある色合いです。

控えめな牙の模様がとても味わい深く、使えば使うほど艶が出てきて深みが増します。

この「高級感」が象牙ブランドが確立されている理由の一つです。

長く使える耐久性

もう一つの特徴は「耐久性」。

牙の部位の中でも、印鑑に使われる部分は耐久性がとても高く、耐摩耗性にも優れているため、印面の欠けや磨り減りが起こりにくいという利点があります。

ですので、丁寧に扱えば一生ものとして使える丈夫な印鑑です。

この耐久力の高さは、金属製のチタン印鑑にも負けていません。

象牙が実印としてもよく使われるワケとして、この優れた耐久性があります。

とびきりきれいな印影が押せる!

象牙の「捺印性」の高さは、数ある印材の中でも群を抜いています。

まず、なんと言っても朱肉のツキの良さが優れており、印鑑を押す際に滑りにくく、色の濃いはっきりとした印影が残せます。


さらに、手触りがよく手に馴染みやすいので持ちやすいのも象牙印鑑の特徴。印鑑自体に重量感もあるため力を入れやすく、押しやすいです。


以上のように、象牙は印鑑素材として見た目や機能性の両方の観点から見ても、とてもおすすめの印材です。



象牙印鑑のランクの見分け方

象牙は高級な素材として有名なのは、先ほど述べましたが、その中でもさらにランクが分かれているんです!!

そのランクの見分け方というのが、「牙のどの部分を用いているか」です。


一般的に印鑑に使われる象牙というのは、中心部分から順に「中心層」、「中皮層」、「外皮層」とつのランクに別れています。

この中でも最高級品として扱われるのが「中心層」を用いたもの。次に、「中皮層」、「外皮層」と続きます。

なぜ、このようにランク分けがされているかというと、各部位の質が違うからです。


基本的に象牙は、中心部に近いものほど、高い繊維密度で目が細かく、密度が高いため丈夫です。

加えて、「中心層」の印材は、一本の牙から少量しか取れず希少価値があるので、高いランクに位置づけられています。

特に、牙の芯の部分を含んだ印鑑は、一つの牙の中からわずか1~2本しか取れず、最高級品として有名。耐久性もかなり高く、とても丈夫です。


一方、「外皮層」を使ったはんこには、注意が必要

外皮層には目が粗い部分があり、耐久性が劣るものがあります。一般的な相場より安く売られている象牙は、この外皮層を用いて作られている可能性もあるので、購入の前には注意することをおすすめします。


象牙のランク


最高級極上品~日輪~

芯持ちの象牙の中でも特殊なカットの仕方で作られたものがあります。

それが、横目芯持ち象牙。別名:「日輪」とも呼ばれます。

これはどういうものかというと、象牙から印鑑の形に切り抜く際に、芯を含む中心部分を通り、牙を縦に真っ二つにするように切り取ったもの。

最高級極上品象牙 日輪


こうすることによって、模様の濃い象牙だと、印鑑のボディに樹木の年輪のような輪っかが浮かび上がります。この見た目から、「日輪」と呼ばれるのです。

「日輪」は、とても貴重な印鑑素材で、最高級の極上品として扱われる一品。できるならばぜひとも手に入れたい印鑑です。

日輪は本当に希少価値が高い極上品で、たくさんある通販サイトでもなかなか売っているところはありません。


今後手に入りにくくなる?希少性の高さ

象牙の希少性 ご存知の通り、象牙は1989年にワシントン条約で輸入が禁止されています。

現在もまだ象牙の印鑑は販売されていますが、この条約が締結される前に輸入されたものが販売されているだけですので、新たに供給されることはほとんどありません。

実際、印鑑通販ショップで象牙の印鑑を扱うショップが急激に減ってきています。

当サイトで2015年10月時点で紹介していた17社のうち、象牙の印鑑を販売していたお店は15社。

それがたった1年でなんと15社 ⇒ 7社にまで激減してしまいました。(※2017年12月18日の調査時点でも、当サイトでご紹介している7社は象牙の取り扱いをしています。)

つまり、近い将来、象牙の印鑑を手に入れる機会というのは更に少なくなり、価格も更に上昇すると考えられます。

象牙の価格・値段を知る!通販会社を比較

象牙の価格・値段 最後に、みなさんが一番気になる象牙を使った印鑑の「価格相場」についてご紹介していきます。

象牙の印鑑といえば、高級品だけに高いイメージがありますが、実際はどのくらいの値段でしょうか。

今回は15mmサイズのはんこの価格を、数ある印鑑通販サイトから象牙を販売している7社をピックアップして相場を調べてまとめました。
※価格は2017年12月18日に調査

通販サイト 価格(円)
はんこプレミアム 18,800
はんこdeハンコ 16,800
国士堂 16,280
平安堂 31,968
はんこ良品 31,428
畑正 19,800
BESTはんこ 12,960
平均相場 21,148


ご覧のように、象牙の値段の幅は通販サイトによってかなり違いがあります。

全体的に13,000円~32,000円といった価格帯で、平均価格は、21,148円と他の印鑑素材に比べて若干高め。

象牙の印鑑を選ぶ際には値段の比較も重要ですが、品質にもこだわることをおすすめします。

というのも、先ほどの紹介した通り、素材の質と値段というのは比例するもの。

象牙の場合、安い値段のものは外皮層に近いものを使っている可能性が高く、品質が良くないこともあります。

象牙の印鑑を購入する前には、しっかりと調査すると良いでしょう。


おすすめの印鑑ショップは?

おすすめの印鑑通販サイト 通販サイトの中で、象牙の印鑑を購入する際におすすめの通販サイトは「はんこプレミアム」です。

安さと品質を追求した印鑑通販サイトで、厳選した本象牙の中でも2つのランクに分けて販売しています。

安いといっても、広告宣伝を一切しない、実店舗を持たない、という2つの特徴によって低価格を実現しているので、品質は維持したまま。

高品質・低価格で希少性の高い象牙の印鑑を手に入れたい方におすすめの通販サイトです!

はんこプレミアムの詳細へ


ただし「日輪象牙」を手に入れたいという方は、手彫り印鑑の老舗「平安堂」がおすすめ。

平安堂は象牙印鑑を7つのランクに分けて販売している唯一の通販はんこショップですので、最高級の象牙印鑑をお探しの方は、候補のひとつに入れると良いと思います。

平安堂の詳細へ



人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間35万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格

お得情報をチェック

印鑑通販サイトランキング

印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング

◆Pick UP◆ 印鑑通販ショップ

印鑑デザ印工房 Sirusi
限定キャンペーン実施中

印鑑通販サイトの一括検索

印鑑通販サイトの一括横断検索

印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース