TOP
会社設立時に必要な印鑑の種類!おすすめのサイズや書体も解説
会社設立時に必要な印鑑の種類

「会社設立時にはどんな印鑑が必要になるの?」

会社設立の際には準備として様々なものが必要になりますが、そのなかでも重要項目のひとつが印鑑です。

ただ、法人の設立という機会はそう何度もあるわけでもないし、わざわざ調べるのも面倒…

そのため、「法人設立は専門家に依頼して、はんこの作成も頼んでしまおう。」という方も多くいらっしゃいます。

でも、実は会社設立時の印鑑作成は自分で行った方が安い価格で作ることができるんですよ。

「とは言っても、会社設立時に必要な印鑑について調べるのは難しそう…」


お任せください!

そんなあなたのために、個人印鑑から法人印鑑まで様々なはんこに関する情報を発信している当サイトが、会社設立時の印鑑の作成について中学生でもわかるように解説。

こちらを読むだけで、会社設立時に必要になる印鑑の種類から作成のタイミングまで、会社設立時に必要になる印鑑についての全てを知ることができます。

さっそく見ていきましょう。



この印鑑で大丈夫!会社設立時に必要になるはんこの種類

法人設立に必要なはんことは?

会社設立時に必要になる印鑑ですが、個人印鑑に実印や銀行印、認印があるように、法人印鑑も用途で分けをし、それぞれのはんこを作成することが一般的。

まずは、会社設立時に必要になる印鑑について、それぞれの名称と用途を詳しく見ていきましょう。

法人実印(代表者印・丸印)

会社設立時の印鑑の中でも、最も重要な印鑑と言えるのが法人実印。

法人実印は会社設立時には必ず必要になる印鑑で、法務局で会社設立の登録手続きを行なう際には一緒に登録をします。


実印というくらいなので、個人の実印と同じように法的な効力も強く、法人実印を押印した場合は、その会社がそのことについて検討をして、認めたということが証明されます。

つまり、法人実印はその会社の運面を左右する重要な印鑑であり、契約の際などの外部とのやり取りの際にも使われます。


法人実印は効力が強い印鑑なので、会社の中でも社長などその企業の意思決定をする人が持ち、その他の社員が取り扱う機会はほとんどありません。

法的な効力が発揮されることで、気軽にポンポンと押印する印鑑ではないということを覚えておくと良いでしょう。


法人実印は、会社の代表者が使用することが多いので、別名代表者印とも呼ばれます。また、法人印鑑には丸印と角印が使われることが多いですが、一般的に法人実印は丸印が使われます。

法人銀行印(銀行届出印・金融機関届出印)

会社設立時に必要になる印鑑の中で、お金のやり取りに使うことが多いのが、法人銀行印。

法人銀行印は、法人での銀行口座など金融機関で、口座開設を行なう際に必要になる印鑑です。


法人銀行印は、法人実印と同様に丸印が使われることが多いですが、基本的には実印と差別するために、法人実印よりも一回り小さなサイズで作成されることが一般的です。

また、印面の内容については、内側に銀行印もしくは銀行之印と彫り、外側には会社名を彫る傾向があります。

認印(社印・角印)

個人の印鑑でも認印があるように、会社設立時に作成する印鑑にも認印があります。

法人の認印の基本的な用途としては、郵便物の受取や、社内書類の承認印として使われることが一般的です。


ただし、いくら認印とはいえ法人印鑑の仲間ですので、法人認印が押印してある書面は法的は効力を持ちます。

そのため、認印だからといって気軽にポンポンと押さないように注意した方が良いでしょう。

ちなみに、法人認印は社印と呼ばれることもあり、先に紹介した法人実印・法人銀行印と区別をするために角印が使われることが一般的です。


法人実印・法人銀行印・法人認印(社印)の3種類の印鑑をご紹介しました。

会社設立時に必要になる印鑑については、まずはこちらの3種類の印鑑を用意しておけば、会社の運営を行なうことができます。

その他にも、住所印等のゴム印を作成することもありますが、ゴム印は必要に応じて作成しても十分です。

実印登録が可能なはんこのサイズ

実印として登録可能なはんこの大きさ

会社設立の際に必要になる法人実印ですが、作成時には注意しておきたいことがあります。

それは、印鑑のサイズ。

印鑑を法人実印として使用するためには、法務局での印鑑登録が必要になりますが、印鑑登録が可能な印鑑にはサイズの規定があります。

どんな印鑑でも登録ができるということはないんですね。


法人実印として印鑑登録ができるはんこのサイズは、印影の大きさが10~30mmの印鑑です。これ以上のサイズでも、これ以下のサイズでも法人実印として印鑑登録をすることはできないので、会社設立時に印鑑を作成する時には印鑑のサイズにも注意をすると良いでしょう。


法人実印の一般的なサイズ

法人実印を作る時にはサイズに注意した方が良いのはわかったけど、でも知りたいのは「実際にどのくらいのサイズにすれば良いの?」ということ。


法人実印を作成する際のおすすめの印鑑のサイズは、18mmもしくは21mmのサイズです。

もちろん、これ以外の印鑑でも既定のサイズであれば登録を行なうことができるのですが、多くの会社が会社設立時にこのサイズで実印を作成しています。

そのため、下手に小さなサイズ、大きなサイズで作成してしまうと、先方と同一の書類に印鑑を押印した時には、印影のバランスが悪くなってしまうことも…


そうした、書面を見たときに先方の方はどう思われるか想像ができるでしょうか?

「常識がないのかな?」とか、「この人と取引をして大丈夫だろうか?」

と思われてしまうかもしれません。


ビジネスシーンなどでは、あまり目立つようなことはせずに、18~21mmの一般的によく使われているサイズで法人実印を作成することをおすすめします。

会社設立時のはんこの作成と登録のタイミング

法人印鑑を作るタイミング

会社設立時には、印鑑の用意以外にも様々なことを行わなくてはいけないので、いざ手続きを行おうとした際に、「はんこを準備するのを忘れた…」なんてことは起こしたくないですよね。

でも、会社設立のときって一体どのタイミングで印鑑を作成すれば良いのでしょうか?


結論から申しますと、会社設立の手続きを行う前で良いのですが、具体的なタイミングとしては、類似商号の調査が完了した後が良いでしょう。

類似商号の調査をする前に、印鑑を作成してしまうと、万が一称号が同じ会社が登録されていた場合には、会社設立の手続きができません。

その場合には、法人名の変更を行う必要が出てきますので、作成した印鑑の印面に記載してある会社名とは違った名前で会社設立の手続をしなくてはならなくなることも…


実際の会社名と印鑑に記載されている会社名が違う場合には、見た目も良くないですし、契約書などに印鑑を押印する場合、実際の会社名と書面の会社名が異なることから先方に不信感を与えてしまいます。


こうしたミスを防ぐためにも、会社設立時の印鑑作成は、商号調査が完了して、実際に使用したい会社名で登録手続きができることがわかったタイミングで行なうことをおすすめします。

法人印鑑はセットでの作成がおすすめ

印鑑作成は通販サイトのセットがお得

「会社設立の際の印鑑の作成についてわかったところで、さっそく印鑑を作ろう」

そんなあなたに、会社設立時の印鑑作成のコストを抑える方法をご紹介します。


会社設立時の印鑑作成のコストを抑える方法、

それは…

「印鑑専門のネット通販サイトの法人印鑑セットを利用する」です。


実は印鑑作成に関しては、ネットの通販サイトを利用すると作成にかかるコストをかなり削減できます。

これは、個人の印鑑作成のときだけでなく、会社設立時でも変わりはありません。

大手通販サイトのハンコヤドットコムやはんこプレミアムでは30%以上の割引価格で印鑑の購入が可能。

こちらのページでもご紹介したように、会社設立時に必要になる印鑑は、法人実印・法人銀行印・社印と複数の印鑑が必要になるので、3本の印鑑を揃えるとなると結構な費用になることも…

会社設立の際には、印鑑以外にもさまざまなことに経費がかかりますので、経費を節約するためにも印鑑の作成に関しては、通販サイトのセット購入を利用することをおすすめします。

ハンコヤドットコム

ハンコヤドットコムは、年間41万本の販売実績をも持つ印鑑通販サイト。数あるネットの通販サイトの中でも、信頼と実績は最高クラスと言っても良いでしょう。

法人印鑑は、企業の運命を左右する印鑑ですので、会社設立時には、信頼と実績のあるハンコヤドットコムの「会社設立セット(最大33%OFF)」の利用はおすすめです。

ハンコヤドットコムの詳細はこちら


はんこプレミアム

人気通販サイトのはんこプレミアムは、印鑑の品質と価格のバランスの取れた通販サイト。

質の良い印鑑を格安の価格で作成することができます。また、実印や銀行印の書体を彫る際におすすめとされている「手彫り」での仕上げを、+1,980円のオプション価格で実現。

「品質の良い手彫り印鑑を安く購入したい」という方は、はんこプレミアムの法人用印鑑セットを利用すれば、最大30%の割引価格で印鑑を作成することができます。

はんこプレミアムの詳細はこちら


会社設立時に必要になる印鑑についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?会社設立時に必要になる印鑑の種類やサイズについて、おわかりいただけたかと思います。

さらに、
「他の通販サイトでは、法人印鑑はどのくらいの価格なんだろう?」

と気になる方のために、当サイト印鑑.comがネット上の通販サイトの印鑑作成にかかる費用を徹底調査・比較。

各通販サイトの印鑑作成価格を一覧で比較することができる、印鑑.comの「一括横断検索」をご利用ください。

通販サイトを比較してみる


人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間35万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格

印鑑をお得に購入する


▽▽▽人気通販サイト▽▽▽

印鑑通販サイトランキング

印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング

印鑑通販サイトの一括検索

印鑑通販サイトの一括横断検索

印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

人気印鑑通販ショップ

ハンコヤドットコム
年間41万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注

印鑑関連ニュース