代表者印とは?会社で使用する書類や紛失した場合の対処法も紹介
代表者印とは? 代表者印とはどんな印鑑であるのかを上手く説明できますか?

会社の代表者印というと、多くの方はあまり使用する機会がないので、代表者印について詳しい知識のある方はあまり多くないんですね。


ただ、代表者印は重要な契約の際にも使う印鑑なので、印鑑を押すのは会社の代表者であることがほとんど。

もし万が一、重要な契約の際に使う印鑑や使いかたを間違えてしまっては大変。

その場合には、契約が上手くいかなくなるだけでなく、会社の信用も失ってしまうことになるかもしれません。代表者印は会社の運命を握る印鑑といえるのです。

そういった問題を解決するために、印鑑の専門メディアである当ページでは、会社の運命を握る代表者印について詳しくご紹介。

最後まで読んでいただくことで、会社の代表者印について詳しく知ることができます。

それでは会社の代表者印とはどんな印鑑なのかについて、順番に見ていきましょう。


会社の代表者印とはどんなもの?

代表印について それではさっそく会社の代表者印とはどんな印鑑であるのかについてご紹介していきます。

会社の代表者印とは、その名の通り会社の代表者が確認したということを証明するための印鑑。

会社の代表者というと、社長を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?でも、実は会社の代表者印というと、社長だけが使用するわけではないんです。

法人印鑑の場合には、契約の際に出席している代表者が押印することのできる印鑑を会社の代表者印と呼びます。

つまり、代表者印とは、社長でなくても会社の代表者として認められている方が使用する印鑑の全般を指すということです。


会社の代表者印の用途としては、会社内での書類の確認にも使われたり、企業間同士の書面のやり取りの際などのにも使われることが一般的。主に重要な契約の際に使われます。

そして代表者印は契約の際にも使う印鑑であるということから、誰が確認したのかがわかるように印面に役職名が入っています。

ただし、重要な契約となると代表者印だけでなく、印鑑登録をした印鑑証明が必要になることもあります。

その場合には、会社として法務局に登録してある法人実印を押印する必要があるので、代表者印では契約を結ぶことができませんので注意が必要です。


このように会社の代表者印はどのような社員であっても持てるということはあまりなく、基本的には役員の方が持っていて、使用するということになります。

重要な契約などに使われるので当たり前かもしれませんね。


先程、契約の際には代表者印ではなく法人実印が必要になるということをご紹介しましたが、続いては代表者印と法人実印の違いについてご紹介していきます。


法人実印との違い

代表者印と法人実印の違い 会社の印鑑の中でも、用途が似ていて紛らわしいのが代表者印と法人実印。

実際に代表者印も法人実印も同じような用途で使用することが多いので、両者の違いについてはなかなかわかりにくいです。実際に会社によっては代表者印=法人実印として扱っている場合もあるほど。

ただ、実は代表者印と法人実印の2つの印鑑には明確な違いがあるんです。会社の代表者印と法人実印の違いとは一体何なのでしょうか?


わかりにくい、代表者印と法人実印の違い。

それもそのはず。実は法人実印は代表者印の中の印鑑のひとつなんです。

法人実印は代表者印の中から会社を代表する印鑑であることを証明するために法務局に登記している印鑑のこと。

つまり、会社実印は代表者印の中でも、特に重要な印鑑であるということがいえるのです。

企業間同士の契約の場合でも、特に重要な契約の場合には、代表者印ではなく法人実印が使われることが多くなります。

法人実印を使用する場合には印鑑証明も必要になることがありますので、契約の前には先方に事前に確認をとっておくことをおすすめします。


法人実印は法務局で登記する必要がある

法人実印は法務局で登記 法人実印と会社代表者印の違いとして、法人実印は法務局に登記をしている印鑑であるということをお伝えしました。

実は会社を設立した際には法律上、会社印鑑を法務局に登記しなくてはならないということが決められています。

代表者印を法人実印として法務局に届け出る場合には、どの場所の法務局でも良いというわけではなく、会社の本社や本店が存在している住所を管轄する法務局への届け出が必要。

その他にも、登記する印鑑のサイズに決まりがあったり、必要な書類も個人の実印登録と異なるなどの違いがありますので、ご紹介していきます。

法人実印として登録できる印鑑のサイズ

個人の印鑑を印鑑登録する際には、印鑑のサイズに決まりがありますが、実は法人実印の登録にも個人の印鑑登録と同様に、登録できる印鑑のサイズに既定があります。

法人用の実印を印鑑登録できる印鑑のサイズは1cm以上3cm以内。こちらの範囲に入っていない印鑑は法人印鑑として法務局に届けることはできません。

一般的に法人実印用の印鑑は18mm~21mmで作成する傾向がありますので、こちらのサイズで印鑑を作成しておけば間違いはないでしょう。


そして、法人印鑑を登記する際には、個人の印鑑の実印登録よりも手順が多くなります。

なぜなら、法人印鑑の登記には会社の代表者の実印が必要になるからです。

また、代表者の実印そのものと併せて個人の印鑑の印鑑証明も必要になるので、そちらも忘れないように注意してください。


【法人印鑑登録に必要な書類】

  • 登録する印鑑
  • 印鑑カードの申請書
  • 印鑑届書
  • 代表者の実印
  • 代表者の印鑑証明
  • 代表者の公的身分証明証

上記のように法人実印の登録には、登録したい印鑑以外にも会社の代表者の実印や印鑑証明、身分証明が必要になってきます。

会社の代表者印の登記は、個人での印鑑登録に比べると、必要な書類も多くなりますし、そもそも、代表者個人の実印登録も必要になってくるので、手順が増えてしまうんですね。


会社を設立した際には、代表者印の登記が法律で決められていますので、必要な資料を揃えてなるべく早く代表者印の登記を行なうことをおすすめします。


代表者印を使用するタイミングとは?

代表印を使う書類 会社の中でも重役などの管理職の方でないとあまり使うことのない代表者印。ただ、その使用用途は会社の印鑑の中でもかなり幅広く、多くの証明のための印鑑として使用する機会が多くなっています。

代表者印を使用する代表的な書類は以下の通りです。

【代表者印を使用する代表的な書類】

  • 不動産売買契約書
  • 登記申請書・委任状金銭消費貸借契約書
  • 根抵当権・抵当権・質権などの設定契約書
  • 連帯保証をする際の契約書
  • 官公庁への入札に関する届出書類
  • 企業買収など特に重要な契約書

会社の代表者印を使用する場合には、主に上記のように不動産や会社同士の契約などの際に使われることが多くなります。

この他にも先方の取引先や役所などから特に要求された場合などに、代表者印が必要になることも…

もちろん会社の認印として使用することも可能です。

ただし、代表者印を認印と併用して使用することは、偽造や悪用などのリスクを減らすためにもなるべく控えることをおすすめします。


ちなみにですが、上記の記載されている書類は、会社の代表者印でも大丈夫な場合もありますが、状況によって印鑑証明が必要になることがあります。

その場合には法人実印が必要になることがあるので、契約などの取引の前には事前に確認しておくと良いですね。


印鑑の紛失または盗難にあった場合

法人印鑑を紛失または盗難にあった場合 会社の運営には特に大切な会社の代表者印ですが、もし、この印鑑を紛失してしまったり、盗難にあってしまった場合にはどうすれば良いのでしょうか?

代表者印は企業間の契約時にも使われますので、もし、悪用されてしまったりしたら不利な契約がいつの間にか結ばれてしまうなど、会社の運営にとって大きな損失になってしまうかもしれません...

そういった状況になる前に、会社の代表者印を紛失してしまった場合や盗難にあってしまった場合にはなるべく早く対応をしましょう。


まず、代表者印の中でも特に法人実印の紛失や盗難に気がついた場合には、なるべく早く印鑑登録を行った法務局に届け出をします。

法務局に届け出を行なうことで、登録していた法人実印の効力を失効させたり、登録している印鑑を変更して、別の印鑑に改印することができます。


警察に届ける

個人の印鑑だけでなく、会社の代表者印も紛失したり盗難にあった場合には、しっかりと警察に届けを出すことをおすすめします。

もちろん、確実に出てくるという保証はありませんが、悪質なトラブルに合った場合などにも警察に対応してもらいやすくなります。


取引がある場合には取引先に連絡を入れる

代表者印を紛失や盗難してしまった場合に直近で、使用するような取引があるのであれば、取引先に連絡を入れておくことも検討しましょう。

法人実印は大切な印鑑なので、そんな印鑑を紛失してしまったとなると、会社の信用にも関わるから連絡を入れない方が良いのでは?

と思われる方もいらっしるでしょう。


もちろん、そういったこともあるので、あまり先方の会社の連絡を入れるのは控えたほうが良い場合もあります。

ただ、重要な取引の場面で法人実印がないという状態も、先方には失礼な行為にあたります。

必ず相手に伝える必要はありませんが、取引の時に不備やトラブルの内容に相手への配慮も大切です。


押さえておきたい会社印鑑におすすめの素材

おすすめの印鑑素材 会社の代表者印は、法人実印になり得る印鑑ですし、会社内でも重要な役割の人が持つ印鑑です。

代表者印が安っぽい印鑑だったり、印影にスレやキズのあるような印鑑だとあまり印象はよくありません。

特に重要な契約の際にはなおさら、会社の運営や契約が上手くいくという願いも込めて、見栄えの良い代表者印を使ってきれいな印影を残したいものです。

それでは、法人実印や会社の代表者印を作成する時にはどのようなポイントに気をつけて印鑑を作成したら良いのでしょうか?


会社の代表者印を作成する時の印鑑の素材選びで大切なのは、印鑑の見た目捺印性です。

見た目はもちろん相手への印象ということもありますし、捺印性は印鑑を押した時の印影の美しさに関係してきます。

こちらでは、印鑑の専門メディアである当サイトが、会社の代表者印におすすめの印鑑素材についてまとめました。

代表者印にどんな素材を使えば良いのかお悩みの方。そろそろ会社の印鑑の買い替えを考えている方はぜひご覧ください。

コバルトクロムモリブデン

コバルトクロムモリブデン合金 近年、印鑑素材の中でも注目を集めているのが、コバルトクロムモリブデンという印鑑素材です。

コバルトクロムモリブデンは、その名の通り、金属のコバルト(Co)クロム(Cr)モリブデン(Mo)の3つの金属を組み合わせた合金。

それぞれの特徴を活かして、印鑑素材の中でもトップクラスの耐久性を誇る印鑑素材です。

会社の代表者印は法人印鑑鑑の中でも重要な役割を果たしている印鑑なので、印鑑の使用による劣化などもなるべく避けるためにはもってこいの印鑑素材。

そして、コバルトクロムモリブデンで作成した印鑑は捺印性にも優れています。それは印鑑自体に重量感があるので、軽い力でもしっかりと力が伝わって印影を美しく残すことができるからなんです。

もちろん見た目も、シックで金属素材の中で高級感の溢れるチタンに似ているので、会社の代表者印だけでなく、会社の印鑑として重要な丸印や角印の素材としてもおすすめです。

象牙

象牙 印鑑素材の中でも王様と呼ばれるのが象牙。個人の実印や銀行印の印鑑素材としても人気がありますが、もちろん会社の代表者印や銀行印の素材としても人気のある素材です。

印鑑素材としての象牙は、見た目だけでなく、捺印性や手触り、耐久性に優れています。特に捺印性に関しては、朱肉の吸着性がとても良く、鮮明で美しい印影を残すことができます。

最近では象牙の印鑑の販売を行っている店舗が少なくなって来ているのでますます希少性は高くなっています。

会社の代表者印に高級感と捺印性を求めるのであれば、象牙はおすすめの印鑑素材です。

黒水牛

黒水牛 印鑑素材の中でも有名な素材のひとつが黒水牛です。
黒水牛は、先程ご紹介した印鑑の王様と呼ばれる象牙と同じ牙・角素材の仲間。

象牙と同じように耐久性や捺印性に優れています。また、値段も象牙に比べてお手頃で手に入りやすいのも人気の秘訣です。

高級感溢れる見た目は、会社の代表者印にもぴったりです。


会社の代表者印について解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

わかりにくい代表者印がどんなものなのかについてご理解いただけたはずです。代表者印は会社の印鑑の中でもかなり幅広い用途で使用される印鑑なので、作成する時には良い素材を選んでしっかりとした印鑑を作っておくと良いでしょう。

最後になりますが、以前は街のはんこ屋で作成をすることが多かった印鑑も、現在はネット通販で実店舗よりも安く作成できることをご存知でしょうか?

ネットの通販サイトを利用すると、印鑑素材によっては実店舗の半額程度の価格で印鑑を作成することができます。


ネット通販と言うと、

会社の代表者印のような大切な印鑑を作っても大丈夫?


と思われる方もいらっしゃいますが、実は安全性についても実店舗と代わりはありません。更に、ネット通販では会社の代表者印だけでなく、丸印や角印もセットにするとお得に購入することができます。

ネット通販での印鑑購入については、別の記事にて更に詳しくまとめていますので、ぜひご参考にしてください。


印鑑をネット注文で安く手に入れる方法とは?
人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間35万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース