印鑑の作成手段~おすすめの作り方はどれ?~

はんこには様々な作り方がある


印鑑を作成する時、みなさんはどこで作りますか?


印鑑の作成方法はいろいろあります。実店舗のはんこ屋での購入やネット通販での注文、文房具やスーパ―でもはんこが多く販売されていますね。また最近では、印鑑作成フリーソフトというものも...

現代では様々な印鑑の作成方法があります。

様々な印鑑の作成方法


いったいどの作り方が一番良いのでしょうか?実印や銀行印など、あなたが作りたいはんこの用途によっても変わってきます。

そこで、このページでは印鑑の作成を考えているあなたのために、はんこの各作り方について紹介し、メリット・デメリットを紹介していきたいと思います。


  • 一体どんな作り方があるのか?
  • どの作成方法がおすすめなのか?

ここでは印鑑を作成する手段を紹介していますが、そもそも印鑑を作成する際に知っておくべきポイントがあります。

どこで作るか、どこで購入するか、という作成手段ではなく、どの素材を選ぶべきか、価格はいくらくらいなのかといった印鑑を作成する際の基本的な情報を詳しく知りたい方は以下を見ておくと良いでしょう。

http://innkan.com/make-manual/

この「印鑑作成マニュアル」で紹介しているポイントを押さえておけば、印鑑作成をどのようにおこなえば良いかわかると思います!


少し話が逸れましたが、さっそく作成手段について見ていきましょう!



はんこ屋の店頭で作成依頼

印鑑を作成するということで、まず真っ先に思いつくのが実店舗での購入でしょう。インターネットが普及する前の時代では、実印や銀行印を買うときは、はんこ屋が主流でした。

はんこ屋で印鑑を作るメリットといえば、やはり印鑑作成のプロに直接相談できるといった点。おすすめのサイズや書体、どの素材が人気なのか、などを直に聞くことができます。

実印などであれば、作り方や登録までの流れを説明してくれるお店もあるので、質問することでわからないことを全て解決することができるでしょう。

相談できるので意思疎通がしやすく、好みの印鑑について詳細に打ち合わせできるので、じっくり時間をかけて作りたいという方にはおすすめです。

はんこ屋で印鑑作成


逆に実店舗ならではのデメリットもあります。

まず作成までに時間がかかるということ。実店舗のはんこ屋ですと、注文から完成まで数日~2週間かかることがあります。

多くの店舗を抱えている印鑑ショップ、地域ごとに工場でまとめて作成しており、発注を受けてから工場に依頼→作成→店舗へ発送→受け取りといった手順があり、どうしても時間がかかってしまいます。

こういった作成手順を踏むことによって、中間費用が発生してしまい、どうしても値段が高くなってしまいます。

はんこ屋の印鑑の作り方


また、職人が店舗に在籍しているはんこ屋であれば、どうしても人手が足りなくなるため、すぐに手元に届くというわけには行きません。特に繁忙期である2,3月は手が回らなくなってしまうでしょう。

店頭注文のメリット・デメリットをまとめるとこちら。
  • メリット
    • 店員に直接相談できる
    • 印鑑の要望が伝えやすい
  • デメリット
    • 値段が高い
    • 作成に時間がかかる
実店舗での購入は、はんこのプロに直接相談できるという利点が大きいでしょう。ただし価格は通販サイトに比べて高めです。急ぎで必要という方には推奨されません。時間に余裕があり印鑑のことについてじっくり聞きながらと作成したいという方におすすめです。


文房具屋、スーパーで購入

作り方ではありませんが、身近ではんこを手に入れられる場所といえば、文房具屋やスーパーが思い浮かぶでしょう。回転式の棚にズラーっと三文判がならべられている光景は誰もが一度は見たことがあるでしょう。

今では100円ショップでも見かけますよね。

文房具屋やスーパーではんこを購入するメリットといえば、「安く」、「手軽に」手に入れられるという点でしょう。

はんこ屋に比べても圧倒的に店舗数が多いので、近所を探せば、だいたい手に入れることができることと思います。値段も100円~数百円と破格の値段。とにかく安いです。苗字も余程の珍しい名前でなければ見つかります。

安いはんこ


逆にデメリットといえば、やはり手軽さや安い値段ゆえの品質の低さでしょう。三文判の多くは、プラスチック製のはんこで、耐久性が低く消耗が激しいのがデメリットです。機械で大量生産されているので、同じ名前のはんこは全て同じ自体のため、実印や銀行印の登録にも不向きです。

また、見た目もいかにも安物といった感じで、ビジネスの場で使った場合、良くない印象をあたえる可能性があります
  • メリット
    • とても安い
    • 身近で簡単に手に入る
  • デメリット
    • 消耗しやすい
    • 実印登録に不向き
    • 見た目が悪い
荷物の受け取りの時に使用する、家庭用の認印といった用途使う分には、文房具屋やスーパーで手に入る印鑑で十分でしょう。安い値段ですぐに手に入るので便利です。


印鑑通販サイトで作成

インターネットが普及し、通販サイトが多く存在する時代になり、ネットで印鑑が簡単に作成できるようになりました。現在では多くの方が実印や銀行印を通販サイトで作るようになっています。

ただ、オンラインショップで実印や銀行印を作る際に不安に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?


「ネットショップのはんこは機械彫りでしょ...?実印に使って大丈夫なの??」


もちろんネットの中にも職人が手作業で一から作っている印鑑はあります。この場合、「完全手彫り印鑑」といったように、別枠で販売されていることが多いです。

しかし、毎日のように大量に作成の注文が来るような通販ショップでは機械彫りで作成しているお店が多いのは事実です。コピー品が出まわらないの?と、実印や銀行印にする際に、あなたが不安に思うのも無理はありません。

ただ、この心配を解消すべく多くの通販サイトではしっかりとした作り方で、実印や銀行印を提供しています。

例えば、当サイトが独自にインタビューをした、大手ハンコヤドットコムでは以下のような対策をしています。
ハンコヤドットコム


印鑑の印面は一つ一つオリジナルのデザインで作成しています。社内に多くのデザイナーが在籍しており、各はんこごとに手作業で印面を文字をデザインしています。このこだわりにより、実際に今まで偽造などによる悪用被害の報告は受けたことがありません。

実印を作る際に登録するのは「印影」です。その印影に工夫を凝らしていれば問題はありません。

少し長くなりましたが、通販での印鑑作成の安全性がお分かりいただけたかと思います。次にオンラインショップでの購入のメリット・デメリットについて見ていきましょう。


まず、メリットについてですが一つは値段が安いということ。もちろん認印を購入するなら100円ショップの三文判が圧倒的に安いですが、実印や銀行印用のちゃんとした印鑑を作成するのであれば、安さにおいてネット通販の右にでるものはないでしょう。

安い値段の秘密は、実店舗での購入の部分でも少しふれた中間費用にあります。ネット通販の場合、実店舗を構える必要がない分、運営費や運送費がかかりません。また、印材の大量発注により単価が安くなるため、コストがかなり削減されます。

そのような利点があるため、実際に店頭販売の印鑑とネット通販の物を比べてみると、倍以上の差があることもあります。良い質のものを安い価格で購入できるというのは大きなメリットといえるでしょう。

2つ目に即日発送が挙げられます。ネットではんこを作成する場合、注文してから届くまでがとにかく速いのがメリットです。即日発送であれば翌日には届きますし、そうでなくても2日以内には届くでしょう。(地域にもよりますが...)

急ぎの方は、ネット通販で実印や銀行印を作成することをおすすめします。

印鑑通販サイトで即日作成


3つ目に品揃えの豊富さがメリットです。工場で大量の在庫を一括管理するので、幅広い印材を容易することができます。定番の黒水牛や象牙を始めとして、チタンや水晶・天然石の印鑑など種類が多岐にわたります。



素晴らしいメリットが目立つネット購入ですが、もちろんデメリットもあります。

まず一つ目が実物を見て選ぶことができないという点。これは通販サイト全般に言えることがですが、実際に手にとって見ないと購入できないという方にはおすすめできないでしょう。

次に、実印や銀行印について自分で調べなくてはいけないという点。直接相談できる店頭とは違い、印鑑のことについて自身で調べなくてはなりません。もしよくわからないということであれば、実際にはんこ屋に聞きにいき、インターネットで安く購入するというのもありです。

そして、細かい要望が伝えにくいというのもデメリットの一つです。作成する側との意思疎通ができない分、届いた商品が自分のイメージと異なってしまう可能性はどうしても出てきます。印影プレビューなどのサービスを利用して具体的な仕上がりを把握するようにするといいでしょう。

印影プレビュー
  • メリット
    • 安く実印・銀行印が手に入る
    • 即日発送可能
    • 品数が豊富
  • デメリット
    • 実物が見れない
    • 作り方について相談できない
    • 細かい要望が伝えにくい
以上、多くのメリット・デメリットがある通販サイトについて紹介しました。

個人的には、「実物を見て選ぶことにとてもこだわりがある」ということでないならば、通販サイトで印鑑を作成することをおすすめします。質の良いはんこが、安く早く手に入るのでとても便利です。

おすすめ印鑑通販ランキングはこちら


印鑑作成フリーソフトを使う...

最後に、紹介したい作り方というのが、印鑑作成フリーソフトを使った作り方。そもそも印鑑作成フリーソフトというものを知らない方も多いと思うので軽く説明を。

印鑑作成フリーソフトというのは、パソコンで好きな印影を自由に作れるというアプリケーションソフトです。いくつか種類があり、ネットで無料でダウンロードすることができるので、誰でも簡単に始められます。

使用用途は電子印鑑の作成。インターネットが普及し、会社の業務が電子化される中で、文書のやり取りもデジタルにおこなわれる時代です。紙にプリントせず、データの文書を送ったりすることがあります。

その際のサインの方法として、電子印鑑を用いることがあり、それを作る際に印鑑作成フリーソフトが用いられます。

印鑑作成フリーソフト


それではこのフリーソフトを利用してどうやって実印や銀行印を作るのか?

まず印影をパソコンで自分の好みの印影を作りますよね。そしてその印影を元に印鑑を...


彫る


え?となった方にもう一度いいますね。


ひたすら彫る


そう、最後に紹介したい作り方は、印鑑作成フリーソフトを利用して作った印影を元に、印鑑を彫り上げるというやり方です。

まずメリットから見ていきましょう。

自作の手彫り印鑑のメリットは、まず自分の好みの印鑑を自由に作れるという点。サイズの規定や、名前を彫るという規定を守れば、実印としても問題なく登録することができます。印影も完全オリジナルなので安心です。

また、はんこ屋で購入するよりも、安上がりにできるという利点も。もちろん労力はかかりますが、素材や彫刻刀などの値段だけで言えば、安いコストで作成することができるでしょう。

一方デメリットといえば、やはり時間と手間がかかるという点。図工が得意な人や、手先が器用な人であれば、サクサクと作成できるでしょうが、普通の人なら数時間かかってしまうでしょう。

  • メリット
    • 完全オリジナルの印鑑が作れる
    • はんこが安く手に入る
  • デメリット
    • 慣れていないと時間と労力をかなり費やす
印鑑の作り方の一つとして、自作の手彫り印鑑について紹介しました。手間暇がかかりますが、実印・銀行印として登録することができるはんこを作ることも可能ですので、時間に余裕がある方は作ってみてはいかがでしょうか?良いネタづくりにもなる可能性もあります。


それではおすすめの作り方はどれ?

以上、印鑑の作り方についていくつか方法を紹介しました。

それでは、一体どの作成方法が一番おすすめなのでしょうか?これは、作成する印鑑の用途や、自身が何を最も重視するかによります。それぞれの作り方が一体どういった方におすすめなのか、最後におさらいしておきましょう。

実物を見て、印鑑のプロに相談しつつ、じっくりと時間をかけて実印や銀行印を作成したい方は→はんこ屋で店頭購入がおすすめ!
じっくり印鑑を作成したい方は、はんこ屋


家庭で使う認印が欲しい方は→文房具屋やスーパーがおすすめ!
家庭用認印を買うならスーパーや100円ショップ


幅広いラインナップの中から好みの印鑑を選び、安く・早く実印を作成したい方は→ネット通販ショップがおすすめ!
通販サイトで印鑑作成


なんでも自分でやりたい!世界に一つだけのオリジナル実印を作りたいという方は→印鑑作成フリーソフトを使った自作手彫り印鑑がおすすめ!
フリーソフトを使った作り方


また、個人的に印鑑を購入する際におすすめなのが、


  1. 印鑑通販サイト
  2. はんこ屋実店舗
  3. 文房具屋かスーパー
  4. 自作手彫り印鑑

です。やはり安くて品数豊富で、家から注文できるネット通販が一番便利で良く感じます。急ぎの方でも、すぐに印鑑が手に入るので迷ったらネットショップを利用したほうがいいでしょう。


実印の作り方が簡単にわかる7つのポイント
人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間35万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格
印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

印鑑関連ニュース