TOP
印鑑の作成手段~おすすめの作り方はどれ?~

はんこには様々な作り方がある


様々な印鑑の作成方法
印鑑は作成方法によって、品質や作成価格にかなり差が出てくる のはご存知ですか?


印鑑の作り方には様々な方法があり、街の実店舗のはんこ屋での購入やネット通販での注文、最近では文房具やスーパ―でもはんこが販売されているのを見かけます。

さらに最近では、印鑑作成用のフリーソフトというものまで…

でも、これだけ多くの作成方法があると、 いったいどの作り方が一番良いの?

と悩んでしまう方も多いんです。

「印鑑を作るときに、様々な作成方法から自分に合ったおすすめの方法を簡単に調べることができたらいいのに…」

そこで、印鑑専門メディアの当サイトが印鑑の作成を考えているあなたのために、それぞれのはんこの作り方についてのメリット・デメリットを紹介。

最後まで読むだけで、あなたに合ったおすすめの印鑑の作成方法が5分でわかるようになります。

それでは、さっそく印鑑の作成方法について詳しく見ていきましょう。



はんこ屋の店頭で作成依頼

印鑑を作成するときに、実店舗での購入を思いつく方も多いのではないでしょうか?インターネットが普及する前の時代では、実印や銀行印を買うのは、はんこ屋が主流でした。

はんこ屋で印鑑を作るメリットといえば、やはり印鑑作成のプロに直接相談できるといった点。

おすすめのサイズ書体、素材が人気なのか、などを店員さんに直に聞くことができます。

実印などを作成するのであれば、作り方や登録までの流れを説明してくれるお店もあるので、疑問に感じたことは質問することですぐに解決することができるでしょう。

相談できるので意思疎通がしやすく、好みの印鑑について詳細に打ち合わせできるので、じっくり時間をかけて作りたいという方にはおすすめの作成方法です。

はんこ屋で印鑑作成


一方で、実店舗ならではのデメリットもあります。

まず、作成までに時間がかかるということ。実店舗のはんこ屋ですと、注文から完成まで数日~2週間かかることがあります。

多くの店舗を抱えている印鑑ショップ、地域ごとに工場でまとめて作成しており、発注を受けてから工場に依頼→作成→店舗へ発送→受け取りといった手順を踏むため、どうしても時間がかかってしまいます。

はんこ屋の印鑑の作り方


さらに、こうした作成手順を踏むことによって時間がかかるだけでなく中間費用が発生してしまいます。そのため、実店舗で印鑑を注文した場合には、ネットなどで作成した場合などに比べて、値段が高くなることが多くなります。

この他にも、職人が店舗に在籍しているはんこ屋の場合には、時期によってはどうしても人手が足りなくなるので、印鑑の作成に取り掛かるまでに時間がかかってしまうこともあります。

特に繁忙期である2~3月は、はんこ屋も手が回らなくなってしまうことが多いので、注文をしたからと言っても、すぐに手元に届く可能性も低くなります。


店頭注文のメリット・デメリットについて、ご紹介してきましたが、情報をまとめると下記のようになります。

  • メリット
    • 店員に直接相談できる
    • 印鑑の要望が伝えやすい
  • デメリット
    • 値段が高い
    • 作成に時間がかかる


実店舗で印鑑を作成する場合には、店舗ではんこのプロに直接相談できるという利点が大きいです。

ただし、作成にかかる価格は通販サイトに比べて高くなることが多くなりますし、手元に届くまでの時間もかかります。そのため、急ぎで必要という方には推奨されません。

実店舗での印鑑の作成は、時間に余裕があり印鑑のことについてじっくり聞きながらと作成したいという方がおすすめの方法です。


文房具屋、スーパーで購入

作り方ではありませんが、身近ではんこを手に入れられる場所といえば、文房具屋やスーパーが思い浮かぶ方もいらっしゃるでしょう。

回転式の棚にズラーっと三文判がならべられている光景は誰もが一度は見たことがあるのではないでしょうか?

今では、この光景は100円ショップでも見かけることができる程です。

このように、文房具屋やスーパーで販売されているはんこを購入するメリットといえば、印鑑を「安く」、「手軽に」手に入れられるという点です。

はんこ屋に比べても圧倒的に店舗数が多いということもあり、苗字が余程の珍しい名前でない限りは、はんこ屋での印鑑を作成する方法に比べて手に入れやすい方がほとんどです。

また、販売されている値段も100円~数百円と破格の値段。

安くても良いので、とりあえず形だけでも印鑑が欲しい方にはおすすめの印鑑入手方法です。

安いはんこ


逆に、文房具屋やスーパーで印鑑を購入するデメリットは、やはり手軽さや安い値段ゆえの品質の低さ。

三文判の多くは、プラスチック製のはんこで、耐久性が低く消耗が激しいです。

そうした印鑑は、機械で大量生産されているものがほとんどなので、一般的に同じ名前のはんこは全て同じ字体になります。

こうした印鑑は、他の方に悪用されてしまう可能性もあるので、実印や銀行印の登録にも不向き。

また、はんこの見た目もいかにも安物といった感じがありますので、ビジネスの場で使った場合、良くない印象を与えてしまう可能性もあります。

大量生産された印鑑を使用する場合には、実印や銀行印としては使用せずに、認印や三文判などとして使用する方が無難です。
  • メリット
    • とても安い
    • 身近で簡単に手に入る
  • デメリット
    • 消耗しやすい
    • 実印登録に不向き
    • 見た目が悪い


ご紹介したように、文房具屋やスーパーで手に入る印鑑は、 荷物の受け取りの時に使用する、家庭用の認印といった用途として使う分には十分です。

安い値段で簡単に手に入るということもあり、品質は気にしないので、家庭用の認印が欲しいという方にはおすすめの印鑑入手方法です。


印鑑通販サイトで作成

インターネットが普及したことで、ネット上には印鑑の通販サイトも多く存在するようになり、どこからでも手軽に印鑑の作成ができるようになりました。

わざわざ、出かけなくても印鑑を作成できるということから、現在では実印や銀行印を通販サイトで作る方も増えています。


ただ、いくら手軽に印鑑を作成できるからといっても、「オンラインショップで実印や銀行印を作るのは不安」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「ネットショップのはんこは機械彫りでしょ...?実印に使って大丈夫なの??」


ネットでの印鑑作成についてこのようなイメージを持たれている方も多くいらっしゃるかもしれませんが、実はネットの通販サイトでも職人が手作業で一から作ってくれるサイトがほとんど。

街の実店舗と同じように、「完全手彫り印鑑」を取り扱っている店舗もあるほどです。

しかし、毎日のように大量に作成の注文が来るような通販ショップでは、機械彫りで作成しているお店が多いのは事実。

「コピー品が出まわらないの?」と、実印や銀行印にする際に、あなたが不安に思うのも無理はありません。

ただ、この心配を解消すべく多くの通販サイトではしっかりとした作り方で、実印や銀行印を提供しています。


例えば、当サイトが独自にインタビューをした、大手ハンコヤドットコムでは以下のような対策をしています。

ハンコヤドットコム


ハンコヤドットコムさんのコメント

印鑑の印面は一つ一つオリジナルのデザインで作成しています。

社内に多くのデザイナーが在籍しており、各はんこごとに手作業で印面を文字をデザインしています。

このこだわりにより、実際に今まで偽造などによる悪用被害の報告は受けたことがありません。



実印を作る際に登録するのは印鑑の「印影」です。その印影に工夫を凝らしていれば問題はありません。

少し長くなりましたが、通販での印鑑作成の安全性がお分かりいただけたかと思います。

それでは、続いてオンラインショップでの購入のメリット・デメリットについてご紹介していきます。

こちらを知っておくだけで、印鑑を作成する際の費用を節約できる可能性が高まります。


まず、ネット通販サイトで印鑑を作成するメリットについてですが、ひとつは印鑑作成の値段が安いということ。

もちろん認印を購入するなら100円ショップの三文判が圧倒的に安いですが、実印や銀行印用のしっかりとした印鑑を作成するのであれば、安さにおいてネット通販の右にでるものはないでしょう。

安い値段の秘密は、実店舗での購入の部分でも少し触れた、印鑑の作成に関わる流通の中間費用にあります。

ネット通販の場合、実店舗を構える必要がない分、運営費や運送費がかかりません。

また、印材の大量発注により単価が安くなるため、印鑑作成のためのコストをかなり削減することができるのです。


そのような利点があるため、実際に店頭販売の印鑑とネット通販の物を比べてみると、倍以上の差があることもあります。

ネットの通販サイトを使うことで、質の良い印鑑を安い価格で購入できるというのは大きなメリットといえるでしょう。


2つ目のメリットとして、即日発送が挙げられます。

ネットではんこを作成する場合、注文してから届くまでがとにかく速いのがメリットです。即日発送であれば翌日には届きますし、そうでなくても2日以内には届く地域がほとんどです。(地域によるので、事前確認が必要になります。)

忙しくて、実店舗に足を運んでいる時間がない方や、急ぎで印鑑が必要な方にとっては、ネット通販での実印や銀行印の作成はおすすめの方法です。

印鑑通販サイトで即日作成


ネットの通販サイトで印鑑を作成する3つ目のメリットは、品揃えの豊富さ。

通販サイトの場合には、注文に対して工場で大量の在庫を一括管理するので、幅広い印材を用意することができます。定番の黒水牛や象牙を始めとして、チタンや水晶・天然石の印鑑など種類が豊富で多岐にわたります。



素晴らしいメリットが目立つネットでの印鑑購入ですが、もちろんデメリットもあります。

まず、ひとつ目が印鑑の実物を見て選ぶことができないという点。

これは通販サイト全般に言えることがですが、「作成する印鑑を実際に手にとって見ないと購入できない」という方にはおすすめできません。

次に、実印や銀行印について自分で調べなくてはいけないという点。

印鑑作成に関する質問を直接相談できる店頭とは違い、ネット通販を利用する場合には印鑑のことについて自身で調べなくてはなりません。

「印鑑については全くわからない」という方にとっては、いちから調査しなくてはならないというのは、かなり面倒な作業です。

ただ、奥の手として、もしよくわからないということであれば、実際にはんこ屋に聞きにいき、インターネットで安く購入するというのもありです。

そして、細かい要望が伝えにくいというのもデメリットの一つです。

作成する側との意思疎通ができない分、届いた商品が自分のイメージと異なってしまう可能性はどうしても出てきます。

こういった、ミスマッチを防ぐためには、印影プレビューなどのサービスを利用して具体的な仕上がりを把握するようにするといいでしょう。

印影プレビュー
  • メリット
    • 安く実印・銀行印が手に入る
    • 即日発送可能
    • 品数が豊富
  • デメリット
    • 実物が見れない
    • 作り方について相談できない
    • 細かい要望が伝えにくい
以上、通販サイトでの印鑑作成について紹介してきました。

個人的には、「実物を見て選ぶことにとてもこだわりがある」ということでないならば、通販サイトで印鑑を作成することをおすすめします。

質の良いはんこを安く・早く手に入るのでとても便利です。


印鑑作成フリーソフトを使う...

最後に、紹介する印鑑の作り方は、印鑑作成フリーソフトを使った作り方。

そもそも印鑑作成フリーソフトというものを知らない方も多いと思うので軽くご紹介をしていきます。

印鑑作成フリーソフトというのは、パソコンで好きな印影を自由に作れるというアプリケーションソフトです。いくつか種類があり、ネットで無料でダウンロードすることができるので、誰でも簡単に始められます。

使用用途は主に電子印鑑の作成。

インターネットが普及し、会社の業務が電子化される中で、文書のやり取りもデジタルにおこなわれる時代です。紙にプリントせず、データの文書を送ったりする方も多いのではないでしょうか?

その際のサインの方法として、電子印鑑を用いることがあり、それを作る際に印鑑作成のフリーソフトが用いられているのです。

印鑑作成フリーソフト


それでは、このフリーソフトを利用してどうやって実印や銀行印を作るのか?

手順として、まず作りたい印影をフリーソフトを使って自分の好みに作成します。そしてその印影を元に印鑑を...


彫る


え?となった方にもう一度いいますね。


ひたすら...彫る。


そう、最後にご紹介する印鑑の作り方は、印鑑作成フリーソフトを利用して作った印影データを元に、自身で印鑑を彫り上げるというやり方です。


一見するといかにも手間がかかって面倒そうなこちらの方法も、実はちゃんとしたメリットがあります。

自作の手彫り印鑑のメリットは、まず自分の好みの印鑑を自由に作れるという点。

サイズの規定や、名前を彫るという規定を守れば、実印や銀行印としても問題なく登録・使用することができます。印影も完全オリジナルなので、リスクも低く安心です。

また、はんこ屋で購入するよりも、安上がりに作成できるという利点もあります。

もちろん労力はかかりますが、素材や彫刻刀などの値段だけで言えば、安いコストでオリジナルの印鑑を作成することが可能です。


一方、自作で印鑑を作成するデメリットといえば、やはり時間と手間がかかるという点。

図工が得意な人や、手先が器用な人であれば、サクサクと作成できるでしょうが、普通の人なら数時間かかってしまうのが難点です。

  • メリット
    • 完全オリジナルの印鑑が作れる
    • はんこが安く手に入る
  • デメリット
    • 慣れていないと時間と労力をかなり費やす


印鑑の作り方の一つとして、自作の手彫り印鑑について紹介しました。

手間暇がかかりますが、実印・銀行印として登録することができるはんこを作ることも可能ですので、時間に余裕がある方は作ってみてはいかがでしょうか?

自分で印鑑を作成したことがあるなんて、良いネタづくりにもなりますね。


ここまで、印鑑の作成方法について、4つの方法をご紹介してきました。

「でも、いろいろな作成方法があるのはわかったけど、結局どの方法が自分に一番合っているの?」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

最後に、ご紹介した印鑑の作成方法について、あなたにとっておすすめの印鑑の作成方法がどれなのかわかりやすくまとめましたので、ご参考にしてください。

それではおすすめの作り方はどれ?

自分にとっておすすめの印鑑の作成方法を選ぶ時には、作成する印鑑の用途や、自身が何を最も重視するかが重要です。

むしろ、この部分がはっきりしていれば、簡単に自分に合った作成方法を選ぶことができます。

それぞれの作り方が一体どういった方におすすめなのか、最後におさらいしておきましょう。


実物を見て相談しながら印鑑作成

印鑑の知識がないので、実物を見て印鑑のプロに相談しつつ、じっくりと時間をかけて実印や銀行印を作成したい方は、はんこ屋での店頭購入がおすすめ!

じっくり印鑑を作成したい方は、はんこ屋


認印として使える安い印鑑が欲しい

印鑑の品質にはこだわらないので、家庭で使う認印・三文判が欲しいという方は、文房具屋やスーパーで販売されている印鑑の購入がおすすめ!
家庭用認印や三文判を買うならスーパーや100円ショップ


豊富な印材から質の良い印鑑を安く作成したい

幅広い印材のラインナップの中から好みの印鑑を選んで、安く・早く実印を作成したいという方は、ネット通販サイトの利用がおすすめ!
ネット通販サイトで印鑑作成


自分で作ったオリジナルの印鑑が欲しい

なんでも自分でやりたい!世界に一つだけのオリジナル実印を作りたいという方は、印鑑作成フリーソフトを使って印影を作成して、自作手彫りで印鑑を作成するのがおすすめ!
フリーソフトを使った作り方


また、個人的に印鑑を購入する際におすすめなのが、


  1. 印鑑通販サイト
  2. はんこ屋実店舗
  3. 文房具屋かスーパー
  4. 自作手彫り印鑑

です。

やはり安くて品数豊富で、家から注文できるネット通販が一番便利で利用しやすいと感じます。

急ぎの方でも、すぐに印鑑が手に入るので、印鑑作成で迷ったらネットの通販サイトで印鑑を作成することをおすすめします。


「印鑑の通販サイトを選びたいけど、ネットで検索すると通販サイトがたくさん!一体どのサイトで印鑑を作ればいいの?」

ネットでの印鑑作成は手軽で便利とはいえ、通販サイト選びに時間のかかってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、おすすめの印鑑通販サイトをランキング形式でご紹介。こちらを見ていただければ、あなたにピタッリの通販サイトがきっと見つかります。


おすすめ印鑑通販サイトランキング

人気印鑑通販ショップ
ハンコヤドットコム
年間35万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注
人気印鑑素材
チタン
高性能・人気No.1
象牙
王道!印材の王様
黒水牛
定番!お手頃価格

印鑑をお得に購入する


▽▽▽人気通販サイト▽▽▽

印鑑通販サイトランキング

印鑑通販サイトを比較!人気おすすめランキング

印鑑通販サイトの一括検索

印鑑通販サイトの一括横断検索

印鑑作成マニュアル

印鑑のお役立ち情報

実印関連コンテンツ

銀行印関連コンテンツ

認印関連コンテンツ

法人印関連コンテンツ

おすすめの印鑑素材

印鑑通販サイト紹介

人気印鑑通販ショップ

ハンコヤドットコム
年間41万件!出荷実績No.1
はんこプレミアム
激安・印鑑通販ショップ
ハンコマン
17時まで即日出荷受注

印鑑関連ニュース